無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ソジ SOGI

「SOGI」は、セクシュアルオリエンテーションとジェンダーアイデンティティ(Sexual Orientation and Gender Identity)の頭文字をとった略語で、「性的指向と性自認」のことを指します。「ソジ」または「ソギ」と読むのが一般的です。性的指向とは、好きになる相手の性のこと。性自認とは自分で認識している性のことです。これまで性的マイノリティーを表す「LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)」という呼称が広く認知されていましたが、SOGIはLGBTも含めた全ての人の性的指向と性自認を表す総称です。

SOGIのケーススタディ

性的マイノリティーへの差別は「SOGIハラ」
SOGIの違いによる不利益を許さない環境へ

どうしてSOGIという言葉が生まれたのでしょうか。日本社会では、2013年頃からLGBTという言葉がにわかに使われはじめました。2015年に東京都渋谷区が日本で初めて同性カップルを結婚に準ずる関係と認める「パートナーシップ証明」を交付することが報じられて以降、LGBTの認知度は徐々に上がっていきました。

同時に、LGBTという枠に収まりきらない多様な性のあり方があることも提起されるようになっていきました。性的マイノリティーは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーにとどまりません。LGBTには、「アセクシュアル(恋愛感情や性的欲求を抱かないこと)」や「Xジェンダー(性自認が男性でも女性でもないこと)」などのように、属性を排他するような表現になってしまっている欠点がありました。

そこで、LGBTに代わって使われるようになってきたのが「SOGI」です。SOGIには、LGBT以外の性的マイノリティーも、性的マジョリティーである「ヘテロセクシュアル(異性愛者)」や「シスジェンダー(生まれたときに割り当てられた性別に違和感のない人)」も含まれます。

LGBTの認知度が高まるにつれ、企業は性的マイノリティーへの配慮が求められるようになり、性的マイノリティーへの差別は「SOGIハラ」と呼ばれるようになりました。トランスジェンダーに配慮をしなかったり、同性愛であることの噂を流したりして、当事者が不快な思いをしたり不利益を被ったりするものはSOGIハラにあたります。

新たな言葉ができることで、人はこれまで以上に言動に気を付けるようになるものです。かつては「マタハラ」や「パタハラ」といった言葉もありませんでしたが、言葉が広く認知されることで、当事者に対する理解が広まっていきました。SOGIへの理解は現在、世代によって大きく異なります(※)。企業には性的マイノリティーへの理解が比較的少ない上の世代に対してもハラスメントをしないよう教育したり、サポート制度を整えたりするなど、積極的な働きかけがさらに求められるでしょう。

・参考
電通ダイバーシティ・ラボが「LGBT調査2018」を実施

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード