人事辞典 掲載日:2019/07/17

【ヨミ】セブンエス 7S

「7S(Seven S Model)」とは、マッキンゼー・アンド・カンパニー社が提唱した組織変革のためのフレームワークです。組織の全体像といくつかの要素の相互関係を表しており、組織の現状を包括的に捉え、適切な対策をとっていくのに有効だとされています。

7Sのケーススタディ

ハードとソフトの両輪で
組織改革を加速させるための7S

「7S」における組織の要素は、それぞれ頭文字をとった七つのSで表します。「ハードのS」と呼ばれるものが「戦略(Strategy)」「組織(Structure)」「システム(System)」の三つ。一方、「ソフトのS」と呼ばれるのが、「価値観(Shared Value)」「スキル(Skill)」「人材(Staff)」「スタイル(Style)」の四つです。ハードのSの変更は比較的容易ですが、ソフトのSは価値観に関わる要素であるため、変更には時間がかかるといわれています。

組織改革を行うとき、手を付けやすいという理由で、ハードの変更から着手する組織が多いのではないでしょうか。マーケティング戦略を変更したり、部署を統合するなど組織を改編したり、人事評価制度や報酬にまつわる規定を変更したりするのがハードに当たります。

ハードの変更は可視化されるため、「やっている感」が出てしまうのですが、ソフトの改革も忘れてはいけません。ハードとソフト、どちらがより重要ということはありませんが、両者が融合し、整合性があることが大切なのです。

例えば、ハードのSの対応として、事業戦略を変更したとします。しかし、それを実行する従業員にモチベーションを持っていないと生産性は下がり、スキルを持っていないと戦略を実行することはできません。最先端の営業管理システムを導入したとしても、従業員が情報管理に無頓着ではシステムの有効活用はで期待できません。

そこでソフトのSである価値観やスタイルの変更が必要になるのです。反対に、能力も志もある従業員がいたとしても、それを支えるシステムや組織構造が磨かれていなければ宝の持ち腐れになってしまい、組織のパフォーマンスを上げることはできません。

組織改革を行うならば、全方位的に取り組む必要がありますが、可視化されていないものへの網羅性を確信することは難しい。そこで「7S」のフレームワークが役立ちます。七つの要素を言語化することで、成長の阻害要因となっているものを洗い出すこと。それぞれの要素は相互に作用し合っているため、一つの要素をブラッシュアップすることで他の要素にも良い影響を与え、加速度的に組織改革が進むのです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード