企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ムギョウシャカイ 無業社会

「無業社会」とは、無業である若者(若年無業者)が増えている社会のあり方を表す言葉で、仕事を失いやすく、誰もが若年無業者になる可能性があるにもかかわらず、いったんその状態になってしまうと抜け出しにくい社会を意味します。若者の就労支援活動に取り組む特定非営利活動法人「育て上げネット」理事長の工藤啓氏と、社会学者で立命館大学特別招聘准教授の西田亮介氏の共著『無業社会―働くことのできない若者たちの未来』で提唱された概念です。
(2014/10/8掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無業社会のケーススタディ

求職型を含む若年無業者は220万人以上
甘えでも怠惰でもない、働けない理由とは

先述の工藤氏と西田氏は昨年、若年無業者を対象にアンケート調査を行い、その結果を『若年無業者白書―その実態と社会経済構造分析』として発表しました。「無業社会」の実態を民間が自ら調べ、白書にまとめたのは初めてのことです。

若年無業者とは誰を指しているのでしょうか。本白書では「高校や大学および予備校・専修学校に通学しておらず、独身者で、ふだん収入を伴う仕事をしていない15~39歳までの個人」と定義しています。工藤氏らはこれに該当する調査対象者を、2005年に内閣府がまとめた「青少年の就労支援に関する研究調査」における若年無業者の3類型にそって分類し、調査分析を進めました。それによると若年無業者は、(1)就業希望を表明し、かつ求職活動を行っている「求職型」、(2)就業を希望しながら求職活動を起こしていない「非求職型」、(3)就業希望を表明していない「非希望型」の三つに分けられます。

注目すべきは、就職活動をしている(1)の「求職型」――一般には“完全失業者”として認識される層を若年無業者に含めている点です。そもそも本調査でアンケートを実施した対象は、工藤氏主催のNPOが東京、神奈川、埼玉、大阪で実施している国の「地域若者サポートステーション」や、自治体の合宿事業など約30業を利用した人々で、12年1月~13年6月に来訪した15~39歳の2333人でした。つまり、厳密な意味での“引きこもり”状態にある人とは違い、あくまで就労支援機関を訪れた若者のデータだということです。(2)の「非求職型」、(3)の「非希望型」についても、求職活動こそ起こせていないものの、あるいは就職希望こそ表明していないものの、支援機関に足を向けていることから“意欲そのものは失っていない人”と位置づけています。若年無業者というと、いわゆるニートやひきこもりと混同されがちですが、白書ではそうした偏見や先入観とは一線を画し、働きたくても働けない若者の現実に着目。そうした層が拡大している「無業社会」の一端を明らかにしたことが大きなポイントとなっています。

工藤氏らの推計によると、こうした「求職型」を含む15~39歳の若年無業者の数は、国内で220万人を超えるといいます。彼らに対する世間の風当たりは強く、「たんなる甘え」「もとから働く気のない怠け者」といった誤解も少なくありません。しかし調査の結果、若年無業者全体の7割超が1年以上の職歴を有し、「非希望型」でも19.5%が正社員として、35.8%が非正規として働いた経験を持つことが分かりました。最後に働いていた職場に3年以上勤務していた人は31.2%、1年以上3年未満の人を足すと59.2%にのぼります。彼らは働く気がなかったわけではなく、逆にいえば、一度就職できたからといって、無業状態に陥らない保証はないということでしょう。また国の統計でも、工藤氏らのアンケート調査の結果でも、無業状態に陥るきっかけとなった理由の第一は実は「病気やけがのため」で、他の理由より圧倒的に多くなっています。

学校を卒業して、就職しようにもできない。就職できても、劣悪な働き方を強いられて退職に追い込まれる。「怠けている」「考えが甘い」などの自己責任論では必ずしも片づけられない理由によって無業状態に陥る若者の存在は、労働力人口が減少する中、決して見過ごせない問題です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ユースエール
若者雇用促進法に基づき、若者の採用・育成に積極的で若者の雇用管理状況などが優良な中小企業を、厚生労働大臣が「ユースエール認定企業」として認定する制度が2015年10月から新しくスタートしました。「ユースエール」とは、この認定企業が取得・使用できる認定マークの愛称。若者(youth)にエールを送る事業...
就職内定率
就職希望者に対する就職内定者の割合(%)のことです。高等学校や大学などの卒業予定者を対象に、文部科学省や厚生労働省が年に数回行っている「就職内定状況に関する調査」の中で公表しています。
未活用労働指標
「未活用労働指標」とは、労働力人口と潜在労働力人口のうち、未活用を示す失業者、追加就労希望就業者、潜在労働力人口の割合を示す数値です。総務省は2018年1~3月期から新たに、労働力調査において「未活用労働指標」の公表を始めました。これまで労働市場を表す一つの指標として示されていた「完全失業率」に加え...

関連する記事

本田由紀さん 働く意欲のない「ニート」は10年前から増えていない
職探しも通学・職業訓練もしない若年無業者――「ニート」は今年の流行語大賞に選ばれてもおかしくないでしょう。でも、実際に「ニート」とはどんな若者なのか判然としない、とか、いろいろなデータを見せられても「ニート」像が結べないという声も少なくありません。今も、本当に...
2005/07/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
パート・アルバイト募集のポイント
アイデム人と仕事研究所が独自で行っている調査から、求職者の意識やこだわりなどの求職傾向を見ることで、企業が求人を出す際に、どのようなことを意識すればよいのかを考えます。
2015/03/11掲載新卒・パート/アルバイト調査
門戸を広げれば人が集まる、というわけでもない 一度決意した転職も最後まで貫ける、というわけでもない
人材紹介会社を利用して採用を行う企業は、基本的には即戦力となりうる経験者を募集していると思って間違いない。まったくの異業種や異職種へのキャリアチェンジを希望される方のお役に立ちにくいのはそのためだ。しかし、まれに「未経験者でも可能」、または「未経験者歓迎」とい...
2006/11/27掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

シフト制について
シフト希望を当社はとるようにしているのですが、社員とPTEのシフト希望は、そもそも聞かなくとも問題にはならないのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

働くパパママ育休取得応援奨励金 ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

大学への現役合格を目指す高校生に、映像による授業を提供している、株式会...