企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジョブコーチ ジョブコーチ

「ジョブコーチ」とは、「職場適応援助者」の別称で、障がい者が一般の職場で就労するにあたり、障がい者・事業主および当該障がい者の家族に対して障がい者の職場適応に向けたきめ細かな人的支援を提供する専門職を指します。2002年(平成14年)に厚生労働省が創設した「ジョブコーチ支援制度」によって導入されました。障がい者が円滑に就労できるように職場内外の支援環境を整え、障がい者の雇用の促進および職業の安定に資することがジョブコーチ支援の一番の大きな目的です。
(2013/4/15掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョブコーチのケーススタディ

障がい者就労へ本人・職場・家族を支援
法定雇用率引上げが企業の活用動機に

障がい者が一般の職場で働けるように障がい者と企業の双方を支援する「ジョブコーチ」の概念と方法論は、1986年にアメリカで”Supported Employment”(援助付き雇用)として初めて制度化され、日本には80年代末に伝わりました。日本では当初、雇用前の職場実習において生活支援パートナーが援助する形で、障がい者雇用に一定の成果を上げていましたが、雇用後に不適応を起こし離職してしまうケースも少なくありませんでした。

そこで厚生労働省は、ジョブコーチによる雇用後の支援を試験的に実施。その有効性を確認した上で、2002年5月から知的障がい者や精神障がい者の雇用支援事業としてジョブコーチ支援制度をスタートさせました。これは障がい者が職場に適応できるように、ジョブコーチが職場に直接出向いて本人を支援するとともに、雇用主や職場の上司・同僚・部下、さらには障がい者の家族にも本人の職場適応のために必要な助言を与えるしくみです。

ジョブコーチによる支援は具体的な目標と支援計画に基づいて実施されるもので、その内容は支援対象によってそれぞれ次のように分かれます。

【障がい者本人に対する支援内容】
・作業遂行能力の向上支援、職場内コミュニケーション能力の向上支援、健康管理および生活リズムの構築支援

【雇用主に対する支援内容】
・障がい特性に配慮した雇用管理に関する助言、配置や職務内容の設定に関する助言

【職場の従業員に対する支援内容】
・障がいの理解に係る社内啓発、障がい者との関わり方に関する助言、指導方法に関する助言

【障がい者の家族に対する支援内容】
・安定した所業生活を送るための家族の関わり方に関する助言

本制度の下で稼働するジョブコーチは、(1)障害者職業センターに所属するジョブコーチ(2)民間社会福祉法人などに所属するジョブコーチ(第1号職場適応援助者)(3)障がい者を雇用する企業に所属するジョブコーチ(第2号職場適応援助者)の3種類に分かれます。05年には「ジョブコーチ助成金制度」が新設され、(2)および(3)にかかる費用が助成金の対象になったことにより、障がい者をよく知る身近な地域の社会福祉法人などが生活支援とあわせてジョブコーチ支援を担うとともに、障がい者を雇用する企業自らもジョブコーチを配置し、自社内で必要な援助を行うことが期待されています。なお、ジョブコーチは資格ではありませんが、上述の第1号、第2号職場適応援助者とも一定の研修を受講修了することが必須の要件となります。

13年4月1日からは、障がい者の法定雇用率が従来の1.8%から2.0%に引き上げられました。身体障がい者と知的障がい者に加え、新しく精神障がい者を雇用義務対象に含める法改正も議論されています。障がい者と企業現場を結ぶジョブコーチの役割が今後、さらに重要性を増していくことは間違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

特例子会社
特例子会社とは、企業が障がい者の雇用を促進する目的でつくる子会社のこと。障がい者雇用促進法は従業員56名以上の民間企業に対して、全従業員の1.8%以上は障がい者を雇うよう義務づけていますが、特例として、事業者が障がい者のために特別に配慮した子会社を設立し、一定の要件を満たした上で厚生労働大臣の認可...
障がい者雇用
障がい者雇用は、「障害者雇用促進法(障害者の雇用の促進等に関する法律)」で定められた義務です。民間企業の場合、常用労働者の2.2%以上(2018年4月1日時点)の障がい者を雇用しなくてはなりません。障がい者も、さまざまな能力・スキルを持っています。人材不足の中、適切にサポートすることによって、貴重な...
障害者雇用促進法
「障害者雇用促進法」とは、正式名称を「障害者の雇用の促進等に関する法律」と言い、障がい者の雇用義務に基づく雇用の促進などのための措置、職業リハビリテーションの措置などを通じて、障がい者の職業の安定を図ることを目的とする法律です。同法では、一定規模以上の企業に対し、法定雇用率とよばれる一定比率以上の割...

関連する記事

経営者・人事の視点で取材! 障がい者雇用の現状と対策
法の定めにより、企業は全従業員数の2.2%以上(平成30年4月1日)の障がい者を雇用する義務があり、未達成の場合には納付金の徴収という罰則もある。最近では雇用率が未達成の企業に対する指導が強化され、社名の公表措置が取られるケースも…。今、CSR(企業の社会的責...
2006/04/17掲載人事支援サービスの傾向と選び方
豊富な事例とノウハウによって 障がい者雇用の成功を総合的かつ本質的にサポート
障がい者雇用は、労働政策によって唯一義務化された領域で、長らく「法定雇用率さえ守っていればよい」という考え方が一般的でした。その結果、障がい者定着率は一般雇用者と比べて低く、事業に貢献する戦力として活用するという発想はなかなか広まりませんでした。こうした障がい...
2019/06/19掲載注目のHRソリューション
大前提はノーマライゼーション 障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む
2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の算出対象に新たに精神障がい者が加わり、民間企業の法定雇用率が2.2%に上がりました。企業の多くは、精神障がい者の雇用経験が乏しいこともあり、対応に苦慮しています。こうしたなか、NTTコミュニ...
2019/04/17掲載注目の記事

関連するQ&A

障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
社員の海外留学支援
現在、当社では社員の能力開発のために海外留学支援を考えています。しかし、前例がないため、どこまで支援したら良いかわかりません。 (学費、生活費など)。世間一般ではどの程度の支援をしているのか、また、税務や社会保険などで注意すべき点はあるのか、ご教示ください。宜しくお願いします。
独立開業支援
独立開業支援の制度を作りたいと考えておりますが、お薦めのセミナー等はありませんでしょうか。社内規程づくり、運営管理等を学ぶことができれば幸いです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...


「日本一いい会社」を目指すために<br />
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

「日本一いい会社」を目指すために
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

健全な職場環境づくりのプロフェッショナルとして、あるいは社内外の信頼関...