企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ザイタクシュウギョウショウガイシャシエンセイド 在宅就業障害者支援制度

「在宅就業障害者支援制度」とは、自宅もしくは福祉施設などで働く障害者に仕事を発注する企業に対して、障害者雇用納付金制度から助成金(特例調整金・特例報奨金)を支給する制度。障害者の就業機会拡大を図る障害者雇用促進法に定められ、2006年に導入されました。同制度では、自宅などで就業する障害者と仕事を発注したい企業を仲介する「在宅就業支援団体」(在宅就業障害者への支援を行う団体として厚生労働大臣に申請し、登録を受けた法人)の登録を行っており、企業が同団体を通じて障害者に仕事を発注する場合も、特例調整金・報奨金が支給されます。今年4月からは支給基準が緩和され、人手不足に悩む企業による活用の広がりが期待されています。
(2015/6/11掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅就業障害者支援制度のケーススタディ

障害者と人手不足の企業、双方にメリット
助成金支給基準引き下げで活用促進に期待

「在宅就業障害者支援制度」の実績件数をみると、導入初年度の06年度は0件。以後、企業が同制度を活用する例は徐々に増えてはいるものの、13年度は11件で、累計でも全国で67件にとどまっています。その中の一つが、12年から活用を始めた神奈川県のスーパー「しまむら」(平塚市)。同店では、社会福祉法人「進和学園」(同市)が運営する福祉施設の就労継続支援B型(非雇用)の利用者が、清掃や商品の袋詰め、陳列棚の整理などの業務に励んでいます。

しまむらはすでに障害者の法定雇用率を達成しており、経営上、さらなる雇用は難しいのが実情でした。そこで、在宅就業支援団体の提案・仲介を容れ、スーパー業界で初めて在宅就業障害者支援制度を活用。業務請負(施設外就労)の形態で、障害者を受け入れることにしたのです。業務請負なら、施設外での就労であっても、直接の就業先である福祉施設側のスタッフが障害者の人事管理や指導などにあたるため、発注する企業は助成金の対象となります。仕事そのものも安心して任せられ、人手不足に悩む企業には労働力の確保に好都合。障害者も一般の人々と触れ合いながら働くことで成長できるなど、双方にメリットの大きい制度と言えるでしょう。

在宅就業障害者支援制度を活用した仕事の発注内容は、他にもウェブデザインや食料品生産、病院の清掃、自動車部品の組み立てなど、多岐に渡っています。進和学園には、本田技研工業からも制度を活用した仕事の発注があり、ホンダは08年度より自動車メーカーで唯一、国から特例調整金を受給しています。

とはいえ、先述したとおり、これまでの制度の活用状況は総じて低調でした。従来は、障害者に年間総額105万円以上の発注をした企業に6万3000円の特例調整金が支給(従業員200人以下の企業の場合は5万1000円の特例報奨金)されましたが、今春からは制度活用を促すためにこの基準が引き下げられ、企業が35万円以上の発注を行うたびに2万1000円の特例調整金が支給(報奨金は1万7000円)されることになりました。小口の発注も受給対象に含めることで、企業に仕事を出しやすくするのが狙いです。ただし、同制度の場合、企業が障害者に仕事を発注するだけで、直接雇用するわけではないため、障害者の雇用を義務づける法定雇用率には加算されません。支援団体などからは、制度活用のインセンティブとして、仕事を発注した場合も法定雇用率に加算する『みなし雇用』の導入を検討すべき、という声が上がっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

法定雇用率
「障害者の雇用の促進等に関する法律(障害者雇用促進法)」によって定められた割合。民間企業・国・地方公共団体に対し、それぞれの雇用割合が設けられており、それに相当する人数の身体障害者または知的障害者を雇用しなければなりません。
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍をき...
トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。

関連する記事

人事制度構築フロー
人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
2013/04/26掲載よくわかる講座
人事制度とは -意義・基本-
経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させ...
2013/04/26掲載よくわかる講座
「確定拠出年金」と「確定給付企業年金」新企業年金制度の導入パターンを探る
新企業年金制度と企業をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/04/25掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
社員紹介制度の導入について
当社で社員紹介制度の導入を検討しておりますが、最近、コンプライアンスの関係から紹介制度を途中で打ち切った企業もあると聞いており、世間ではこの制度の受け止め方として慎重な動きになっているのでしょうか。
退職金制度について
当社は平成9年設立の外資系企業です。これまで当社では退職金制度がなかったのですが、今年は他の日本の企業に倣い退職金制度を導入する予定です。 最近の退職金制度でよいと言われているものや、それらのメリット、デメリットや注意点等を教えていただけますでしょうか。 よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング POSITIVE最新版にAI搭載

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....