企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ポリティカルコレクトネス ポリティカル・コレクトネス

「ポリティカル・コレクトネス(political correctness)」は直訳すると「政治的な正しさ」。そこから転じて、政治的・社会的に公正かつ中立的で、差別や偏見が含まれていない言葉を言います。1980年代に米国で始まった概念で、人種や民族・文化・宗教・容姿や身分といった、差別や分断につながる表現を無くしていくために、偏った用語や表現を追放する活動が行われました。この概念は世界中に広がり、各国で表現の言い換えや改訂につながっています。
(2018/5/14掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポリティカル・コレクトネスのケーススタディ

「保母」は「保育士」に
不適切を意識しすぎる「ポリコレ疲れ」も

言葉とは不思議なもので、それが指し示す物事のイメージを左右する力を持ちます。日本におけるポリティカル・コレクトネスとして分かりやすいのは「保育士」。かつては「保母」と呼ばれていましたが、これでは女性しか就けない職業のようです。同様に、「看護婦」も「看護師」と呼ばれるようになりました。総務省の国勢調査によると、保育士も看護師も、ここ10年で男性の割合が増しています。名称を変えるだけで、職業におけるジェンダーギャップを多少なりとも是正できた一例でしょう。

本国アメリカでも、多くの表現が改訂されています。例えば写真家を表す英語。日本語ではいまだに「カメラマン」と呼ばれることが多いですが、「フォトグラファー」が中立的な言葉として推奨されるようになりました。「~man」という表現は女性差別的だとして、「チェアマン(議長)」から「チェアパーソンへ」、「ファイアマン(消防官)」は「ファイアファイター」へと表現を変えていきました。

また、ポリティカル・コレクトネスは言葉だけではありません。20年ほど前と比べて、テレビ番組も企業の広告も社会的な公正に配慮し、差別的なものが減っています。

一方で、社会が「不適切」を過度に恐れて窮屈になっているという、「ポリコレ疲れ」を主張する人たちもいます。2016年のアメリカ大統領選挙で、多くの人の予想に反してトランプ政権が誕生したのは、行き過ぎたポリティカル・コレクトネスを嫌う人々が、ポリティカル・コレクトネスに批判的なトランプ氏を支持したからだ、という論調もありました。

本来は分断を減らすために始まった、ポリティカル・コレクトネスが新たな分断を引き起こしてしまうとは、なんという皮肉でしょう。「ポリコレ疲れ」の原因の一つは、本来の“配慮”から“リスクヘッジ”のために使われてしまっていることのようです。現代人は今一度、ポリティカル・コレクトネスとは何かを捉えなおす必要があるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

コンテクスト
「コンテクスト」(Context)は文脈、脈絡、状況と訳され、コミュニケーションの基盤となる文化の共有度合いといった意味で使われます。また、「ハイコンテクスト文化」とはコンテクストの共有性が高く、一つひとつ言葉で説明しなくても察し合うことでわかる文化のことで、日本は世界でもハイコンテクストな国として...
スラッシャー
「スラッシャー」とは、複数の肩書を持つ人たちのこと。プロフィールなどで職業を記載する際に「モデル/プログラマー」「税理士/ライター」などと、複数の肩書を「/(スラッシュ)」で区切ることから、一つの分野にとどまらず幅広く活躍する人のことをスラッシャーと呼ぶようになりました。アメリカの作家Marci A...
ジェンダーハラスメント
「ジェンダーハラスメント」とは、ジェンダーロール(性別によって期待される社会的役割)に基づいたハラスメント行為のことを指します。例えば、女性従業員にだけお茶くみをさせたり、来客者の接遇をさせたりすることなど。男性従業員を「男のくせに」といった言葉で罵ることなど、セクシュアルハラスメントが性的な嫌がら...

関連する記事

齋藤孝さん 部下を育てる言葉、ダメにしてしまう言葉
部下がやる気をなくすのも起こすのも上司の言葉しだい、と言えるかもしれませんが、では、上司は部下をステップアップさせるためにどんな言葉をかけたらいいのか。逆に、上司と部下の人間関係を険悪にしてしまうのは、お互いのどういう言葉なのでしょうか? 近著『嫌われる言葉―...
2004/12/13掲載キーパーソンが語る“人と組織”
田坂広志さん よい会社とは何か ―日本型CSRに求められる7つの条件―
日本型経営の視点から「よい会社とは何か」について「7つの条件」を述べよう。そのことを通じて「日本型CSR」のめざすべき企業像、21世紀に我が国の企業がめざすべき企業像を論じよう。
2005/01/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
日本の人事部「HRアカデミー2019」夏期講座 従業員の「仕事」と「育児」の両立支援~いま、人事が取り組むべきこと~
従業員の仕事と育児の両立を支援するうえで欠かせない「育児休業制度」。しかし、その利用状況を見ると、男女間に大きなギャップが存在する。女性の育休取得率が80%台であるのに対して、男性は10%に満たないのだ。男性が育休を取得しないのは、「業務の多忙」「育休を取得し...
2019/10/21掲載イベントレポート

関連するQ&A

就業規則の表現で教えてください
お世話になります。中小企業の人事・労務の担当を一人でしております。(相談する人がいません。) 当社では休日について4週で4日と定めております。 実際の就業規則には、『休日は4週で5日をくだることはない。』と表現されています。 5日をくだらない、ということは4週で5日間は必ずある、と解釈されること...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング 介護休業取得応援奨励金 - 東京しごと財団

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...