企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ハッカソン ハッカソン

「ハッカソン」(hackathon)とは、広い意味でソフトウェアのエンジニアリングを指す“ハック”(hack)とマラソン(marathon)を組み合わせた米IT業界発祥の造語で、もともとはプログラマーやデザイナーから成る複数の参加チームが、マラソンのように、数時間から数日間の与えられた時間を徹してプログラミングに没頭し、アイデアや成果を競い合う開発イベントのことをいいます。企業や各種団体によって開催されることが多く、近年はIT業界以外の分野にも拡大。組織の壁を超えて優れた発想を取り込み、新しい商品やサービスの創出につなげる“オープンイノベーション”の手法の一つとして、日本国内でもさまざまな企業が活用し始めています。
(2014/10/8掲載)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハッカソンのケーススタディ

「いいね!」を生んだ徹夜の開発イベント
ITから他業種へ広がるアイデア発掘の場

ソフトウェア開発の分野で「ハッカソン」という言葉が使われ始めたのは20世紀末。2000年代半ばから後半には米国の主要なIT企業やベンチャーキャピタルに普及し、新しい技術やサービスが迅速に創出・提供される場として重視されるようになりました。例えばFacebookの代名詞ともいえる「いいね!」ボタンが、同社創業時から行われている、恒例の社内ハッカソンイベントを通じて生まれたサービスであることは有名です。同社の典型的なハッカソンでは、呼び掛けに応じた参加者が午後7時ごろに一堂に会し、プログラミングを開始。10時ごろにはファストフードの夜食が提供され、翌朝6時ごろまで徹夜でプログラミングを続けるというのですから、なるほど「マラソン」の名に偽りはありません。多数の開発者が集中して短期間で一気に仕上げることから、アイデアの発掘が期待でき、開発ニーズに迅速に対応できるのがハッカソンの最大の強みです。

国内でも近年、大手インターネット関連企業がいち早く開催に乗り出しました。楽天やヤフージャパン、グーグルなどが定期的に社内ハッカソンを行っているほか、社外からもオープンに参加者を募るハッカソンイベントが各地で多数催され、盛況を博しています。さらにここへきて、IT業界に限らず、さまざまな異分野にも活用事例が広がってきていて、日本独自の新しいハッカソンの展開として注目されています。

昨年10月には、パナソニックが「今までにない記憶/記録を残すプロダクト」というテーマで、「One Panasonic Hackathon」と題するイベントを開催。同年11月には、シャープが大阪市との共催で、ロボット掃除機のアプリケーションを競う「CoCreation Jam」を行い、話題を集めました。

ユニークなところでは、飲料メーカーの伊藤園のアメリカ法人が今年3月に米シリコンバレーで開いた、お茶の新しい飲み方のヒントを探るハッカソンが挙げられます。テーマは「サンフランシスコで甘い飲み物を飲む人の半分を甘みのない飲み物を飲む人にする方法」で、「茶ッカソン」と名づけられました。また、ハッカソンをオープンイノベーション推進の一環と位置づける富士通やトヨタは、社内や同業者からは出てこないような斬新な発想を求めて、広く外部人材を交えたハッカソンを今年4月と9月にそれぞれ開催しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ITSS
経済産業省が策定した、IT関連サービスに必要とされる能力を明確化・体系化した指標です。SSはスキル・スタンダードの略で、「ITスキル標準」という言い方もします。
アクイ・ハイヤー
「アクイ・ハイヤー」(acqui-hire)とは、英語の買収(acquisition)と雇用(hire)を掛け合わせた造語で、買収による人材獲得という意味です。大企業が、優秀なエンジニアや開発チームを獲得するために、そうした人材が所属する零細ベンチャー企業をまるごと買収する手法を指します。2000年...
B to E
「B to E」とは、Business to Employeeの略で、企業の従業員(Employee)向けに提供されるサービスのことです。企業間取引を指すB to B(Business to Business)や企業と一般消費者との取引であるB to C(Business to Consumer)な...

関連する記事

中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(後編)
組織開発をどのように進めていけばいいのか、また、その際に人事部はどう関わっていけばいいのかなどについて、組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに具体的な話をうかがっていきます。
2015/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
研修・人材育成とは
人材育成のために、今、企業に求められていることは何か。企業における人材育成の現状について確認し、今後、どのような対策を行っていけばいいのか、進むべき方向性を整理した。
2012/10/12掲載よくわかる講座
中原 孝子さん~日本の「人材開発担当者」に足りないものとは ~人材開発のプロになるために~
ASTD(American Society for Training & Development=米国人材開発機構)は、米国ヴァージニア州アレクサンドリアに本部を置く世界最大の人材開発・パフォーマンスに関する会員制組織です。日本企業の人材開発部門は、海外と比較...
2012/02/20掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するキーワード

分類:[ 経営戦略 ]
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「処遇」から「目標達成」へ<br />
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

「処遇」から「目標達成」へ
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく...