企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シンリョウホウシュウカイテイ 診療報酬改定

医療機関の診療に対して保険から支払われる報酬の改定。物価や人件費などの動向に応じて、ほぼ2年に1度、行われています。改定で企業の労務管理にも変更しなくてはいけないところが出てくるかもしれません。
(2006/4/24掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

診療報酬改定のケーススタディ

中医協の答申を受けて
厚生労働大臣が決定する

診療報酬は1点=10円で換算され、すべての医療行為について点数が決められています。たとえば初診料は医科270点、歯科180点。皮下注射(通院)は18点プラス薬代、心電図検査は180点、盲腸の手術は6420点です。患者の窓口負担は原則3割とすると、医科の初診料は810円となります。

診療報酬を改定する際は、中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働大臣の諮問機関)の議論を踏まえて、国の予算案を作成する際に、まず診療報酬全体の平均改定率が決められます。その後、個々の診療報酬の点数についての中医協の答申を受け、最終的に厚生労働大臣によって決定されます。

中医協が答申した2006年度の診療報酬改定案によると、これまで病院より高めに設定されていた診療所の初診料を2700円に統一。また再診料が病院で10円、診療所で20円引き下げるなど、医療費の削減に重点を置いており、医師の技術料など本体部分で1・36%カット、薬価部分1・8%カット。総額ではマイナス3・16%と過去最大の下げ幅となりました。その一方、医者不足の小児医療では深夜加算を引き上げ、産科では40歳以上の初産婦らリスクの高い患者の入院基本料の加算を創設しています。また心臓、肺、膵臓の移植や、ニコチン依存症患者に対する禁煙指導にも、保険を適用することにしました。

診療報酬の引き下げは患者の窓口負担の軽減にもつながります。ただ医療機関が収入を増やすために、検査や治療の回数を増やすことも考えられ、医療費削減を進めるには医療機関の協力が不可欠です。また患者が受け取る医療費の領収書について、初・再診料、入院料、注射などの内訳の記載を義務付けましたが、患者の視点に立つなら、さらに個々の診療報酬の点数までわかるように開示すべきでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

がん対策基本法
「がん対策基本法」とは、日本人の死因で最も多いがんの対策について定めた法律です。がん対策のための国および地方自治体の責務を明確にするとともに、全国どこの地域でも同じレベルの医療が受けられる環境整備や「がん対策推進基本計画」の策定などを掲げて、2006年に議員立法で制定されました。成立から10年経った...
ドナー休暇制度
骨髄バンクを介して骨髄・末梢血幹細胞提供を行うとき、適合してから採取後の健康診断に至るまで、8回前後、平日の昼間に通院が必要なことをご存じでしょうか。多くの場合、ドナーは自分の有給休暇などを利用して通院しますが、心理的・肉体的な負担を感じる人も少なくありません。こうしたドナーに対して、勤務先が該当日...
標準報酬月額
「標準報酬月額」とは、会社と社員が折半で負担する健康保険・介護保険・厚生年金保険の社会保険料の計算を簡易にするための仕組みで、毎年一回7月に、4月、5月、6月の3ヵ月間に支払われた給与の平均額を、「標準報酬月額表」の等級区分にあてはめて決定するものです。社会保険料の金額は、この標準報酬月額に保険料率...

関連する記事

燃料手当、寒冷地手当の設定内容と改定状況――支給状況、改定頻度、手当額の決定方法など
原油価格高騰に伴い灯油、ガソリンなど石油製品価格が値上がりを続けていることを受けて、労務行政研究所では、2007年12月に「灯油、ガソリン高騰下における燃料手当、マイカー通勤手当の対応アンケート」としてウェブによる調査を実施しました。本記事では、同アンケートで...
2008/10/10掲載人事・労務実態調査
私傷病により通院する労働者のための 「治療休暇制度」導入の実務
長期通院治療の必要な疾患であり、今や日本人の2人に1人が罹患するがんという病気を念頭におき、労務管理の観点からも有効な制度となりうる「治療休暇制度」について紹介します。
2012/01/30掲載人事・労務関連コラム
人事評価制度の最新実態 ~制度の改定や評価関連施策の実施状況、処遇への反映~
評価制度の現状はどうなっているのか、また、運用はどのように行われているのか、企業の課題認識にはどのようなものがあるか――。これらを探るべく、一般財団法人 労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、2014年5月に、企業に対しWEBアンケートを実施しました。本記事...
2014/10/22掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

就業規則の改定について
いつも大変参考にさせていただいています。 就業規則の改定についてです。 4月以降の法改定にともない、就業規則を改定する予定でいます。 そこで、できれば一度に改定を行いたいのですが、時期がずれて法改定がおこなわれる内容については「この内容は○年○月より施行するものとする」のような未来についての条件を...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

今や企業の成長を左右する源泉は人財活用力であり、人財を一つの企業資産と...