人事辞典 掲載日:2019/05/24

【ヨミ】カタルシスコウカ カタルシス効果

「カタルシス」とは、心の中にたまっていた言葉にならないもやもやした感情を、何かをきっかけに吐き出し、解放させること。さらに、それによって気分がすっきりし、不安や緊張などの症状がなくなることを「カタルシス効果」といいます。現在は心理学の用語として使われていますが、語源は古代ギリシアの医学用語といわれており、「浄化」や「排泄」を意味する言葉でした。映画を見て思い切り泣いたり、誰かと飲みながら悩みを打ち明けたりするなど、カタルシスが起こるシーンは人それぞれ。自分でも気づいていなかった感情を言語化することで、心の澱(おり)が浄化されて精神的な緊張状態がほぐれるといわれています。

カタルシス効果のケーススタディ

マーケティングに活用されるカタルシスは
採用にも応用できる?

自分でもよくわからないまま、漠然とした不安を感じたことのある人は多いのではないでしょうか。その実態が分からないことが、さらにもやもやとした気持ちに拍車をかけることもあるでしょう。そんなときに、たまたま見た映画や読んだ小説が、まるで自分の苦しさや悲しさを代弁してくれていると感じる。このように自分の中から澱を吐き出すような感覚を得ることこそ、カタルシスです。

カタルシスは心理学用語ですが、現在では「鬱積した感情が解放されること」を表す言葉として、より一般的に使われるようになっています。近年ではビジネスの場でも、カタルシス効果をマーケティング手法の一つとして活用する企業が現れ始めました。

例えば、普段から何となく不便だと感じていることが、誰にもあるでしょう。明確に言語化できなくても不満やイライラを感じていたことに対して、かゆいところに手が届く商品や体験を提供してもらうと、「わかってくれている」「こんな商品が欲しかった」と感じ、すっきりした気持ちになります。これも、一種のカタルシスです。こうした感覚を得た人は、カタルシスのきっかけとなったものに対して、愛着や感謝の意を抱くようになります。中には、自身のSNSなどで発信してくれる人もいるでしょう。口コミが広がれば、売り上げの増加が見込めるかもしれません。

このカタルシス効果を狙ったマーケティング手法は、採用のシーンでも応用ができます。例えば、企業のビジョンを説明するイメージ動画に、社会的なメッセージを込める。あるいは、まだ言語化されていない人々の労働に関するモヤモヤを、採用コピーとして発信する。それらに共感した人材が集まれば、優秀な人材の獲得にもつながります。

ただし、気を付けなければならない点もあります。感情の中でも、特に「怒り」を扇動する手法は、効果がないばかりかブランドを毀損(きそん)する恐れがあるのです。カタルシス効果を狙うあまり、メッセージを見失ってしまうと、炎上を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード