無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】クオリティオブライフ QOL(クオリティ・オブ・ライフ)

「QOL(Quality of Life)」は、しばしば「生活の質」と訳されます。主に医療や福祉といった分野で使われ、療養している患者が身体的、精神的、社会的、経済的な面で、納得のいく生活を維持していくことを目指す考え方です。最近は医療・福祉分野にとどまらず、一般的に「物理的・精神的な生活の豊かさ」を指す言葉になっています。

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)のケーススタディ

健康、人間関係、やりがい
衣食住にとどまらない幸福感にどう向き合うか

豊かさとは何か。かつては「いかに衣食住を確保できるか」が豊かさの指標とされ、衣食住に恵まれた生活が幸せに直結していました。しかし現在は、着るものも食べるものも豊富にあり、自由に住む場所を選ぶことはそう難しくありません。

ではそれに伴って、人々の幸福レベルは上がっているのでしょうか。うまく人間関係が築けずに孤独を感じていたり、目の前の仕事をこなすだけでやりがいを感じていなかったりする人も多いのではないでしょうか。

物質的に満たされているだけでは、人は幸せを感じられません。精神的な豊かさを含めた「QOL」は、現代に生きる人たちが考えるべき概念で、1960年代に米国で提唱され、日本では1970年代ごろから唱えられるようになりました。
 
精神的な豊かさの定義は、人によって尺度や程度が違います。あえて要素を分解すると、十分な衣食住に加え、心身の健康、良好な人間関係、やりがいのある仕事、十分な教育、充実した余暇、といった観点が挙げられます。このことからも分かるように、何を得ればQOLが上がるのかは、人それぞれ。自分にとってのQOLを追求することが必要なのです。
 
QOLという概念の起源でもある医療・福祉業界では、QOLの考え方が浸透した結果、より踏み込んだ治療を提供できるようになってきました。QOLは、「ADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)」という概念と比較されます。

ADLは、一人ひとりが行っている日常動作。介護保険制度の基準として、「この人は介護が必要か。必要であるならばどの程度なのか」を見極めるための指標にADLは使われます。しかしADLが満たされているからといって、QOLも満たされているとは限りません。
 
例えば、仲間とのテニスを生きがいにしていた男性がケガをし、歩行が困難になったとします。リハビリによって最低限の歩行は可能になったけれど、テニスができるほどには回復しなせず、喪失感が大きかった場合、ADLは満たされてもQOLが満たされているとは言えません。

そのため医療・福祉従事者は、患者が何に幸福を見出す人物なのかを知って初めて、本当の回復のための処置を行うことができます。患者のQOLを維持・向上するためのプロダクトも次々と開発されている今、QOL向上への対応がさらに求められそうです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード