無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】デリバラブル デリバラブル

「デリバラブル」(deliverable)とは、英語のdeliver(=届ける、もたらす)+able(=できる)の組み合わせが語源で、直訳すると「提供できる、もたらすことができる」という意味です。人材マネジメントなどの領域において、個人や組織が誰かに何かを提供して役に立つことを、あるいは提供する価値そのものを「デリバラブル」と表現します。仕事のあり方や存在意義について考える上で、「何をしているか」という行動の内容ではなく、「誰に、何をもたらしているか」「どのように役に立っているか」――提供価値や果たす役割の内容を問う「デリバラブル」の視点はきわめて重要です。
(2016/6/24掲載)

デリバラブルのケーススタディ

仕事や組織のあり方を定義する新しい視点
「誰にどんな価値を提供できるか」に注目

これからの人材マネジメント(HRM)はどのような方向に向かうのか、そのけん引役を担う人事部はどうあるべきか――その問いに答えるための一つの視点として、「デリバラブル」という考え方が注目されています。従来のHRMが、人材採用や育成、評価、処遇といった個別の活動を重視していたのに対し、「デリバラブル」志向のHRMは、個々の活動よりも、HRM全体として果たすべき役割や提供すべき価値は何かという観点から、HRMやそれを推進する人事部門のあり方を構想するのが特徴です。

「デリバラブル」の考え方を理解するために対置されるのが、「ドゥアブル」(doable)という言葉です。これはdo(=する)+able(=できる)の組み合わせで、「やろうと思えば(その結果、何がもたらされるかはさておき)、実際に行為としてできる」ことを表します。東京大学准教授の中原淳さんは、このドゥアブルとの対比を通じて、デリバラブルの考え方を次のように分かりやすく説明しています。

「あなたの仕事は何ですか」と問われたとき、たとえば「開発研究です」「調査をやっています」と答えるのがドゥアブル。仕事を、自分に「できること」として捉えているからです。これに対して、デリバラブルの視点から先の質問に答えるとすると、「顧客の問題解決につながる開発研究をしています」「現場の役に立つような調査を実施しています」というふうになります。「何ができるか」という行為の内容ではなく、その行為の結果、「誰に、何をもたらすことができるのか」がデリバラブル。仕事を通じて何らかの価値をもたらす“宛先”と、その提供価値の内容が問われるわけです。

戦略と成果を結びつけるHRMのあり方を考える目的のために、デリバラブルの概念を初めて提起したのは、著書『MBAの人材戦略』で知られるミシガン大学スティーブン・M・ロス・スクール・オブ・ビジネスのデイビッド・ウルリッチ教授でした。ウルリッチ教授は、人事部門があるおかげで、ライン・マネジャーや顧客、取引先などにどのようなプラスがあるかという観点から、つまり「ドゥアブル」よりも「デリバラブル」の発想によって、人事部門の機能は再定義されなければならないと述べています。それが、有名な“人事部の役割の4分類”――伝統的な業務としての「管理エキスパート」(人事制度に基づいて精密に人材を管理する)と「従業員チャンピオン」(従業員代表としてその声を経営に届け、従業員への支援を行う)、戦略的な仕事としての「戦略パートナー」(経営戦略達成に向けて人事・組織面からサポートする)と「変革エージェント」(組織・風土改革を進める)という四つの機能を示したフレームです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード