企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ケアハラスメント ケアハラスメント(ケアハラ)

「ケアハラスメント」とは、働きながら介護を行う人に対して行われる嫌がらせや、不利益を与える行為のことを指すハラスメントの一種で、「ケアハラ」と略されることもあります。家族の介護が理由で残業ができなかったり、休まなければならなかったりする従業員に対して、人事評価を下げる、介護休暇の取得を阻害する、尊厳を傷つけるなどという行為に至ることがケアハラにあたります。介護休業は、育児・介護休業法で認められた労働者の権利であり、これを阻害するハラスメント行為は法令違反となります。

ケアハラスメント(ケアハラ)のケーススタディ

ケアハラを起こさないために
人事ができることとは

超高齢社会である日本では、介護と仕事を両立しなければならない労働者が今後ますます増えていくと予想されます。企業には、介護のための休暇や時短勤務などへの対応が求められますが、一方で、社内のケアハラへの対応はまだ不十分といえそうです。

産休・育休の場合は、子どもの成長とともに職場に復帰する可能性が高まるため、当事者も企業もある程度先を見通すことができます。しかし、介護は突然始まることが多く、終わりも見通せないことがほとんどです。

そのため、人事担当者は、自社の従業員が介護の必要性に迫られた場合、どのような権利や制度があり、会社としてどのようなサポートができるのかを事前に整理しておくことが重要です。また、介護のためにチームから一人抜けると、それ以外のメンバーの負担が増えます。各メンバーの声を聞き、ケアをすることも必要といえるでしょう。

介護のため休暇や時短勤務を行なう従業員に対して、正当な理由なく、管理職からメンバークラスへ降格させる、希望しない部署に異動させる、契約社員を雇い止めにする、などといった行為はケアハラに当たります。企業にはケアハラなどのハラスメントの防止措置が義務付けられていますので、ハラスメント対策委員会のような窓口を作り、相談できる環境を整えるといいでしょう。

また、降格などのわかりやすいケアハラではなく、「残業しなくて、いいな」「他に面倒を見てくれる人はいないのか」といった嫌味レベルのケアハラの場合、言われた側が我慢しがちでハラスメントが顕在化しにくい、という問題点があります。そのため、ハラスメント研修や管理職研修のなかにケアハラの事例も盛り込むなどして、介護休業という権利を否定するような行為は法令違反であるという認識を全社的に高めていくことが大切です。

 

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

セカンドハラスメント
「セカンドハラスメント」とは、ハラスメントを受けた人が被害について周囲に告白あるいは相談した際、逆に嫌がらせを受けたり、かえって相談者の方が責められたりするなど、ハラスメントの二次被害にあうことをいいます。セカンドハラスメントは、問題を悪化・深刻化させるだけでなく、企業にとってはコンプライアンス違反...
ケア責任
「ケア責任」とは、家族などにケアが必要な子どもや障がい者、要介護者がいる場合に、そのケアを担って責任を負うこと。「ケア責任」があることで、できる仕事に制限が生じたり、企業内で指導的な立場になりにくかったりするケースが考えられます。現在は、要介護者が増加傾向にあるなど「ケア責任」を負う人が増えており、...
ハラスメント
ハラスメントは、広義には「人権侵害」を意味し、性別や年齢、職業、宗教、社会的出自、人種、民族、国籍、身体的特徴、セクシュアリティなどの属性、あるいは広く人格に関する言動などによって、相手に不快感や不利益を与え、その尊厳を傷つけることを言います。近年、職場における「ハラスメント」が急増し、人事管理上、...

関連する記事

職場のモヤモヤ解決図鑑【第10回】 ハラスメントの起きない職場にするために管理職ができることは?
元部下からハラスメントの相談を受けた山下課長。身近に起きた出来事に「もしかしたら自分の部署でもハラスメントが起きているかも?」と不安を募らせます。考えてみると、ハラスメントが起きやすい職場の特徴に思い当たるフシが……。管理職として、ハラスメントが起きにくい職場...
2020/11/25掲載編集部注目レポート
職場のモヤモヤ解決図鑑【第9回】 部下からハラスメント被害の相談を受けたら? すべきこととNGな言動を紹介
元部下から相談を受けた山下課長。どうやら、異動先でハラスメントを受けているようです。元気のない部下に声をかけようとするも、どのように対応すべきか迷っています。ハラスメントは重大な問題です。相談を受けたときに、するべき対応としてはいけない対応を学びましょう。
2020/11/13掲載編集部注目レポート
いま求められる「ハラスメント対策」 ~人事部が果たすべき「役割」とは何か?
近年、職場ではさまざまな「ハラスメント」が増加してきている。しかし、なかなか改善の傾向は見られないようだ。そもそも「ハラスメントとは何か」について、現場がよく理解していない点が問題である。
2009/12/22掲載注目の記事

関連するQ&A

外国人の採用の際のハラスメントについて
外国人を採用する際、面接時に「帰化する気があるかどうか」を聞くのはハラスメント行為に当たりますでしょうか? また、外国人に対してのハラスメント行為になり得るような質問内容などがあれば教えていただけると大変助かります。
ハラスメント研修終了後の誓約書について
初めて社内で管理職を対象にハラスメント研修を実施いたしますが、研修終了後、「今回の研修内容について理解した」「ハラスメントは行わない」などの誓約書的なものを記入させたほうがよいでしょうか。 特にセクハラについては均等法で会社の対応が義務付けられているので、研修をやったという結果として何か残したほうが...
みなし残業について
いつもお世話になっております。 質問ですが、 当社では 月30時間分のみなし残業代(125%)を支給しております。 みなし残業の30時間の中には、30時間分の残業代、平日深夜、休日、休日深夜の分も全て含む形になっております。 休日や休日深夜の勤務を行わせた場合に、上記みなし残業代以外の支給を行う...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]
分類:[ 人事トレンド ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...