企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】デザインシコウ デザイン思考

「デザイン思考」とは、建築や服飾、広告などの分野でデザインを行うプロセスや思考方法をビジネスに転用したものです。具体的には、人々のニーズを課題に落とし込み、そこから生まれたアイデアをもとにプロトタイプを作成。顧客やユーザーにテストを行いながらブラッシュアップしていくことで、課題解決を目指します。昨今、経営やマーケティングなど、あらゆる分野で活用されている思考のフレームワークです。

デザイン思考のケーススタディ

なぜ今デザイン思考なのか?
社会構造から見る思考プロセスの変化

ビジネスシーンにおいて、なぜ今、デザイン思考が必要とされているのでしょうか。その理由が、経済環境と産業構造の変化です。「VUCA(ブーカ)」という言葉をご存じの方も多いでしょう。Volatility(変動性・不安定さ)、Uncertainty(不確実性・不確定さ)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性・不明確さ)という四つのキーワードの頭文字を取った言葉で、経営や個人のキャリアを取り巻く環境を示しています。現代は、この「正解がない」環境の中で、ビジネスを行うことが求められる時代なのです。

また、近年はインターネットや流通網が大きく進化しています。インターネットが普及する以前、製品に関する情報が少ない中では、新しい製品が世に出れば多くの人がそれを買い求めました。また、目の前で売られている製品を、疑問を持たずに手に取る人が多くいました。しかし、一人一台スマートフォンを持つようになった現代、私たちは世の中にはあふれるさまざまな商品・サービスの情報を得ることができます。さらに流通が進化したことで、離れた場所で生産された製品でもすぐに手元に届くようになりました。たくさんあるモノの中から、消費者が欲しいものだけを選び取る時代になったのです。

過去のビジネスは企業にユーザーがついていくかたちだったのに対し、現在は企業がユーザーの動きに狙いを定める必要が出てきました。さらに、多くのサービス・製品が溢れる中で、企業にはすでに顕在化しているニーズだけでなく、潜在的なニーズにこたえることが求められています。消費者自身もまだ気が付いていない生活の不便さや、言語化できていないモヤモヤを先回りして探り、解決するには、これまで通りの方法では難しいでしょう。そのため、今、ユーザーの視点から考えるデザイン思考のプロセスが求められているのです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

共創
「共創」とは、多様な立場の人たちと対話しながら、新しい価値を「共」に「創」り上げていくこと。企業の場合は、消費者や協力関係にある企業、社外人材といったステークホルダーを巻き込みながら、プロジェクトを進めていきます。商品を開発・改善したり、広めたりするためのマーケティング手法として、またはイノベーショ...
SaaS
「SaaS」とは、Software as a Serviceの略。日本語に訳すと「サービスとしてのソフトウェア」という意味で、ユーザーが必要な機能を、必要なときに、必要な分だけサービス として利用できるようにしたソフトウェア、もしくはその提供形態をいうIT用語です。ソフトウェアそのものをユーザー側に...
企業遺伝子
長期にわたって企業の組織やそれを構成する人材に共有・継承され、暗黙の前提となっている価値観、信念、行動規範などの体系を「企業遺伝子」あるいは「企業DNA」と呼びます。企業にとっての遺伝子(DNA)とは、いわばその“企業らしさ”。個々の企業のあり方を決定づけ、持続的な競争優位の源泉となる組織文化のこ...

関連する記事

これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?
変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないのがビジネスの難しいところ。そのため、数多い知識・情報の中から、本当に有用なコンテンツを見極め、活用していく能力が必要になる。
2009/05/28掲載注目の記事
柳本直行さん 企業が勝ち残るための「経営品質」
業が長く存続し、発展していくためにはさまざまな要素が必要ですが、そのひとつに「経営品質」という考え方があります。社会経済生産性本部・経営品質推進部部長の柳本直行さんは「企業が勝ち残っていくために追求し続けなければならないもの」だといいます。ビジネス環境が大きく...
2007/03/12掲載キーパーソンが語る“人と組織”
コンプライアンス違反から生じる影響
企業のコンプライアンスに対する姿勢に社会の関心が高まったことで、問題が発生した場合に企業が受けるダメージもいちだんと大きくなった。実際にコンプライアンス違反が原因で倒産した企業、事業の大幅な縮小を余儀なくされた企業は多い。コンプライアンス違反が起こった場合、企...
2013/03/22掲載よくわかる講座

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
分類:[ 経営戦略 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A 感染症対策の実施記録に手間なく体調管理 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ミツイワが「福利厚生サービス」を利用する目的とその効果とは?

ミツイワが「福利厚生サービス」を利用する目的とその効果とは?

人事施策の中でも福利厚生が重要な位置を占めるようになってきている今、ミ...


管理職1年生日記 (第4回)

管理職1年生日記 (第4回)

早いもので、営業の管理職となって1年が過ぎたA氏。Episode1や2...