企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】エーキュー AQ

「AQ」とは、Adversity Quotientの略で、一般に「逆境指数」と訳されます。AQは日常のさまざまな逆境に対する個人および組織の対応力を測定、数値化するものであり、その考え方や手法はアメリカの組織コミュニケーションの研究者であるポール・G・ストルツ(Paul G. Stoltz)博士によって考案されました。知能指数の「IQ」、感情指数の「EQ」に対し、精神の強靭さやストレス耐性を示す新しい指標として注目され、研究が進められています。
(2013/6/24掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AQのケーススタディ

成功のカギを握るのは逆境への対応
対処や管理ではなく「慈養」が大切

頭が切れて人づきあいもいい、つまりIQもEQも高いのに、成功を収められない人がいるのはなぜか――「AQ」の提唱者であるストルツ博士は「逆境に弱いからだ」と述べます。確かに成功にいたるまでの過程には試練が多く、そうした逆境に追い込まれたとき、人が最後に頼れるのは知能でもなければ、対人関係能力でもないでしょう。たくましく生き抜いて成長することができるか、あるいはあきらめて力尽きてしまうか、「AQ=逆境指数」こそがそれらを左右する要素であり、逆境への対応のしかたを改善すれば、試練を克服し、苦難に耐え抜く力が高まるというのがストルツ博士の考え方です。

AQのレベルは、逆境に対する反応や対応のしかたによって、低位から順番にレベル1「エスケープ(逃避)」→レベル2「サバイブ(生存)」→レベル3「コープ(対処)」→レベル4「マネージ(管理)」→レベル5「ハーネス(慈養)」の5段階に分かれます。AQが最も低いレベル1の人は、逆境に直面すると「逃避」してしまい、レベル2の人は何とか「生存」できるという程度。それではまったくダメだと博士はいいます。レベル3でもただ単に「対処」するだけで精いっぱい。レベル4になってはじめて直面する逆境を「管理」し、解決しようとします。しかしそれでもまだ十分ではありません。AQが最も高いレベル5に達すると、人は逆境そのものを「慈養」します。つまり試練や苦難を糧として、さらなる成長を遂げるようになるのです。

パナソニックを創業した“経営の神様”松下幸之助は「成功の秘訣(ひけつ)は、成功するまで続けること」という言葉を残しています。AQの高い人は窮地に追い込まれても前向きな姿勢を崩しません。失敗や挫折を成長の機会ととらえられるからこそ、成功するまで粘りきることができるのでしょう。

ストルツ博士によれば、過去のアメリカ大統領選挙において23回中22回は、AQのより高い候補が勝利しているといいます。またAQの高いリーダーが率いる組織のほうが、そうでないリーダーが率いる組織よりも、優れたパフォーマンスを継続的に挙げることも分かっています。さらに博士は、部下のAQを低下させてしまうリーダーの傾向として、「実行できない約束をする」「気まぐれな行動をとる」「物事のマイナス面ばかりを指摘する」「失敗という言葉を頻繁に使う」「ユーモアを許さない」「創造力をつぶす」「権限の伴わない責任を課す」などの共通点も挙げています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

サーバントリーダー
大きなビジョンや目標の実現にまい進している仲間を支援(=奉仕)するリーダーのこと。近年、この概念を組織マネジメントに活用する企業が増えています。
組織再社会化
組織研究において、組織に新しく参入した個人がその成員となるために、組織の価値観や規範を受け入れ、職務遂行に必要な技能を獲得し、組織の人間関係に適応していく過程を組織社会化といいます。これに対し「組織再社会化」とは、すでにある組織の一員として組織社会化され仕事を行ってきた人が、転職などの組織間移動に...
EQ(Emotional Quotient)
EQ(Emotional Quotient)とは、アメリカのピーター・サロベイ、ジョン・メイヤー両博士によって提唱された理論で、「心の知能指数」、「感情知能」と訳されます。学術的にはEIと呼ばれるケースが多いですが、ダニエル・ゴールドマン氏が著書『こころの知能指数』のなかで、IQ(知能指数)に対比さ...

関連する記事

管理職が置かれた「現状」
経営課題を現場レベルで状況判断し、対応できる管理職が求められている。しかし、実際の管理職の現状はどうだろうか。アンケートをもとに考察し、管理職・マネージャのおかれている課題を整理する。
2016/06/10掲載よくわかる講座
中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(後編)
組織開発をどのように進めていけばいいのか、また、その際に人事部はどう関わっていけばいいのかなどについて、組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに具体的な話をうかがっていきます。
2015/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
研修計画の作り方
研修計画を作成する際は、長期的な視点に立って、計画的に実行していくことが求められる。人材育成戦略全体を有機的に関連づけ、人材育成ニーズに合った研修を立案、実施し、効果測定を行うことが重要である。ここではその研修計画について解説する。
2012/10/12掲載よくわかる講座

関連するキーワード

分類:[ 安全衛生 ]
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

研修費ゼロの人材育成 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や...


ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

ジェイエイシーリクルートメントが「バークレーヴァウチャーズ食事券サービス」を利用する目的とその費用対効果とは?

企業が展開するさまざまな人事施策の中で、最近は「福利厚生」が大きな位置...