企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】カーブアウト カーブアウト

Carve out。「切り出す」「分割する」という意味の英語。大企業や中堅企業が埋もれた技術や人材を新会社に移して、ファンドなど外部の投資を呼び込み、その事業価値を高めることです。
(2005/10/31掲載)

カーブアウトのケーススタディ

企業が事業の一部を切り出し
外部資金を投入して成長を加速させる

大企業や中堅企業の中には「選択と集中」を推進した結果、資金を投じて開発した技術が日の目を見ずに眠っているケースが少なくありません。諸般の事情から自社で事業化できないビジネスモデルもあります。これらを技術者や担当者と一緒にいったん社外の独立した組織に移し、親元の企業が一定の出資・支援を続ける一方、ファンドなど第三者の出資も仰ぎ、新たな事業として育成するのがカーブアウトです。

過去の事例を挙げると、流通最大手のセブン−イレブン・シャパンは、そもそも1973年にイトーヨーカ堂がヨークイレブンを設立、当時イトーヨーカ堂の営業部長だった鈴木敏文氏らのグループがカーブアウトしたものです。またエヌ・ティ・ティ・ドコモも1991年にNTTが移動通信業務を分離する政府方針に基づいてカーブアウトさせた企業です。最近では2004年にソニーと韓国のサムソン電子が共同でカーブアウト会社を設立、大型テレビ向けの液晶ディスプレイパネルの生産を行っています。

米国では研究者が企業から飛び出して独立する「スピンアウト」が主流ですが、日本ではそうした起業家を支援する仕組みがほとんど整っておらず、また失敗後の再スタートも厳しいため、数は多くないのが現状です。その点、カーブアウトは資金調達や仕入れの開拓、人材・知財の面で親会社の支援が得やすいメリットがあり、親会社にとっても将来、カーブアウト会社を自社のコア事業に取り込むことも可能になります。

2010年までに上場企業450社、8万人のエンジニアがカーブアウトに関わるとの予測もあり、支援ファンドも相次いで創設されています。たとえば大手商社の三菱商事は今年4月、日本政策投資銀行と総額150億円の「イノベーションカーブアウトファンド」を立ち上げ、ハイテクメーカーなどに5年間で3億〜30億円を投資する予定です。総合電機大手の日立製作所も5月、中小企業基盤整備機構と20億円ずつ出資してファンドを設立しました。専門のコーディネーターの育成、親会社との知的財産権の明確化、転籍する社員の処遇問題などがこれからの課題と言えそうです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ファンド
複数の投資家や個人から資金を集めて運用する投資基金のこと。企業、商品、不動産などに投資し、高い利回りを達成することを目的としています。
ユースエール
若者雇用促進法に基づき、若者の採用・育成に積極的で若者の雇用管理状況などが優良な中小企業を、厚生労働大臣が「ユースエール認定企業」として認定する制度が2015年10月から新しくスタートしました。「ユースエール」とは、この認定企業が取得・使用できる認定マークの愛称。若者(youth)にエールを送る事業...
転進支援制度
従業員の多様なライフプランに対応して、その転職や独立を支援する制度のことです。65歳までの雇用を継続できない企業が、従業員のセカンドキャリアを支援するために設けているケースも少なくないようです。

関連する記事

2. グローバル人材研修の現状
産業能率大学が実施した「グローバル人材の育成と活用に関する実態調査」を見ると、グローバル展開に伴って、多くの企業が日本人の「グローバルリーダー」「グローバルマネジャー」「ローカルマネジャー」が不足していると回答。グローバル人材を取り巻く状況について整理する。
2012/10/24掲載よくわかる講座
従業員を育成できていると「あまり感じない」企業が過半数
『日本の人事部 人事白書2020』から、「育成」の調査結果の一部をご紹介します。
2020/10/27掲載人事白書 調査レポート
採用成功企業はここが違う!ITエンジニア採用の最新動向 ~採用成功のカギを握る「採用メタ認知力」とは!~
企業のIT/Web(以下、ITで表記)への投資が拡大している。しかし一方で、ITエンジニア(以下、エンジニアで表記)の採用難が大きなテーマとなっている。特に問題なのは、今後さらにエンジニアの採用が厳しくなっていくことだ。そのような環境下でも、エンジニアを採用す...
2015/03/18掲載注目の記事

関連するQ&A

登記の事業目的について
事業目的ですが、今後の事業拡張のために現在の事業内容だけでなく、見込まれるものも入れておきたいのですが、どのような文言がよいのでしょうか?文例のようなものがあれば教えてください。(できるだけ多くの事業内容を盛り込みたい)
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。