企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シャナイツウカ 社内通貨

「社内通貨」とは、企業が自社の従業員向けに社内限定の通貨を発行する制度のことです。正規の給与とは別に、従業員のモチベーションを高めるインセンティブとして導入されるのが一般的で、社内通貨を付与された従業員は企業が用意した商品や社内サービスなどの購入に利用することができます。
(2010/10/4掲載)

社内通貨のケーススタディ

運用支援サービスの登場で導入に弾み
コスト削減や社内コミュニケーションに応用も

社内通貨制度は、2005年頃から先進企業によって導入が始まりました。当初は専用システムの開発・運用などの負担が大きく、利用は限定的でしたが、ここ1、2年で、制度運用のしくみを提供する支援ビジネスが登場するなど、企業にとって利用しやすい環境が整ってきたため、導入に弾みがついています。

株式会社ダブルアップ(東京・新宿)は、そうしたビジネスを展開する企業の草分けで、社内通貨制の運用を支援するASPサービス「Shaica」(シャイカ)を提供しています。これは、社内で企画されたコンテストやイベントごとに、成績優秀な社員・スタッフに対して、個人単位、グループ単位、あるいは各営業所単位で社内通貨を付与することができるサービス。社員は社内通貨が溜まったら、各自のPCや携帯端末からアクセスできるマイページ上で、会社が決めた商品、たとえば「図書券」や「資格取得費用補助」などと交換できます。導入企業では従業員のモチベーションアップを図るため、さまざまな形で応用しています。たとえば、

獲得した社内通貨を社員同士でもやりとりできるシステムを整えることで、社内コミュニケーションの活性化に役立てている。

毎月の残業時間を比較して、前月より減っていれば減った時間に応じて一定の社内通貨を付与。残業経費削減を促進している。

スタッフ募集の際、社員に知人などを紹介してもらい、紹介・面接・試験で各1万円分、正式採用されたら10万円分の社内通貨を進呈。この制度実施によって求人コストの大幅削減に成功した。

また福利厚生アウトソーシング事業を手がける株式会社ベネフィット・ワン(東京・渋谷)は、06年から自前の社内通貨「BIPo」(Benefit-One Incentive Point)」を運用しています。会社が定めた資格(社内保険労務士、衛生管理士など)を取得した場合や、会社への貢献度の高さに応じて支払われ、社員だけではなく、アルバイトにも付与されるのが特徴。BIPoで交換できる商品やサービスの対象は年々増え、現在は家電や旅行パックなど2,000種類にものぼります。従業員同士が感謝の気持ちを伝えるためにBIPoを贈り合うといった使い方も定着し、社内のコミュニケーションツールとしても効果を発揮しています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍をき...
EVP
EVPとは、Employee Value Propositionの頭文字をとった略語で、直訳すると「従業員価値提案」。つまり、企業が従業員に提供できる価値のことを指します。従来の「従業員は会社にどのような利益をもたらすか」という視点ではなく、「企業は従業員に何を提供できるか」という視点に立つのが、E...
転進支援制度
従業員の多様なライフプランに対応して、その転職や独立を支援する制度のことです。65歳までの雇用を継続できない企業が、従業員のセカンドキャリアを支援するために設けているケースも少なくないようです。

関連する記事

テレワーク導入率は44.8%。ワーケーションなど多様化の兆しはこれから
『日本の人事部 人事白書2020』から、テレワークの導入・活用状況の調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
福利厚生アウトソーシングサービスを徹底解説!おすすめサービスもご紹介
『日本の人事部』編集部が福利厚生アウトソーシングサービスを経営者・人事の視点で取材!サービスの選び方から、導入時の注意、活用の仕方までご紹介する。
2006/11/27掲載人事支援サービスの傾向と選び方
西久保浩二さん 企業は「福利厚生」から撤退してはいけない
日本の企業福祉研究の第一人者、西久保浩二さんが「企業の人材を活性化させるためにも、福利厚生を有効な投資と見なして戦略的な対応を行うことが大事だ」と提言します。
2005/08/08掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

すでに退職した者へ、社内通貨の換金をすべきかどうか
すでに退職した者へ、社内通貨の換金をすべきかどうか、でご意見をお伺いしたいです。 ■状況 ・数年前から社内通貨制度を開始。 ・制度説明時に、換金できる旨を伝えている。その他の還元方法はない。 ・給与扱いとも福利厚生扱いとも、明言していない。 ・規定への記載はなし。 ・立上げ時、入社時に1,000円...
社内貸付金制度について
社内貸付金を行う際に、貸付利息というのは どのくらいに設定するのがいいのでしょうか?
社内行事(社内コミュニケーション活性化) 
社内行事についてご質問します 社内でモラールサーベイを実施しました その結果、社内のコミュニケーションが薄く社内行事が不足との結果になりました 指摘のように、訓示会、方針発表会、忘年会は実施していますが、その他の行事は実施していません コミュニケーションを活性化するための社内行事にはどのような...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

企業が展開するさまざまな人事施策の中で、最近は「福利厚生」が大きな位置...