企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

【ヨミ】ライフキャリア レインボー

ライフキャリア・レインボー

「ライフキャリア・レインボー」とは、1950年代に米国の教育学者のドナルド・E・スーパーが発表したキャリア理論。ライフキャリア・レインボーの理論では、キャリア=職業とは考えず、キャリアを人生のある年齢や場面のさまざまな役割(ライフロール)の組み合わせと定義。人生全般にわたり、社会や家庭でさまざまな役割の経験を積み重ねて、初めて自身のキャリアが形成されると考えます。キャリアを構成する7~9種類のライフロールの重なり合いを虹の形にたとえた、“キャリアの虹”と呼ばれる概念図で説明されるのが特徴です。
(2014/2/24掲載)

ケーススタディ

キャリアはライフロールの組み合わせ
生涯を通じて役割を果たす過程が重要

体系化されてからすでに50年以上が経過している「ライフキャリア・レインボー」は、キャリア研究の“古典”といわれる理論ですが、キャリアとは何かが包括的かつ本質的に説明されており、米国以外の国の働く人々にとっても、また変化の激しい現代においても、その普遍性は失われていません。

提唱者のスーパーは、キャリアを職業のみならず人生全般から捉えるライフキャリアの視点を、キャリア理論に初めて導入した研究者で、「キャリアは生涯を通じて発達する」という考え方をその理論の基盤にすえました。スーパーによれば、人には誕生から死まで一生涯にわたって果たすべきさまざまなライフロール(役割)が存在し、具体的には次のような種類の役割が挙げられています。

(1)子ども (2)学生  (3)職業人  (4)配偶者 (5)家庭人
(6)親  (7)市民  (8)余暇人  (9)年金生活者

スーパーは、生涯における各ライフロールの始まりと終わり、役割相互の重なり合いを、通称「キャリアの虹」と呼ばれる概念に集約しました。これがライフキャリア・レインボーの名前の由来です。

ライフキャリア・レインボーの理論では、職業上の志向や能力だけでキャリアの発達は成し得ません。キャリア形成は人生におけるライフロールと相互関係があり、影響を受け合うものだと、スーパーは強調しています。例えば概念図で見ると、40~50歳代は各ライフロールが最も多く重なり合い、果たすべき役割が厚くなっています。この年代は昇進の分岐点になりやすく、仕事の責任も負担も増えますが、「職業人」としての役割に没頭し過ぎると、「配偶者」「家庭人」としての家事分担、「親」としての子育て・教育、あるいは「子ども」としての親の介護などの役割がおろそかになり、それによる家庭内の不和やトラブルが、かえって仕事に支障をきたしかねません。また逆に結婚し、家庭を営む過程で、職業人としての価値観とは異なる視点や発想に気づき、それが仕事に還元されることもよくあります。

ライフキャリア・レインボーの考え方に従えば、キャリアの発達とは、社会や周囲の人々との相互関係を保ちつつ、自分らしい生き方を展望し、実現していく過程にほかなりません。そして社会や周囲との相互関係を保つためにこそ、人は生涯をかけて、そのときどきの自分の立場に応じたライフロールを果たしていくのだといえるでしょう。

受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


多数の店舗・拠点を持つ流通・小売・サービス業の 人事部門が抱える課題とは?

多数の店舗・拠点を持つ流通・小売・サービス業の 人事部門が抱える課題とは?

多数の店舗・拠点を持つ流通・小売・サービス業の 人事部門が抱える課題と...


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...