企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ディープラーニング ディープラーニング(深層学習)

「ディープラーニング(深層学習)」とは、コンピューターが多くのデータから自動的に特徴を抽出し、学習する仕組みのことです。学習の指標などを人間が指示する必要がある「機械学習」をさらに発展させたもので、人間の脳神経回路をまねて作られたアルゴリズムを多層構造化した「ニューラルネットワーク」という枠組みが使われています。これにより、どのような点に注目すべきかを人間が教えなくても、コンピューターが自ら学習し、その性能を高めることができるようになりました。

ディープラーニング(深層学習)のケーススタディ

「AIを使って何かやって」と言われたら?
ディープラーニングは人事の仕事を変えるか

AI(人工知能)とは、人工的に人間の知能を模倣するための技術全般を指します。ディープラーニングは、そのAIを大きく進歩させた技術の一つ。例えば、これまで「猫」の画像を識別させるには、「耳」や「目」のかたちなどの特徴を、法則としてあらかじめ教える必要がありました。その基準に照らし合わせることで、コンピューターはそれが猫の画像かどうかを識別していたのです。猫の画像を「犬」や「虎」の画像と間違えないようにするためには、より正確に特徴を計算するプログラムが必要だとされていました。ところが、ディープラーニングの登場によって、大量の画像からコンピューターが自ら特徴を見つけ出し、学習することで、画像を識別できるようになったのです。

このディープラーニングを用いて注目されたのが、囲碁AIの「AlphaGo(アルファ碁)」です。盤面が広く、着手可能な手が多い囲碁では、「コンピューターが人間に追いつくにはまだまだ時間がかかる」という説が一般的でした。ところが2016年、ディープラーニングによって進化を遂げたAlphaGoが、囲碁世界チャンピオンのイ・セドル氏を破ったのです。これによって、ディープラーニングはその名をとどろかせることになりました。

インターネットが浸透したことで、世の中は大きく変化しました。同じように、新たなテクノロジーであるAIが進化することで、社会に大きな影響がもたらされることが予想されます。膨大なデータから特徴を抽出し分析を行えるディープラーニングは、分野によっては人間以上の能力の発揮が期待できます。

近年、「HRテクノロジー」として、この技術を人事領域に応用することへの期待が高まっています。人工知能研究の第一人者である東京大学大学院 特任准教授の松尾豊氏は、ディープラーニングを人事領域へ活用することで、生産性の向上が期待できると語ります。例えばモニターを通して従業員の表情を分析し、毎日データを積み重ねることで、「〇時〇分になると集中力が切れやすい」といったことがわかるようになります。集中力が落ちた従業員には、いったん休むよう働きかけができるようになるかもしれません。

こうした分析を行う前に、まず重要なのが、自社の人事課題を知ること。それによって、課題解決に向けた手法として、ディープラーニングなどのAIの活用を考えることができます。これまで人間の力ではできなかったことを可能にする新たな技術を学び、取り入れる姿勢が、企業に求められています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ゴーストワーカー
「ゴーストワーカー」とは、AI(人工知能)を機能させるために裏で支えている労働者のことをいいます。AIにタグ付けやラベリング方法を教える存在であることから、AIの教師役とも位置付けられています。AIが十分に人間の働きを理解して作業を自動化できるようになるには、人間が持つ知識や判断基準などを刷り込み、...
AI(人工知能)
AI(人工知能)は現在多くの分野に普及しており、研究者によって、さまざまに定義されています。共通するのは「情報処理を実現するソフトウェアやプログラムを用い、人工的につくられた人のような知能」であること。工場での製造や店舗の分析、メンテナンスサポートなど、さまざまな分野で用いられています。製品やサービ...
シンギュラリティ
「シンギュラリティ」(Singularity)とは、アメリカの発明家で人工知能研究の世界的権威であるレイ・カーツワイルらが示した未来予測の概念で、一つの仮説として想定され得る、“人工知能(AI)が人間の能力を超える時点”を意味する言葉です。日本語では「技術的特異点」と訳されます。「シンギュラリティ」...

関連する記事

井上智洋さん: AIが雇用を変え、働き方を変え、社会を変える “全人口の1割しか働かない未来”の幸福論とは(前編)
21世紀は「人工知能(Artificial Intelligence,AI)の世紀」になると言われています。「2030年頃には、人間並みにさまざまな知的課題をこなす“汎用人工知能”が実現すると言われています。普及すれば、社会や経済のあり方は劇的に転換するでしょ...
2017/07/07掲載キーパーソンが語る“人と組織”
「人事部門内でメンバーにAI導入の意思がある」企業の割合は15.9%
人事部門内における人工知能(AI)の活用について複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのは「人事内の特定のメンバーにAI導入の意思がある」で、15.9%。しかし、その他の活用状況は1けた台の前半にとどまっている。それに対して、「いずれにも該当しない」は80....
2017/07/19掲載人事白書 調査レポート
井上智洋さん: AIが雇用を変え、働き方を変え、社会を変える “全人口の1割しか働かない未来”の幸福論とは(後編)
「いまから30年後には、全人口の1割ほどしか働いていない社会になる」――AIの最先端に精通する駒澤大学准教授の井上智洋先生が描く未来図は衝撃的です。人手不足が深刻化する現状から考えると、機械に仕事を奪われて失業が増大するというシナリオはにわかにイメージできませ...
2017/07/14掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

学習塾の人事制度について
人事制度の抜本的な改革に取り組もうとしております。学習塾を専門としたコンサルタントをご紹介いただけないでしょうか。
人事と労務の定義
人事と労務の区分け基準はありますか?
人事について
掲題について人事の先輩の皆様へご相談です。 企業における人事の存在って何でしょうか? 人事の大義って何でしょうか? 勤務してから約1年たっただけですが..まだまだ半人前の私です。 この意味を少しでもいいのでご教授頂けないでしょうか。 宜しくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]
分類:[ 戦略的人事 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 感染症対策の実施記録に手間なく体調管理 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...


企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

さまざまな事業領域でAI(人工知能)が活用されています。そのため、ます...