無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】アスリートシャイン アスリート社員

「アスリート社員」とは、企業に社員として籍を置きながら競技に打ち込むアスリートのことで、本業とスポーツとの両立を図り、双方での成果と実績をもって自社に貢献できる人材を指します。厳しい勝負や練習を通じて培われたメンタルタフネス、チームワークや礼節を重んじる気持ちなど、スポーツ選手ならではの優れた資質をビジネスにも生かせるのがアスリート社員の強みです。企業スポーツを取り巻く環境は依然として厳しいものの、一方で単なる“広告塔”や社会貢献目的ではなく、純粋に戦力としてアスリートを雇用しようとする動きが、競争の激しい分野や人材難の業種を中心に広がり始めています。
(2015/1/22掲載)

アスリート社員のケーススタディ

体力以上に期待されるのは精神力の強さ
特別扱いなしで競技と仕事の両立を支援

一つの競技に打ち込み、優秀な成績を収めてきた現役のスポーツ選手を、企業が「アスリート社員」として採用し、ビジネス面での戦力化を前提に、仕事と競技との両立を支援する取り組みが注目されています。

とび・土工事業などを手がける深谷組(さいたま市)は、2007年から「アスリート採用」をスタート。いわゆる体育会系の学生にターゲットを絞った採用活動を積極化し、入社後も社内外のクラブチームで競技生活を続けられるように、活動費や休暇取得をサポートしています。アスリート採用を始める前の同社は、若手の離職率が高く、毎年新卒で10人以上採っても、その大半が辞めていくという状況が続いていました。そこで会社に残っている若手の経歴を調べたところ、学生時代にスポーツに打ち込んでいた社員が多く、特に野球部出身者の定着率が高いことが明らかに。人手不足が深刻な建設業の担い手を発掘し確保・定着を図るには、体育会学生の採用に力を入れ、競技と仕事との両立を支援しながら活用していくことが必要と判断したのが、アスリート社員導入のきっかけでした。14年度までに20人程度が同採用枠で入社しています(日経コンストラクション2014年8月11日号より)。

飲食店運営や酒類・飲料の卸売業などを営む阪神酒販(神戸市)でも、三段跳びやレスリング、セパタクローといった競技の日本代表クラスの選手がアスリート社員として活躍しています。海外遠征などの際の勤務融通を除けば、原則特別扱いはなし。フルタイムで働く総合職社員としての採用です。練習量は限られるものの、短時間に集中する工夫と生活の安定が奏功し、競技でも本業でも着実に成績を伸ばしているといいます。

キャリアやスキルでの差別化が困難な新卒採用では、もともと体育会系の人材は人気が高く、就職人気ランキングの上位を占める大企業、有名企業では新卒採用の30%以上が体育会の出身者だというデータもあるほどです。なぜ、彼らはそうした企業に選ばれるのでしょうか。もちろん“体力”は大きな要素ですが、体の強さ以上に大切なのは心の強さ。体育会出身者の採用・就職支援を専門に手がけるアスリートプランニングの山崎秀人社長によると、企業が体育会学生に求めるのは「先輩・後輩のタテ社会や組織の中で揉まれた経験であり、そこから生まれるメンタルの強さ」です。先述の深谷組もアスリート社員に期待する点として、「フォア・ザ・チーム(チームのため)の気持ちや練習で鍛えた強い精神力は仕事にもプラスになる」と分析しています。

かつて自社PRや社員の一体感の醸成、社会貢献などを目的にスポーツを支援していた企業は、バブル崩壊後、目的に対する費用対効果を見出せず、続々とスポーツから離れていきました。しかし、一流のアスリートがビジネスパーソンとしても有能であるならば、厳しい企業間競争を勝ち抜くために、彼らを戦力化しない手はありません。スポーツだけやっていればいいという特別扱いを排し、フルタイム勤務を前提に、仕事と競技の両立をどこまで支援できるかがポイントでしょう。2020年東京オリンピック開催に向けて、アスリート人口は拡大必至。新たな有望人材の宝庫から目が離せません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート

関連するキーワード