企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 
人事サービス雇用・採用2020/01/16

Indeed Japan、就職氷河期世代の仕事探しに関する調査を実施

世界No.1求人検索エンジン*「Indeed (インディード)」の日本法人であるIndeed Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高橋 信太郎、以下Indeed)は、就職氷河期世代を含む中高年層の仕事探しについての調査を行いました。その結果、就職氷河期世代は仕事探しにおいて不遇な環境におかれていると捉えられている状況が見えてきました。

Indeedは、「We help people get jobs.」をミッションとし、あらゆる人々が幸せになれる仕事探しを応援しています。日本では現在、就職氷河期世代を取り巻く仕事環境が注目を集めています。内閣府は2019年に「就職氷河期世代支援プログラム」を発表し、3年間の集中支援として様々な施策を打ち出しています。その背景は『就職氷河期世代は、雇用環境が厳しい時期に就職活動を行った世代であり、希望する就職ができず、現在も、不本意ながら不安定な仕事についている、無業の状態にあるなど、様々な課題に直面しているものがいる』と説明されています。あらゆる人々が幸せになれる仕事探しを応援する当社としては、“仕事探しにおいて課題に直面している人が多い”とされる就職氷河期世代を取り巻く環境や課題を明らかにすることで、彼らの仕事探しを応援したいと考え、就職氷河期世代、および、その比較としてゆとり世代・バブル世代を対象に調査を実施しました。

調査は、(1)バブル世代、就職氷河期世代、ゆとり世代の各824名、計2,472名を対象に、仕事探しに関する意識調査(2019年12月末実施)、(2)過去5年間にIndeed上で仕事探しを行う際に検索されたワードから、「ミドル」「シニア」「中高年」「40代」「50代」の5ワードでの仕事検索数トレンドを調査、の2つを実施しました。


<Topics>
1.就職氷河期世代は、ゆとり・就職氷河期・バブル3世代の中で非正規雇用の「経験率」「転職回数」でトップ
2.世代を取り巻く仕事環境の差、ゆとり・バブル世代よりも「仕事が選べない」「昇進・キャリアアップしにくい」就職氷河期世代
3.就職氷河期世代の転職における課題・不満、1位は「年齢や性別が理由で採用されない」
4.(参考)「ミドル」「シニア」等の年代に関連したワードでの仕事検索数は過去5年間で大きく上昇代の転職における課題・不満、1位は「年齢や性別が理由で採用されない」


◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。
(Indeed Japan株式会社/1月15日発表・同社プレスリリースより転載)


ニュースジャンル一覧
雇用・採用(人事サービス)ジャンルのニュース
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会