企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ニセンニジュウネンモンダイ 2020年問題

企業における「2020年問題」とは、バブル期に大量採用したバブル世代社員や人口が相対的に多い団塊ジュニア世代社員の高齢化にともなうポスト不足、人件費負担増などの諸問題を指す言葉です。現在、多くの日本企業で人員構成上のボリュームゾーンを占めるのがバブル・団塊ジュニア世代。2020年代には40歳代後半~50歳代前半に達し、賃金水準のピークと同時に管理職への昇進年齢にもさしかかることから、業種を問わず、当該世代の社員をどう処遇するかが大きな経営課題として浮上してきました。
(2014/4/14掲載)

2020年問題のケーススタディ

人件費増大、意欲低下に介護の負担まで
迫るバブル・団塊ジュニア世代の高齢化

ここ十年の間に、団塊世代が賃金水準のピークを超え、労働市場から退出し始めたことにより、日本企業の人件費圧縮が進んだといわれます。しかしほっとする間もなく、次の課題がすぐ迫っています。それが、いわゆる“バブル大量入社組”や団塊世代の子どもにあたる団塊ジュニア世代社員の高齢化に伴う「2020年問題」です。

バブル・団塊ジュニア世代は、2014年現在で40~49歳の年齢層にあたります。総務省「就業構造基本調査」によると、この世代の中心層が大企業の雇用者全体に占めるウエイトは、すでに2012年時点で各年齢層のうち最も高くなっており、その数は1992 年時点の団塊世代よりも多くなっていました。程度の差こそあれ、一定規模以上の企業ならどこでも、バブル・団塊ジュニア世代が大きな“コブ”となって、組織の適正な年齢構成を歪めていることは否めないでしょう。あと数年後には、これだけのボリュームゾーンがそのままシニア層となって膨れ上がるわけですから、処遇を誤れば、組織全体のパフォーマンスにも深刻なダメージを与えかねません。

2020年になると、働く人のうち四人に一人が45~54歳になるとの予測もあり、企業ではバブル・団塊ジュニア世代社員が賃金カーブのピークといわれる50歳代前半にさしかかります。さらにこうした人件費の負担増大に追い打ちをかけるのは、数年後にこの世代が、賃金水準のより高い管理職ポストへの“昇進適齢期”にもあたるという問題でしょう。バブル崩壊以降、多くの企業では組織のフラット化やダウンサイジングが進み、管理職などの主要ポストも相当絞り込まれてきました。バブル・団塊ジュニア世代社員の人口に比べると圧倒的にポストが不足していますから、シニア層になった彼らをそのまま昇進させるようなことは、人件費抑制の観点からはもちろんですが、そもそも物理的にも不可能だと言わざるを得ません。しかしその時に、どうやって彼らのモチベーションやモラールを維持していくのかという深刻な問題が生じます。

また2020年代には団塊世代、すなわち彼らの親世代が後期高齢者に突入するため、親の介護という新たな難題を抱えたバブル・団塊ジュニア世代社員が急激に増える事態も予測されています。ポストに就けず、所得環境が厳しくなった人には、介護の負担がなおさら重くのしかかるでしょう。

少子高齢化とそれにともなう雇用延長という流れの中で、退職するまでいきいきと働き続けるためのしくみと、中・長期的な視点に立った雇用・賃金体系をどう構築するか――いずれにせよ、多くの日本企業にとって、バブル・団塊ジュニア世代に対する人材マネジメントが喫緊の課題であることは間違いありません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ミレニアル世代
「ミレニアル世代」とは、2000年以降に成人、あるいは社会人になる世代を指す言葉です。ミレニアル(Millennial)は、英語で「千年紀の」という意味。おもに米国で1980~2000年頃に生まれた若者を「ミレニアル世代」「新千年紀世代」と呼び、それ以前の世代とは異なる特性を持つと注目されています。...
人生再設計第一世代
「人生再設計第一世代」とは就職氷河期世代を言い換えたもので、集中的に支援していくべきとされる世代のことをいいます。就職氷河期世代とは、1990年代半ばから2000年代半ばにかけて社会に出た人たち約1700万人のこと。高等教育機関の卒業時期に、ちょうどバブル崩壊が起きた世代です。当時は景況感の影響で就...
デジタルネイティブ
デジタルネイティブ(digital native)とは、生まれたときからインターネットが空気や水のように、あたりまえの環境として存在していた世代をいいます。世界初の商用インターネットがスタートしたのが1987年、日本では92年で、これ以降に生まれた若年層が該当します。幼い頃からITに慣れ親しんでい...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
管理職が置かれた「現状」
経営課題を現場レベルで状況判断し、対応できる管理職が求められている。しかし、実際の管理職の現状はどうだろうか。アンケートをもとに考察し、管理職・マネージャのおかれている課題を整理する。
2016/06/10掲載よくわかる講座
役職別昇進年齢の実態と昇進スピード変化の動向
成果向上や能力発揮を促す処遇体系の導入に向け、これまでに多くの企業が資格・等級制度の見直しに取り組んでいます。これらとともに、育成・活用をねらった優秀者の選抜・早期登用の動きも広がりをみせ、年功処遇が中心となっていた時代に比べて、昇進・昇格のスピードは大きく変...
2010/06/14掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

再雇用後の退職金水準について
統計データがあるかどうか分かりませんが、再雇用後の退職金水準をどの程度にすべきか知りたいと考えています。一旦、退職金は、一旦再雇用時に支給するとして、55歳~64歳迄再雇用の場合、60歳~65歳迄再雇用の場合の2パターンが分かりますと幸いです。
昇給のピーク年齢とは
昇給のピーク年齢とは、以下のどの年齢になるかを ご教示お願い致します。 ①賃金の一番高い年齢 ②昇給額が一番高い年齢
退職届について
いつも参考にさせていただいております。 弊社では、定年退職し、再雇用される場合でも、「退職届」を提出させており、再雇用期間満了時にも「退職届」を提出させております。 再雇用は一旦退職した者を再度雇用するということであると解釈しているためこのように同一社員に2度退職届を提出してもらっていますが、再雇用...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

メンタル対応可能な産業医を紹介します POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバルビジネスの“インフラ”を守る!<br />
 米国ビザ取得をアウトソーシングするメリットとは?

グローバルビジネスの“インフラ”を守る!
米国ビザ取得をアウトソーシングするメリットとは?

取得に多大な労力を要すると言われる米国ビザ。
なぜ取得が難しいのでしょ...