無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】タノウコウ 多能工

生産・施工の現場において、1人が一つの職務だけを受け持つ単能工に対し、1人で複数の異なる作業や工程を遂行する技能を身につけた作業者のことを「多能工」と呼びます。多品種少量生産や品種・数量の変動に対応しうる柔軟な生産体制を維持し、生産性の向上を実現するためには多能工の確保が欠かせません。組織の人材を多能工として教育・訓練するしくみを「多能工化」といいます。
(2011/10/24掲載)

多能工のケーススタディ

人員配置は「整数」より「小数」で
マルチスキル人材の育成が強い組織をつくる

多能工」のしくみを考案したのは、トヨタ生産システムを体系化したトヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)の大野耐一元副社長だといわれています。豊田紡織(現トヨタ紡織)出身の大野氏は、紡織工場では女子工員が1人で数十台の織機を操作していたのに、当時の自動車生産の現場では工員1人が1台の工作機械しか扱っていないことを課題と考え、工作機械の“多台持ち”を発案、さらに1人が複数の異なる工程を受け持つ“多工持ち”化を進め、ここから多能工の概念が生まれました。

「単能工」を前提とした職場であれば、XさんはAの業務、YさんはBの業務という風に、1人が一つの仕事を専門に担うのが普通です。つまり人員配置を1対1の“整数”で割り当てる、単純な分業制にならざるを得ません。この場合、XさんもYさんも担当の仕事しかできないので、それぞれの繁閑に応じてサポートしあうこともできず、作業負担にムリやムダが生じてしまいます。しかし効率のいい組織や生産性の高い現場では、それぞれの仕事と人手の関係を、Aの業務なら0.5人分、Bは0.7人分、Cは0.8人分などと“小数”で細かく考え、A、B、C三つの仕事をX、Yさん2人で賄うといった、柔軟な人員配置を行います。前者の“整数”の組織なら3人費やすところを、“小数”の組織は2人でこなすわけですから、効率が良く、一人ひとりの仕事量の変動にも対応しやすくなります。作業負担が平準化され、労働時間の短縮にもつながるでしょう。こうした体制を実現するために、X、Yさんには、AもBもCもこなせるマルチスキルの持ち主=多能工であることが求められるのです。

ものづくりにとどまらず、いまやサービス業の現場でも“多能工的人材”が戦力として高く評価されるようになってきました。たとえばスーパーマーケットは、時間帯によって各職場の繁閑が大きく異なる業態ですが、埼玉県を地盤とする食品スーパー「ヤオコー」では、戦力の8割を占めるパート従業員が自主的に忙しい職場へ移っていくことで、人員配置の最適化を実現しています。その前提として彼らを売場やレジだけでなく、総菜の調理、仕込みまでいろいろな仕事をこなせる多能工として教育しているのです。

また老舗旅館やホテルの再生事業を手がける「星野リゾート」でも、従業員の多能工化をプロジェクトの支柱に据えています。というのも従来、日本の旅館やホテルの現場では、たとえば布団を上げ下げするだけの係や、宴会でお酒をお燗するだけの係など、仕事が極端に細分化されていました。単能工による硬直した分業体制が業界の常識だったのです。同社では、従業員の間にあった仕事の境界線をなくし、フロントや清掃、食事処のサービス、調理といった各業務を全員がローテーションで体験。一人ひとりが複数のスキルを覚えて互いにカバーしあうことで、人員を約半分にしても全体としてのサービスの質が高まり、経営難に陥った旅館・ホテルの生産性向上に成功しています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「多能工」に関する記事

「多能工」に関する人事のQ&A

子会社からの転籍者の人選について

いつも相談させて頂き、ありがとうございます。

さて、この度グループ子会社の業務の一部を親会社へ移管することとなり、移管対象部署で勤務する子会社従業員も同時に親会社へ転籍(新たに採用)することを検討し...

k-12jinjiさん
石川県/ 機械(従業員数 501~1000人)
2021/06/11 09:15 ID:QA-0104451 労務・法務・安全衛生 回答終了回答数 4 件

「多能工」に関する書式・テンプレート

CDPによる人材育成プログラムの基本体系

CDP(キャリアデベロップメントプログラム)は従業員のキャリアに対する中長期的なプログラム。従業員エンゲージメントを高めるメリットもあります。
ここではCDPによる人材育成プログラムの基本体系を図表にしました。

ダウンロード