企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ソーシャルレコグニション ソーシャル・レコグニション

「レコグニション(recognition)」とは、承認・認識という意味です。人事制度の中では、永年勤続表彰やMVPといった業績表彰が、組織におけるレコグニション制度に当たります。これにソーシャルが加わった「ソーシャル・レコグニション」は、組織においてメンバー同士が互いを承認しあうこと、また、その仕組みのこと。最近では、社員同士が気軽に褒め合える社内向けのツールも登場し、社員のモチベーションアップや人事評価制度を補助する目的で導入する企業が増えています。
(2018/1/12掲載)

ソーシャル・レコグニションのケーススタディ

昇給・昇格に変わるモチベーションアップの手法として、
ピアツーピアの「称賛システム」が登場

従業員が仕事にやりがいを見出すのはどんなときでしょうか。お客様から感謝されたとき、手塩にかけた製品が世の中にリリースされたとき、営業ノルマを達成したときなど、仕事を通して大きな喜びを手にするシーンは、人それぞれ。反対に、会社が嫌になるのはどんなときでしょうか。離職理由の上位には、人間関係が原因で会社の空気が悪い、適正に評価されていないと感じる、などが挙がっています。

人材不足と言われる現在、新たな人材の採用とあわせて、優秀な人材を流出させないための企業努力が必要になっています。従業員のエンゲージメントを高めるためには、昇給や昇格が有効と思われがちですが、一時的な幸福感は得られても永続的な愛社精神の高まりには結び付きません。昇給や昇格に代わる永続的なモチベーションアップ策として注目されているのが、ソーシャル・レコグニションです。

世界的にも、ピアツーピアで感謝を伝える「Achievers」や360度評価を活用した「Bonusly」などのサービスが登場し、ソーシャル・レコグニションを職場環境の改善につなげようとする取り組みが増えています。従業員同士が感謝や称賛を伝えあう手法は、企業にどのような効果をもたらすのでしょうか。

Fringe81が提供する「Unipos(ユニポス)」は、メンバーからの称賛を実際の成果給(ピアボーナス)として受け取ることができるサービス。従業員一人ひとりが一定のポイントを持ち、「誰に」「いくら」送るかを決めることができます。投稿は公開で行われるため、その感謝に心を動かされれば周囲も“便乗”することができ、称賛した人・された人の双方にポイントが渡される仕組みになっています。

このサービスでは、数字で成果の見えやすい営業職など、上司から見えやすい定量成果だけでなく、「あまり目立たないけれど、痒い所に手が届く良い仕事をしてくれる人」も救い上げることができます。成果を数字で測りづらい職種の従業員でも、カジュアルかつオープンに賞賛され、給与にも反映されることによって、公平性や納得感を得ながら働くことができるのです。

ソーシャル・レコグニションの価値は、単に褒め合って気分を良くすることではなく、組織の中で自分の存在が肯定されることにあります。昇給・昇格による、大きいけれど一時的な幸福感と、称賛システムがもたらす、小さいけれど高頻度で内発的な幸福感。社員のエンゲージメントを高めるために企業ができることは、まだまだありそうです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

エンゲージメント
「エンゲージメント」とは、従業員の会社に対する「愛着心」や「思い入れ」をあらわすものと解釈されますが、より踏み込んだ考え方としては、「個人と組織が一体となり、双方の成長に貢献しあう関係」のことをいいます。近年、若年層の職業観の変化や終身雇用制度の崩壊、少子化に伴う人手不足が進み、企業は長期的観点から...
ピアボーナス
「ピアボーナス」とは、従業員同士が互いに報酬を贈り合うことができる仕組みのことで、「peer(仲間)」と「bonus(報酬)」が一つになってできた言葉です。なかなか評価しづらい日常業務の中でのよい働きや、仲間への配慮ある行動などに対して、同僚などが感謝の印として報酬を贈る。本来、金銭的な報酬を与える...
エンプロイー・エクスペリエンス
「エンプロイー・エクスペリエンス」(Employee Experience)とは、直訳すれば「従業員の経験」であり、従業員が企業や組織の中で体験する経験価値を意味します。従業員のエンゲージメントや組織文化といったものを超えた概念であり、従業員の健康や組織としての一体感などに影響する要素すべてを対象と...

関連する記事

4.モチベーション・組織活性化研修の企画・導入のポイント 
モチベーション研修、組織活性化研修を導入する際、最大限の効果を上げるために踏まえておきたい4つのポイントを解説。
2013/01/09掲載よくわかる講座
1. モチベーション研修・組織活性化研修とは
「モチベーション」は一般的に、「やる気」や「動機づけ」と訳される。モチベーションが個人のアウトプットや生産性に大きく影響するが、個人の集まりである組織でも同様だ。では、一人ひとりのモチベーションを高め、組織を活性化させていくためには、どうすればいいのか。その考...
2013/01/09掲載よくわかる講座
2.モチベーション・組織活性化をめぐる近年の傾向 
社員のモチベーション向上が経営上の重要テーマとなっているが、多くの日本企業では「モチベーションクライシス」と呼ばれる状況が発生している。右肩上がりの成長が見込めない中、社員はモチベーションが保てず、生産性が著しく低下している。この章では、こうした日本における現...
2013/01/09掲載よくわかる講座

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
昇格の意味・効果
いつも大変お世話になっております。 昇格について以下、お聞かせ下さい。 昇格とは1年間の評価・実績より優秀であったものを上位職へつかせる ということだと認識しています。 しかし、すべて人事考課のような評価だけで決められないことも多々あり、 評価以外の部分で昇格を決めることもあると思います。 そう...
定期昇給について
いつもお世話になっております。 定期昇給制度について伺いたいことがあります。 定期昇給というのは、1年のうち定期に昇給する制度であり、 それにはまた自動昇給、査定昇給、昇格昇給があるとどっかの資料で見つけました。 -自動昇給:毎年自動的に昇給する -査定昇給:業績、成果に基づき昇給する -昇格...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事制度 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


イノベーションを生み出せるのは“現場”<br />
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

イノベーションを生み出せるのは“現場”
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

変化の激しい現在、企業には、市場の変化にスピーディーに対応したビジネス...