企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ニート ニート

英語のNEET(=Not in Education, Employment, or Training)の頭文字をとった造語。学校に通っておらず、働こうともせず、職業訓練も受けていない無業者のこと。1999年にイギリスの内閣府が作成した報告書によって知られるようになり、日本でも今、若い世代を中心に急増していると言われます。
(2004/10/15掲載)

ニートのケーススタディ

働く意欲が低下しているのではなく
働くために動き出すことができない

若者の就職問題といえば、フリーターや失業者の増加に注目が集まります。しかし、今それ以上に深刻化しているのが「ニート」の問題かもしれません。フリーターはアルバイトであれ何であれ働いていますし、失業者は仕事に就こうと具体的な行動をしています。ところがニートは、フリーターのように働いているわけでもなく、失業者のように職探しすらしていません。

景気にも雇用環境にも明るい兆しが見えてきたと伝えられますが、その陰で働くことも学ぶことも放棄したニートが急増しています。今年7月にルポライター・曲沼美恵さんとの共著『ニート――フリーターでもなく失業者でもなく』(幻冬舎)を上梓した東京大学社会科学研究所助教授の玄田有史さんは同書の中で「ニートは25歳未満に限ってみても、40万人は、いる」と指摘します。しかも、「1997年時点で、8万人程度にすぎなかった。それが2000年には17万人、2003年には40万人と、それぞれ倍増している。たった六年で五倍だ」というのです。

ニートが急増したのは、なぜか? 背景には、90年代後半から厳しくなった若者の就職環境や個性・自己実現の重視を進めてきた教育改革の弊害、家庭環境の変化などがあるだろうと玄田さんは見ていますが、根本的な原因はわからない、としています。

ただ、ニートは働く意欲が低下しているかといえば決してそうではなく、「人付き合いなど会社生活をうまくやっていける自信がないから」という理由が多いそうです。仕事をつうじて他者と出会ったり、つながったりした経験がなく、それがために「働こう」と動き出すことができない。「働かない」というよりも「働けない」若者――それがニートの実像に近いでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

SNEP
「SNEP」(スネップ)とは、Solitary Non-Employed Personsの頭文字を取った造語で、NEET(ニート)研究の第一人者である東京大学社会科学研究所の玄田有史教授が2012年に発表した新概念を表す言葉です。20歳以上59歳以下の在学中を除く未婚無業者のうち、普段ずっと独りで...
デュアル・システム
35歳未満の若年者を一人前の職業人に育てる人材育成プログラムのことです。もともとドイツで始まった「働きながら学ぶ」職業訓練制度ですが、日本でも厚生労働省と文部科学省が今年度から「日本版デュアル・システム」をスタートさせました。
グリーン雇用
企業が、環境・エネルギー問題への取り組みによって新たな職種や雇用を創出するとともに、環境に関する高い意識や専門技術を有する人材を積極的に活用することを「グリーン雇用」といいます。

関連する記事

《論談時評》第1回 増えてる? 増えてない? 「ニート」を読み解く
《論談時評》第1回 増えてる? 増えてない? 「ニート」を読み解く
2006/04/10掲載編集部注目レポート
本田由紀さん 働く意欲のない「ニート」は10年前から増えていない
職探しも通学・職業訓練もしない若年無業者――「ニート」は今年の流行語大賞に選ばれてもおかしくないでしょう。でも、実際に「ニート」とはどんな若者なのか判然としない、とか、いろいろなデータを見せられても「ニート」像が結べないという声も少なくありません。今も、本当に...
2005/07/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
外国人労働者の雇用について
外国人の方を雇い入れる際の注意事項を教えてください。 また、正社員雇用に限らずアルバイトの雇用の際も同様となるのでしょうか?
再雇用後の退職金水準について
統計データがあるかどうか分かりませんが、再雇用後の退職金水準をどの程度にすべきか知りたいと考えています。一旦、退職金は、一旦再雇用時に支給するとして、55歳~64歳迄再雇用の場合、60歳~65歳迄再雇用の場合の2パターンが分かりますと幸いです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 人事トレンド ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ピンチをチャンスに。<br />
新型コロナウイルス対策を機に中小企業も時代を見据えた働き方へ

ピンチをチャンスに。
新型コロナウイルス対策を機に中小企業も時代を見据えた働き方へ

働き方改革が進むなか、2020年4月から施行された中小企業の時間外労働...