企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ボスマネジメント ボスマネジメント

「ボスマネジメント」とは、ボスをマネジメントすること、つまり組織における一般的なマネジメントの概念とは逆に、部下が仕事の目的を達成するために上司を動かす、という考え方を表す言葉です。部下が上司に対し能動的かつ戦略的に働き掛けることで、自らが仕事を進めやすいように上司をうまくコントロールしたり、相手から積極的な支援を引き出したりするためのコミュニケーション手法や環境づくりの技術を指します。ちなみに上司が権力を背景に、非難や叱責、懲罰などの強い外的コントロールによって部下を圧迫し、一方的に従わせようとする管理手法のことも、“ボス的なマネジメント”という意味で「ボスマネジメント」と呼ばれますが、本稿では前述の内容について解説します。
(2014/11/25掲載)
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボスマネジメントのケーススタディ

仕事ができる人は上司の使い方がうまい
受け身ではなく自ら能動的な働きかけを

ビジネスパーソンに仕事上の悩みを聞いた各種調査の結果をみると、ほとんどの調査で1位に挙がるのが「職場の人間関係」です。中でも最も悩ましいのが「上司との関係」。上司が自分の仕事を正当に評価してくれない、傲慢(ごうまん)で自分の意見に耳を貸そうとしない、自分だけ忙しいのにサポートしてくれない――上司と部下の関係性は組織運営の基本ですから、職場で部下がそうしたストレスを抱えていては仕事が回らず、個人の成果も上がるはずがありません。そこで求められるのが、部下の側からすすんで上司に働きかけ、上下関係を戦略的にマネジメントする「ボスマネジメント」の発想です。

リクルートワークス研究所所長の大久保幸夫氏の著書『上司に「仕事させる」技術――そうか!ボスマネジメント!』によると、米国のビジネスパーソンには「上司は“顧客”と思え」という考え方が浸透していて、仕事ができる人ほど上司の“扱い方”や上司との良好な関係づくりがうまい、つまりボスマネジメントのスキルに長けているといいます。米国では、ボスマネジメントがハイパフォーマーに共通のコンピテンシーのひとつと捉えられ、組織行動論を学ぶMBAのカリキュラムにも取り入れられるほど重視されているのです。

上司との関係に問題を抱えている人は、上司を自分の仕事の「邪魔者」「障害」と考えがちですが、自分がいくら有能で熱心でも、企業人である以上、上司抜きでやり遂げられることはそう多くありません。部下の力や立場には自ずと限界があるからです。部下にはできないけれど、上司ならできることが社内外にはたくさんあります。だからこそ、ボスマネジメントが必要なのです。大久保氏は前掲書で、上司には「七つの便利な機能がある」と述べています。それは、(1)キャリア・コーチ――「こうなりたい!」を実現するための相談相手、(2)アセッサー――仕事の成果や部下の能力の評価者、(3)トラブルシューター――トラブルの処理役・謝罪役、(4)スタンパー――GOサインを出してくれる承認者、(5)ハイパー・プロフェッショナル――無料でノウハウを教えてくれる師匠、(6)コ・ワーカー――できない仕事を代わりにやってくれるパートナー、(7)ネットワーカー――仕事上必要な人脈の紹介者、の七つです。

上司との信頼関係を築き、こうした機能をうまく活用できるようにするにはどうすればいいのでしょう。ボスマネジメントで最も大切なことは、受け身ではなく、部下の側から能動的に働き掛けること、そして相手を変えるのではなく、相手のタイプや好みを知り、それに合わせてアプローチを変えていくことだといいます。誰でも、嫌いな上司や苦手な上司は避けたいところですが、部下は上司を選べません。避けてばかりいると、不思議とその感情が相手(上司)にも伝わり、かえって関係をこじらせてしまいます。好き嫌いの個人的な感情は脇に置いて、上司をいかに戦略的に活用するか――個人としても組織としても仕事の成果を最大化する上で、ボスマネジメントの視点は極めて重要な考え方だといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

垂直的評価
「垂直的評価」とは、上司と部下というタテの関係の中で行われる人事評価のことです。定義としては「部下が上司を評価する」意味も含まれますが、一般的には「上司が部下を評価する」ことを指します。多くの企業では、日常的・直接的に部下の指導監督にあたる直属の上司を第一次考課者として、一次考課者の監督者を第二次...
逆パワハラ
一般にパワハラというと、職務上の地位などを背景に上司から部下に対して行われるハラスメント(精神的・身体的苦痛を与えるまたは職場環境を悪化させる行為)を指すのに対し、「逆パワハラ」とは、部下から上司、後輩から先輩、非正社員から正社員など、管理される側から管理する側に対して行われるいじめや嫌がらせ行為...
1on1
「1on1」ミーティングとは、定期的に上司と部下が1対1で話し合うことを言います。米国シリコンバレーでも“1on1 meeting”は文化として根付いており、人材育成の手法として世界的に注目を集めています。その特長は、上司が部下の成長のために時間をつかう、ということ。日本ではヤフーが取り入れたことで...

関連する記事

上司とのいい関係が部下のやる気アップに!
アルバイト・パートの定着率向上に欠かせない「部下と上司の間の信頼関係」。 部下やスタッフのモチベーションを引き出すにはどうしたらいいか、 信頼感とコミュニケーションに関するアンケート結果から考察します。
2019/01/21掲載新卒・パート/アルバイト調査
~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~
近年、企業を取り巻くさまざまな環境変化により、組織内における上司と部下の関係性、何よりもコミュニケーションのあり方が大きく変わってきた。問題は、そのことに対して上司があまり“自覚的”でない点である。その結果、“想定外”のコミュニケーションギャップが発生し、マネ...
2007/08/29掲載注目の記事
齋藤孝さん 部下を育てる言葉、ダメにしてしまう言葉
部下がやる気をなくすのも起こすのも上司の言葉しだい、と言えるかもしれませんが、では、上司は部下をステップアップさせるためにどんな言葉をかけたらいいのか。逆に、上司と部下の人間関係を険悪にしてしまうのは、お互いのどういう言葉なのでしょうか? 近著『嫌われる言葉―...
2004/12/13掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

人事考課について
当社は現在人事考課を行っておりますが、今現在使用しているものが古く、新しく作り変えようと考えております。今は、上司が部下を評価するだけではなく、部下が上司を評価する考課システムもあるようですが、どういったものがあるのか教えていただければ幸いです。また、このような考課制度を実施するにあたってなにか注意...
パワーハラスメント
いつもお世話になります。 パワーハラスメントは、「職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に」「業務の適正な範囲を超えて」「精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」であると認識しております。 たとえば、以下の項目が該当するような場合にパワハラと認められるのか、ご意見をいた...
上司の発言について
社内のセクハラホットラインに以下の電話がありました。 残業の多い部署で働いているのですが、たまに早く帰ると、翌朝上司が「昨日は○○部長と一緒だった?」と聞いてきたり、その上司と同格もしくは上司より上の人間と話していると「何を話していたのか教えて」と言ってくる。 時には早く帰った後個人で所有している電...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

研修費ゼロの人材育成

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。



次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が<br />
真のグローバル人材を生み出す

異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が
真のグローバル人材を生み出す

多くの日本企業がビジネスをグローバルに展開していますが、海外での日本企...