ニュース
社会 教育・オピニオン
掲載日:2021/04/01

2020年コロナ禍の職種別「残業時間」を調査

総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する転職サービス「doda(デューダ)」は、20~59歳のビジネスパーソン15,000人を対象に、職種別の残業時間の実態調査を行いましたので、結果をお知らせいたします。


【主な調査結果】

  • 2020年の緊急事態宣言前(1~3月)の1カ月の平均残業時間は28.1時間、宣言後(4月~6月)の平均残業時間は20.6時間と、コロナの影響で7.5時間残業時間が減少。
  • 訪問営業や対面営業の抑制により、「営業」系の職種の多くで残業時間が減少。
  • 残業時間の少ない職種には、コロナ以前同様に「事務/アシスタント」系が多くランクイン。
  • 残業時間の多い職種には、「エンジニア」系、「営業」系、「クリエイティブ」系が多くランクイン。


■コロナの影響で残業時間が7.5時間減少。2020年4月~6月の平均残業時間は、1月あたり20.6時間。なかでも「営業」系の職種の多くで残業時間が大幅に減少。
2020年4~6月の15,000人の1カ月あたりの平均残業時間は20.6時間でした。緊急事態宣言前の同年1~3月の平均(28.1時間)と比べると7.5時間短い結果となりました。

コロナ禍で残業時間が最も大きく減少したのは「基礎研究」(18.3時間減少)、次いで「コンサルタント」(17.4時間減少)、3位に「技術営業」(17.0時間減少)となりました。そのほか、残業時間が減った職種TOP20の中に多くランクインしたのは営業系の職種でした。営業系の全16職種の残業時間は2020年1~3月の期間と比べると、月平均で8.9時間減少しており、全体平均の7.5時間よりも大きく減少しています。感染防止を目的に、取引先や見込み顧客への訪問営業や対面営業が抑制されたことなどが、残業時間の大幅な減少につながったと考えられます。


■残業が少ない職種 ランキングTOP20
残業時間が少ない職種TOP20の2020年4~6月の平均残業時間は14.1時間で、同年1~3月の20.7時間から6.6時間短くなっています。コロナ禍で多くの職種の残業時間が減りました。

残業時間が少ない職種ランキング1位は「営業事務アシスタント」で9.2時間でした。2位は同じく事務/アシスタント系の「医療事務アシスタント」(10.7時間)。ほかにも5位に「一般事務アシスタント」(12.7時間)、6位に「経理/財務事務アシスタント」(13.2時間)など、上位20職種のうち半分の10職種を事務/アシスタント系が占めています。この傾向はコロナ以前の1~3月でも同様に見られ、事務/アシスタント系の職種は安定して残業時間が少ないことが分かります。

また、6位に「店舗/施設管理/店舗開発」(13.2時間)、11位に「旅行/宿泊/ホテル/冠婚葬祭関連職」(14.8時間)、13位に「販売/接客/売り場担当」(15.3時間)と、「販売/サービス」系の職種が上位にランクインした背景には、緊急事態宣言下における飲食店などへの営業自粛要請の影響があったと考えられます。


■残業が多い職種 ランキングTOP20
2020年4~6月に残業時間が多かった職種TOP20の1カ月あたりの平均残業時間は27.5時間でした。緊急事態宣言前である同年1~3月の37.2時間から、-9.7時間と大幅に減少しました。残業時間の多いランキングの上位には、「エンジニア」系、「営業」系、「クリエイティブ」系の職種が多く並びますが、コロナ禍により、これらの職種についても残業時間の減少が大きかったことが分かります。残業時間が多い職種ランキング1位は、「教育/スクール」(38.6時間)で、2位は建築/土木系エンジニアの「施工管理」(36.9時間)となりました。

2020年1~3月の期間の調査データで残業時間が多い職種をランキングにすると、「教育/スクール」の順位は4位(42.0時間)、「施工管理」は1位(48.9時間)でしたが、コロナ禍で順位が変動しています。ほかにも、1~3月には2位だった「基礎研究」(43.7時間)は18.3時間の減少で15位(25.4時間)に、6位だった「プロデューサー/ディレクター/プランナー(出版/広告/Web/映像関連)」(39.7時間)は14.5時間の減少で16位(25.2時間)まで順位を下げ、このような順位の変動は「エンジニア」系や「クリエイティブ」系の職種で顕著です。

また、「営業」系の職種でも、1~3月には3位だった「建設/不動産の営業」(42.8時間)は15.3時間の減少で7位(27.5時間)に、9位だった「広告/メディアの営業」(37.9時間)は12.4時間の減少で13位(25.5時間)へと順位を下げました。半面、残業時間は8.4時間減少しましたが、8位(39.2時間)から3位に順位が繰り上がった「人材サービスの営業」(30.8時間)のように、TOP20の中では残業時間の減り幅が相対的に小さかったことで順位が変動した職種もあります。


【調査概要】
調査対象:20歳~59歳の男女
雇用形態:正社員
調査方法:ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
(ネットリサーチ会社保有のデータベースを元に実施、doda会員登録の状況については不問)
実施期間:2020年8月
有効回答数:15,000件 

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(パーソルキャリア株式会社 / 3月29日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。