企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】イリョウヒコウジョ 医療費控除

「医療費控除」とは、会社員が一定額以上の医療費を支払った場合に、税金の還付を受けられることをいいます。企業に勤めていると自分で確定申告の手続きを行わないことが多いため、医療費控除という言葉は知っているが詳しい内容はわからない、という人も多いでしょう。ここでは、人事として知っておきたい、医療費控除の基礎知識を解説します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1. 医療費控除とは

まず、医療費控除の概要から見ていきましょう。

医療費控除の概要

医療費控除とは、その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費が一定の金額を超えた場合に、所得控除を受けられるという制度です。

ただし、医療費控除を受けるには確定申告を行う必要があります。生命保険料や地震保険料とは異なり、年末調整で控除を受けることはできません。

医療費控除の金額は、次の計算式によって算出されます。

(実際に支払った医療費の合計額-保険などで戻ってきた金額 )-10万円(※)
=医療費控除の金額
(※)総所得金額等が200万円未満の場合は、総所得等の5%
・年収200万円以上の場合
支払った医療費100万円-保険などで戻ってきた金額30万円-10万円
=医療費控除額60万円
・年収150万円の場合
支払った医療費9万円-保険などで戻ってきた金額0円-(総所得金額等150万円×5%)
=1.5万円

医療費が10万円を超えない場合でも、医療費控除を受けられることがあるので、注意が必要です。

医療費控除の対象となる医療費とは

医療費控除では、対象となる医療費が以下の通り決められています。

  • 診療・治療費および入院費
  • 治療・療養に必要な医薬品および器具の代金
  • 病院に行くための交通費(電車、バス、タクシー代)
  • 治療としてのマッサージ・針灸
  • 介護保険制度のもとに提供される介護費用

美容整形などの費用や体調を整えるための施術、健康診断の費用など、治療にあたらないものは対象外となります。また、ビタミン剤など病気の予防や健康増進のために用いられる医薬品の購入代金も、医療費控除の対象になりません。

このように、医療費の対象となるもの・ならないものについては、細かく法律で定められています。詳細を知りたい場合は、国税庁のHPを見たり、税務署に問い合わせたりするなどして確認しましょう。

2. 医療費控除を受けるには

医療費控除を受けるには、確定申告が必要です。ここでは、確定申告時に必要な書類や確定申告書の作成について解説します。

必要書類の準備

医療費控除を受けるための必要な書類は、次のとおりです。

  1. 源泉徴収票や確定申告書などで、総所得金額などを求める
  2. 医療費控除の明細書を作成する
  3. 作成した医療費控除の明細書の数字を確定申告書に転記する

ここでは総所得金額の計算後に行う、医療費控除の明細書を作成する手順を説明します。

1.医療費の明細の記載と合計額の計算

※国税庁資料より引用

医療費控除の明細書は、医療費の領収書やレシートを見ながら記載していきます。まずは、「2.医療費の明細」項目に次の事項を記載します。

  • 医療を受けた人の氏名
  • 病院・薬局などの支払先の名称
  • 医療費の区分
  • 支払った医療費
  • 生命保険や社会保険などで補填される金額

本人だけでなく、一緒に生活している配偶者や子どもにかかった医療費も、控除の対象となります。なお、同一人物が同じ病院に複数回通っている場合、一つずつ明細書に記載する必要はありません。医療を受ける人ごと、病院ごとに1年間に支払った金額を記載します。

高額医療などで生命保険や社会保険などから戻ってきた金額がある場合は、その金額を「生命保険や社会保険などで補填される金額」に記載します。

また、健康保険組合などが、1年間の医療費の金額をまとめて通知してくる場合があります。これを「医療費通知」といいます。医療費通知がある場合は「1.医療費通知に関する事項」にその数字を記載します。明細の記載が終わったら、1年間の医療費の合計額を計算します。

2.医療費控除額の計算
医療費の明細を記載し合計額を出したら、医療費控除額を計算します。支払った医療費の金額や保険金などで補填される金額を記載し、計算を進めます。

確定申告書の書き方

医療費控除の明細書の作成が完了したら、その数字を確定申告書に転記します。ここでは、医療費に関して、確定申告書のどこに何を記載するのかを説明します。

平成30年分 所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引きのp.5-8を参照しながらお読みください。

(1)確定申告書A 第一表
確定申告書A 第一表で医療費控除について記載が必要なのは、一ヵ所です。「(18)医療費控除」の欄に、医療費控除の明細書で計算した「医療費控除額(G)」を転記します。

(2)確定申告書A 第二表
第二表にも、医療費控除について記載する部分があります。第二表 右下の「(18)医療費控除」の欄です。「支払い医療費等」の欄に医療費控除の明細書「A支払った医療費」の数字を入れます。次に「保険金などで補填される金額」の欄に、医療費控除の明細書「B保険金などで補填される金額」の数字を転記します。

今回説明したのは、あくまで確定申告書の医療費控除に関係する部分のみです。実際に確定申告書を作成する場合は、源泉徴収票を見ながら、1年間の給与の金額や年末調整で控除を受けた社会保険料の金額など、さまざまな事項を記載する必要があります。

3. 医療費控除を受ける際の注意点

医療費控除を受けるには、さまざまな注意点があります。ここでは多くの人に関係するものを見ていきます。

医療費控除の対象は自分で負担した費用のみ

医療費控除の対象となる医療費は、自分が負担したものが対象となります。

企業が行っている健康診断の二次健診や治療にかかった費用は、企業が負担する場合と従業員が負担する場合があります。従業員がいったん立て替えたとしても、最終的に企業が支払う場合は、従業員が医療費を負担したことにならないため、医療費控除の対象にはなりません。仮に従業員から領収書の引き渡しを求められても、渡す必要はありません。

また、医療費控除の対象となるのは12月末日までに支払ったものになります。12月末時点で未払いのものは、その年の医療費控除の対象にはならないため、注意が必要です。

医療費の領収書は5年間保存する

平成28年(2016年)分までは、医療費控除を受ける場合には、医療費の領収書を税務署に提出する必要がありました。平成29年(2017年)分の確定申告から領収書の代わりに「医療費控除の明細書」を提出する形に変更されました。

ただし、税務署から求められた場合は、領収書の提示や提出をしなければいけません。領収書は5年間の保存が必要となっています。紛失しないよう注意しましょう。

セルフメディケーション税制と選択適用

医療費控除と似ている控除に、「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」があります。

セルフメディケーション税制とは、健康の維持や増進、疾病予防のため、対象となる医薬品(スイッチOTC医薬品と呼ばれる)などを1年間に税込み12,000円以上購入した場合に、所得控除を受けられる制度です。対象者は、健康診断など一定以上の取り組みを行っている個人です。
実際に支払った購入費から、12,000円を差し引いた金額が控除額になります。控除の上限額は88,000円です。

医療費控除よりも対象者が多くなるため、注目されている制度です。ただし、セルフメディケーション税制は、医療費控除の特例という位置付けになります。そのため、確定申告では、医療費控除かセルフメディケーション税制の一方しか適用できません。確定申告をする際は、どちらの控除額が大きくなるか調べた上で、選ぶ必要があります。

4. 従業員とトラブルにならないよう基礎知識を共有しておく

会社勤めの場合、通常は年末調整のみというケースが多くなります。従業員が確定申告を行うのは、所属する会社以外からの収入があるときと、医療費控除を受ける場合が多くなるでしょう。

一般に、確定申告に慣れている会社員はあまり多くありません。そのため、年末調整で医療費控除を受けられると思っていたり、会社が負担した医療費も控除対象になるととらえていたりすることがあります。トラブルにならないよう、従業員自身にも最低限の基礎知識を身につけてもらうことも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

確定申告
毎年2月から3月に行われる「確定申告」。個人事業主だけでなく、給与所得者であるサラリーマンも行わなければならないケースが少なからずあります。会社員に確定申告が必要となるのはどのようなケースなのでしょうか。ここでは、人事担当として知っておくべき確定申告の基礎知識について解説します。
就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
特定健康診査・特定保健指導
「高齢者の医療の確保に関する法律」の成立により、生活習慣病を予防するという観点で、平成20年4月から医療保険者に義務付けられることになった健康診査・保健指導をいいます。

関連する記事

「給与計算」とは
企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソー...
2011/08/30掲載人事支援サービスの傾向と選び方
従業員が協力したくなる!「リファラル採用」のための制度設計&規定
従業員が協力したくなる!人材難の時代、急速に広がる「リファラル採用」のための制度設計&規定
2019/07/05掲載人事・労務関連コラム
「給与計算代行」の利用メリット
企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。
2010/09/24掲載人事支援サービスの傾向と選び方

関連するQ&A

就業規則(給与規程)の相対的記載事項
例えば、住宅手当を支給する場合は、給与規程にその旨を記載する必要がありますが、金額や支給条件までの記載まで記載する義務があるのでしょうか。
健康診断
いつも参考にさせていただいております。 さて、就業規則に記載する「健康診断」に関する記載内容について、必ず記載しなければならないことなど注意点を教えていただきたく思います。
残業申請制について
当社では残業申請制を取っておりますが、賃金規程、労働条件通知書にこの制度の内容を記載する必要はありますでしょうか? 仮に記載するのであれば、両方とも記載する必要があるのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

LINE採用コネクト 期間限定キャンペーン

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「改正労働者派遣法」施行に伴う派遣社員のキャリアアップ教育にどう対応するのか

「改正労働者派遣法」施行に伴う派遣社員のキャリアアップ教育にどう対応するのか

2015年9月に施行された「改正労働者派遣法」により、派遣社員活用のあ...