企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ディーセントワーク ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳されることが多く、具体的には「権利が保護され、十分な収入を生み、適切な社会的保護が供与される生産的な仕事」を意味します。
(2010/5/24掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディーセント・ワークのケーススタディ

ILOが目指す“まともな仕事”の実現は
日本社会にとっても喫緊の課題

ILOは21世紀の理念・活動目標として、「すべての人へのディーセント・ワークの実現」を提唱し、その達成に向けて<(1)仕事の創出(2)仕事における基本的権利の保障(3)社会保護の拡充(4)社会対話の推進と紛争の解決>の4つの戦略目標を掲げています。ILOといえば、設立以来、世界各国における労働基本権の確立と生活保障賃金の確保を活動の最優先課題としてきましたが、ディーセント・ワークはその次に実現されるべき、ILOの新たな使命として位置づけられているのです。

ディーセントは、日本語で「きちんとした」「社会通念上まともな」といった意味ですが、何をもって“きちんとした仕事”“まともな仕事”というかについては、提唱者のソマビア氏自身が、2000年に開催された日本ILO協会50周年記念式典における記念講演で、次のようにわかりやすく定義しています。

「世界の人々がいま最も望んでいるものは、基本的人権に次いで、ディーセントな仕事ではないかという結論に達しました。これは子どもに教育を受けさせ、家族を扶養することができ、30年〜35年ぐらい働いたら、老後の生活を営めるだけの年金などがもらえるような労働のことです」。こういうと、そう難しいことではない、途上国ならいざ知らず、日本社会ではすでに達成されている目標ではないか、と思う人がいるかもしれません。

はたしてそうでしょうか。09年10月に初めて日本政府が自ら算出・発表したわが国の相対的貧困率(従来は経済協力開発機構(OECD)が日本政府の資料をもとに算出)は15.7%、OECD加盟30ヵ国中ワースト4位でした。年収200万円以下の給与所得者は1000万人を超えているともいわれ、その一方で過重労働や長時間勤務の問題は、世論の強い批判にもかかわらず、遅々として改善されていないのが現実です。

ILOでは国際労働法として約200本の条約を採択していますが、そのうち日本が批准しているのは4分の1に過ぎない、わずか48本で、とりわけ労働時間や休暇に関連する条約には一本も批准していません。最低賃金の相対水準(その国の平均賃金と比べてどれくらい低いか)も、先進国中最も低いレベルです。

人間らしいやりがいのある仕事――ディーセント・ワークの実現は、“経済大国”日本にとっても、実は喫緊の課題といえるのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ジョブ・クラフティング
「ジョブ・クラフティング」とは、従業員一人ひとりが、仕事に対する認知や行動を自ら主体的に修正していくことで、退屈な作業や“やらされ感”のある業務をやりがいのあるものへ変容させる手法のことです。ジョブ・クラフティングのプロセスでは、仕事の現状を可視化して整理し、自分の動機や強み、能力を明らかにした上で...
ワークライフマネジメント
「ワークライフマネジメント」とは、社員一人ひとりがより付加価値の高いアウトプットを出し続けるために、仕事(ワーク)と生活(ライフ)の時間配分だけを意識するのではなく、ライフステージに応じて、双方の充実を自ら積極的にマネジメントし、相乗効果を発揮することを言います。“仕事と生活の調和”を意味する、従来...
トランスファラブルスキル
「トランスファラブルスキル」とは、ビジネスパーソンに求められる能力のうち、とくに転用・応用可能なスキルを指す言葉です。トランスファラブル(transferable)は「移動できる、持ち運べる」という意味で、会社や業種・業界、地域などを超えて移動しても、どこでも必ず活用できる汎用性の高いスキルのことで...

関連する記事

人材紹介会社の実情は──? 本当の「キャリアチェンジ紹介」は可能か
本格的な少子高齢化社会の到来、環境を重視するエコ経済への転換…。働く人々を取り巻く社会や経済の状況は急速に変化している。当然、新しい時代に見合った仕事や勤務環境を求めて転職しよう、という人も増えていくだろう。そんな転職希望者の期待に人材紹介会社も応えていかなく...
2009/11/30掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
定着と労働条件の微妙な関係
パート・アルバイトとして働く1,600人への最新の調査によると、約4割が転職意向を持っているということがわかりました。空前の採用難時代。従業員の勤続意向を高め定着を進めるために、企業はどのような対策をするべきなのでしょうか。
2018/11/12掲載新卒・パート/アルバイト調査
大手企業への「憧れ」を持ち続ける、20代の求職者
好景気を経験していない、今の20代の求職者は「大手志向」が強い。しかし、実際に大手に就職できる人は少ないのが実情。そのため、中堅・中小に就職した人の間で「大手=バラ色」という幻想が生まれてしまうこともあるようだ――。
2011/05/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大和証券キャピタル・マーケッツのグローバル人材戦略

大和証券キャピタル・マーケッツのグローバル人材戦略

大和証券キャピタル・マーケッツ株式会社 経営企画部 人事課 次長 中川...


これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないの...