無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ガクシュウセイムリョクカン 学習性無力感

「学習性無力感」とは、米国の心理学者マーティン・セリグマンが1967年に発表した概念で、抵抗することも回避することも困難なストレスに長期間さらされ続けると、そうした不快な状況下から逃れようとする自発的な行動すら起こらなくなる現象をいいます。セリグマンたちは犬を用いた実験によって、「自分が何をしても状況は変わらない」という思い=無力感が体験から学習されるものであることを発見しました。「学習性絶望感」や「学習性無気力」とも呼ばれ、一種の抑うつ状態や学業不振にいたるメカニズムの一つとしても注目されています。
(2014/3/17掲載)

学習性無力感のケーススタディ

経験から学習する「努力してもムダ」
職場に無力感をまん延させるのは誰か

長期間にわたって、強制的あるいは不可避的なストレスと抑圧の下に置かれると、その状況から「何をしてもムダだ」という無力感を学習し、認知するため、抵抗しよう、回避しようと努力する意欲さえ失って、あきらめに支配されてしまう――「学習性無力感」の理論を実証したセリグマンたちの実験とは次のようなものでした。

不快な電気ショックの流れる部屋に犬を入れ、一方の犬はパネル状のスイッチを押すと電気ショックを止められる環境に、もう一方の犬は何をやっても電気ショックを止められない環境に置いて、行動を観察しました。すると、前者の犬はスイッチを押せば電気ショックを回避できることを学習し、すすんでスイッチを押すようになりましたが、後者はどうやっても逃れられないため、ついには行動を止め、甘んじてショックに耐えるだけになってしまったのです。続いて両者を、仕切りの壁を飛び越えるだけでショックを回避できる部屋へ移して観察を続けたところ、前者の犬は自発的に回避行動をとりましたが、後者の犬は何も行動を起こそうとしなかったといいます。

後者の犬は、最初の実験において、電気ショックから逃れようとしてもかなわなかった経験から、電気ショックと自分の行動は無関係である、すなわち何をしても状況は変わらないと学習し、それを認知した。そのため、行動を起こせばストレスを回避できる状況になっても何もしなくなってしまったのだ、とセリグマンは理解し、これら一連の実験結果から無気力状態が学習の成果として現れることを発見したのです。

抑うつとの関連が述べられているように、学習性無力感のメカニズムは人間の行動にもあてはまると考えられています。例えば企業のマネジャー層からよく、「最近の若手は無気力だ」「壁を突破する覇気がない」といった不満が挙がりますが、その若手の無気力状態がもし“学習されたもの”だとしたら、どうでしょうか。「どうせ自分が何をしても報われない、現状は変わらない」というあきらめの心理が、学習の成果として現れたものなら、問題の本質は人にそれを学習させ、認知させた環境――セリグマンたちの実験で犬がどうやっても電気ショックから逃れられなかった状況にこそあるといえるでしょう。

マネジャーは部下やメンバーの無気力を嘆く前に、自らがマネジメントする職場がそうした環境になっていないか、そして誰よりも自分自身が、部下の新しい提案・提言に文句ばかりつけ、いい部分より悪い部分をあげつらうことでやる気のある若手に「努力してもムダ」と学習させている張本人ではないか、内省してみる必要があります。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード