無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ニンカツ 妊活

「妊活」とは、妊娠・出産を望む男女が妊娠・出産を想定したライフプランを立て、妊娠に関する知識を学んだり、妊娠にむけて体調管理を心がけたりすること。不妊治療を含めた、妊娠・出産を目指す活動全般をいいます。近年は、キャリアと妊娠・出産の両立に悩むケースも多く、企業が不妊治療のための休暇制度を設けるなど、子どもを持ちたい社員の「妊活」を支援する動きが広がっています。
(2016/4/26掲載)

妊活のケーススタディ

子供が欲しい――社員の悩みを企業が支援
不妊治療のための休暇・休職制度も増加

晩婚化と晩産化が進む日本にとって、不妊は少子化を加速させる一因となる深刻な問題です。国立社会保障・人口問題研究所によると、夫婦の六組に一組は不妊治療や検査を経験しているといいます。日本産科婦人科学会の調べでは、高度な不妊治療である体外受精で産まれた子どもの割合は、約10年前は75人に1人でしたが、いまでは27人に1人に増加。学校なら、クラスに1人はいる計算です。

不妊治療が普及し、進化しても、仕事と治療を両立させることは容易ではありません。検査や注射、体外受精などで頻繁に通院しなければならず、しかも治療を受ける人は主に30、40代の働き盛り。会社で重要なポジションを任されていることも多いため、上司や同僚にも話せないまま、治療への焦りと仕事に対する責任感との板挟みで苦しみやすいのです。最初のうちは休暇や早退、中抜けなどを使ってしのいでいても、治療が長引くほど対応が難しくなり、「これ以上職場に迷惑をかけられない」と自ら退職を選ぶケースもあります。子供を望むのは個人の自由ですが、職場環境がそれを許さず、結果として優秀な人材の活躍を妨げるのであれば、企業としても看過できません。

最近では、子どもを望み、妊娠・出産を目指す社員の「妊活」を支援する企業が増えています。サイバーエージェントでは、2014年から女性の活躍を促進する総合制度「マカロンパッケージ」を導入、その中に妊活支援策を盛り込みました。外部の専門家を呼んで、個別に妊活に関するカウンセリングを行う「妊活コンシェル」や、不妊治療の通院などで休暇を取得できる「妊活休暇」です。キリンビールも、仕事と育児・介護との両立支援のためのファミリーサポート休暇制度の一つとして、不妊治療の通院などに使える休暇制度を09年から導入しています。また、富士ゼロックスやオムロン、パナソニックのように、不妊治療に専念するための休業・休職制度を設ける企業も増えています。

医学的には、女性は年齢を重ねるほど妊娠しづらくなり、30代半ばでは22歳の半分の確率になるといわれます。しかし、一方でそうした妊娠・出産の現実に関する社会的な理解は、いまだ十分に進んでいません。年齢の影響もきちんと把握した上で、望む人々が望むタイミングで子供を授かれるように支援することが、少子化の波を押しとどめる一助となる。職場でもそうした意識を醸成し、具体的な施策で後押しすることが求められています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード