企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シーディーピー キャリアディベロップメントプログラム CDP(キャリア・ディベロップメント・プログラム)

CDP(Career Development Program)とは、個々の社員のキャリア形成を、中長期的な視点で支援していくためのしくみです。数年先から10数年先のキャリア目標を定め、達成するために必要な能力や経験を計画的に積み重ねていきます。必ずしも教育研修に限られるものではなく、個人の希望や適性を考慮しながら、育成的な人事異動やOJT、社外での自己啓発も含めた多様な実践と組み合わせて、総合的に能力・職務開発を進めることが必要です。
(2010/7/5掲載)

CDP(キャリア・ディベロップメント・プログラム)のケーススタディ

「自分のキャリアは自分でつくるもの」
――制度活用のカギは社員の自発性

上記の定義をさらに具体化すると、CDPとは、社員が個別に(1)自分の職業について考える機会をもち、(2)長期的にどのような仕事につきたいかの目標を定め、(3)そのために必要な能力や経験を明らかにした上で、(4)それらを身につけるための教育や配属を計画するプログラムです。CDPはそれだけで独立して機能する制度ではありません。評価、異動、研修、情報管理など複数の制度を、育成を軸に連携させて運用するプログラムです。CDPを導入し、有効に活用するためには、以下のようなプロセスが求められます。

I: 準備段階
CDPの意義を各社員に説明した上で、上司との面接で本人の希望を聞き、評価結果や適性テスト、周囲のインタビューによって本人の適性も把握します。

II: ニーズの照合
経営戦略に基づく人材イメージや要員計画などから企業のニーズを明確化し、本人のニーズと照らし合わせて、目指すキャリアや必要な職務経験、教育内容を明らかにします。

III: 組織・制度対応
組織内のキャリア選択肢を広げ、柔軟な異動を可能にするしくみを整えます。教育研修制度や個別の人事データを蓄積するシステムも整備します。

IV: 配属・教育
IIのニーズを実現するためにIIIを活用して、具体的に必要な職務経験や教育を提供します。

V : 軌道修正
配属先での勤務状況や研修の実施状況、本人の希望や企業ニーズの変化などを定期的にチェックして、CDPの軌道修正を図ります。

従来のキャリア開発の運用はともすると企業ニーズに偏りがちでしたが、近年はCDPの考え方に基づいてこれを見直し、社員にキャリアを自分で考えさせて選ばせる自己申告制度や社内公募制度、個別研修制度などを導入、社内外に多様なキャリアパスを用意する企業が増えています。「自分で自分のキャリアを考えさせて選ばせる」「各自の適性や希望に沿って登用する」「自発性を尊重する」ことが社員の意欲を促し、効果的・効率的な人材育成に資するとの認識が広がっているからです。

キッコーマン株式会社では“プロ人材”の育成を目的に、10年以上前から、ジョブローテーション、教育・研修、面接を三本柱とするCDP制度を導入しています。同社人事部の松崎毅部長によると、こうした取り組みにはいまだ賛否両論があり、会社が社員の将来設計にそこまで世話を焼く必要はない、という声も根強いといいます。しかし松崎部長は「会社としても、社員にプロ人材への成長を促すなら、やはり本人の適性に沿った方向で異動先を決めたり、能力開発を進めたりすることが望ましい。それが、ひいては企業体質の強化につながっていくのだから。(中略)大切なのは『自分のキャリアは自分でつくるもの』という社員の意識だ」と指摘します。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

キャリアデザイン
「キャリアデザイン」とは、自分の職業人生を自らの手で主体的に構想・設計=デザインすることです。自分の経験やスキル、性格、ライフスタイルなどを考慮した上で、実際の労働市場の状況なども勘案しながら、仕事を通じて実現したい将来像やそれに近づくプロセスを明確にすることが、キャリアデザインの要諦です。
研修内製化
研修内製化とは、社内の人間を講師にして外注していた研修を、社内で完結されるかたちに変えることをいいます。研修内製化には、研修コストを削減できること以外にも、企業独自の研修を実現できることや、ノウハウを蓄積して社内で引き継いでいけることなど、複数のメリットがあります。近年では研修を外部に委託せず、自社...
セルフ・キャリアドック
「セルフ・キャリアドック」とは、従業員のキャリア形成における“気づき”を支援するために、年齢、就業年数、役職などの節目において、従業員が定期的にキャリアコンサルティングを受ける機会を、企業が設定するしくみのことです。企業の人材育成ビジョンに基づき、入社時や役職登用時、育児休業からの復職時といった効果...

関連する記事

5. マネジメント研修・管理職研修の形式
管理職研修を行う場合、社内・社外、階層別、テーマ・目的別、eラーニング、通信教育といった、研修の形式を整理し、それぞれの特徴について触れる。
2012/10/24掲載よくわかる講座
人事制度とは -意義・基本-
経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させ...
2013/04/26掲載よくわかる講座
今日的な社員研修・人材育成の考え方
企業の成長戦略に欠かせない人事育成のポイントとは?
2017/02/28掲載よくわかる講座

関連するQ&A

教育研修費の健全な割合について
当社は、まだ十分な教育研修制度が整っていない中小企業です。今後は、外部のビジネスセミナーなどに参加してもらうことを考えていますが、通常、教育研修費というのは経常利益の何%程度に抑えるべきなのでしょうか?ご教示くださいますようお願いいたします。
新人教育担当者(OJT)の教育
はじめまして。 4月からの新人教育担当者の教育についてお聞きしたいと思います。 弊社は、ようやく社内教育を始めた小さな会社です。 まだ、定期的には多少の新人研修しか行えていません。 3年目ですが、新人だけを教育しても現場に行くと挨拶などもなくなってしまいます。 新人教育担当者への教育について何か...
教育研修会社について
当社で若手社員を対象に研修を実施しようと考えております。 チームワークを強化する為の研修を考えておりますが、教育研修に強い会社をご存知の方がいればご紹介下さい。 又導入した事のある担当者の方がいらっしゃれば導入経緯や結果等教えて頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ キャリア開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。