企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジーガタダイガク エルガタダイガク G型大学・L型大学

「G型大学・L型大学」とは、それぞれグローバル(Global)型、ローカル(Local)型の大学という意味で、2014年10月に開かれた文部科学省有識者会議において、経営共創基盤CEOで経営コンサルタントの冨山和彦氏が提言した新しい大学教育のあり方を示す言葉です。提言では、日本の大学をごく一部のトップ大学・学部に限定したG型と、その他の大多数の大学・学部からなるL型に二分。前者では、グローバルで通用するきわめて高度なプロフェッショナル人材の輩出を、後者では、地域経済の生産性向上に資するスキル保持者の養成を目的とする――としています。日本の大学の大半を実質的に“職業訓練校”として位置付ける内容だけに、提言は賛否両論を呼んでいます。
(2015/4/22掲載)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G型大学・L型大学のケーススタディ

限られたトップ校以外は職業教育訓練校に
地域経済の生産性底上げには実学が不可欠

産業再生機構COOを務めた経験をもち、疲弊した地方経済や中小企業の実態にもくわしい冨山氏が「G型大学・L型大学」構想を提言した背景にあるのは、日本の産業構造の実態と、それに対応しきれていない大学教育に対する厳しい現状認識です。

冨山氏によると、日本経済には、経済特性や産業構造が大きく異なる二つの“世界”=経済圏があるといいます。一つは厳しいグローバル競争を戦う、大企業と製造業が中心の「Gの世界」(グローバル経済圏)。もう一つは地域密着型の域内競争が基本で、中堅・中小企業とサービス産業が中心の「Lの世界」(ローカル経済圏)です。問題は、雇用がGでは長期的に漸減傾向であるのに対し、Lでは増加傾向で労働力不足が深刻化していること。大企業に勤める人の比率は過去20年間減少し、いまや10%台しかありません。圧倒的多数を占める地域密着型の労働者の労働生産性≒賃金を上げて、Lの労働力不足を解消しなければ、日本経済全体の底上げは難しい。そのために、一部のトップ大学・学部以外はL型大学と位置づけ、スキルアップに資する職業訓練的な教育内容に大転換すべきというのが冨山氏の主張です。

具体的なL型大学のカリキュラムとしては、たとえば経済・経営学部では、マイケル・ポーターなどの難しい経済理論ではなく、会計の基礎知識や弥生会計などの会計ソフトの取り扱いを。法学部では、憲法や刑法より道路交通法を学び、大型第二種免許・大型特殊第二種免許の取得を。工学部では、機械工学や流体力学ではなく、トヨタで使われている最新鋭の工作機械の取り扱いを学ぶ、といったことを想定しています。教員も民間企業の実務経験者から選抜して充てるなど、L型では学問より“実践力”を養う教育を実施するのがねらいです。

この「G型大学・L型大学」の構想は、アカデミズム一辺倒で、事実上、偏差値でしか差別化できない日本の大学教育に、“実学”という新しいラインを打ち立てるという主張ですから、当然、アカデミズムの側からは発表以来、激しい反発が寄せられました。曰く「GとLでカリキュラムを分離することは階層の固定化につながる」「実利ばかりが優先されて教養が軽視される」。一方で、産業界を中心に「社会に出て役立つ実学こそが求められている」という肯定意見も少なくありません。冨山氏自身も、提言への批判に対し、「日本の大学教育が、平均的な学歴で社会へ出て行く大多数の人たちにとって何の役にも立たないというのがそもそもの問題。中堅・中小企業で働くことの現実と、大学が教える内容とはまったく合っていない」と反論しています(「週刊東洋経済」1月31日号)。労働人材をめぐる日本人の価値観や企業戦略に今後どのような影響を及ぼすか、G型L型論争の展開から目が離せません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

大学設置基準の改正
「大学設置基準」とは、1956年(昭和31年)に旧文部省が学校教育法に基づいて制定した省令で、大学を設置する上で必要な最低の基準――教育研究上の基本組織や教員の資格、収容定員、卒業の要件などを、全10章にわたって規定しています。文部科学省は2010年にこれを改正。11年度からすべての大学に対し、「...
スーパーグローバル大学
「スーパーグローバル大学」とは、グローバルに活躍できる人材の育成や世界的な研究を推進するために、文部科学省が重点的に財政支援する大学のことです。2014年9月、同省が、国公私立大104校の応募の中から37校を選定しました。スーパーグローバル大学には2種類あり、世界の大学ランキングでトップ100以内を...
2018年問題
「2018年問題」とは、大学入学年齢である18歳の推計人口が2018年頃から減少に転じるため、限られた大学進学希望者をめぐり、各大学間のさらなる競争激化が見込まれる問題のことです。すでに定員割れが全体の半数近くにのぼるなど、現在でも学生集めに苦慮している私立大学の経営悪化が一気に顕在化し、破たんや廃...

関連する記事

グローバル人材育成推進事業 第1回 Go Global Japan Expo
文部科学省とグローバル人材育成推進事業採択42大学は、高校生や大学生、その保護者を主な対象とした、進学・留学・キャリアに関する相談・体験イベント「第1回 Go Global Japan Expo」を2014年12月15日(日)に開催しました。本レポートでは、当...
2013/12/18掲載イベントレポート
社会人教育と転職
「働き方改革」の一つとして、人材が流動化しやすい社会、つまり転職しやすい環境をいかにつくるのかという課題がある。欧米では一般的な「大学などで学び直すことでキャリアアップする」ことに関しては、日本はまだまだ立ち遅れているのが現状だ。人材紹介の現場でも、キャリアチ...
2017/02/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
研修・人材育成とは
人材育成のために、今、企業に求められていることは何か。企業における人材育成の現状について確認し、今後、どのような対策を行っていけばいいのか、進むべき方向性を整理した。
2012/10/12掲載よくわかる講座

関連するQ&A

大学訪問の時期
新卒採用活動での大学訪問に関してですが、妥当な時期はいつ頃なのでしょうか。 当社では実績がなくどの時期に行うべきか悩んでいます。
現役学生の採用
いつもお世話になります。 ご質問です。よろしくお願いします。 当社で営業職を募集し、ご家庭の事情で学費の支払が困難なため、大学を中退し、 働かなければならないという応募者に内定を出しました。 現在退学届けを出しており、手続き上、大学を除籍になるのが2月末日に成るそうです。 大学に籍がある者...
中国国籍の社員
今年の4月に入社した社員ですが、中国国籍の方がおります。 5歳のときに日本に来日して、以降大学まで日本の学校を卒業しています。 この場合、日本で就労することに問題ないとする根拠として何が必要かをご教示お願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 人材開発 ]
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

働くパパママ育休取得応援奨励金 求める人材を確実に採用する視点

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。