無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】ポータブルスキル ポータブルスキル

「ポータブルスキル」とは、直訳すると「持ち運び可能なスキル」という意味で、業種・職種の垣根を越えて、どんな仕事や職場でも活用できる汎用性の高いスキルのことです。ポータブルスキルは2種類に分かれ、ひとつは英語や簿記技術のように専門的知識を求められ、その知識レベルが資格制度などによって客観的に証明されるスキル、もうひとつは洞察力や判断力、リーダーシップなど測定困難で視覚化できないスキルを指します。
(2013/6/10掲載)

ポータブルスキルのケーススタディ

エンプロイアビリティーを高める汎用的なスキル
資格より視覚化できない技能が市場価値を生む

かつて終身雇用制が健在だった頃、大半のビジネスパーソンにとっては、自分が一人の人材として労働市場全般でどう評価されるかよりも、自社の組織内でどう評価されるかが関心の中心でした。たとえ自社以外ではまったく役に立たないような独特の技能や知識でも、それが社内での業務遂行に求められる限り、評価が高ければ昇進や報酬アップにつながるのが普通でした。

特定の組織に固有のスキルをファーム・スペシフィック・スキル(firm specific skill)と呼びますが、いいかえればこうした要素を尊重する風土があったからこそ、日本企業は長く人事施策としての年功序列制度や終身雇用制度を維持し続けることができたとも考えられます。つまり社員が自社ならではのスキルを磨き、属する組織とのコミットメントを深めることで、高い定着率を支えてきたのです。

しかし、昨今は経営環境の激変を受けて雇用の流動化が進展、また、年金受給開始年齢も引き上げられ、将来的には70~80代まで働くのが当たり前になる可能性も十分にあります。こうした状況に対応しようと、「ポータブルスキル」(portable skill)に関心を寄せるビジネスパーソンが増えているのも不思議ではありません。業種・職種を問わないエンプロイアビリティーに通じる汎用的なスキルを備えることは、その人材の“市場価値”の優位性を意味するからです。社内での異動に頼ったキャリアアップだけでなく、転職など社外の労働市場への参入によるキャリアチェンジの可能性も見据え、進路選択の幅を広げることにつながるのです。

ポータブルスキルには上述のとおり、専門的な知識を要し、その知識レベルを証明する資格制度が整備されているスキルと、レベルの測定が困難で視覚化できないスキルがあります。一般的な傾向として、テクニカルスキルとも呼ばれる前者は、必ずしも市場価値が高くないのが現状です。資格保有者であれば最低限の知識レベルは保証されるので、代替人材が比較的確保しやすい上、実務に必要なテクニカルスキルは後からでも教育で身につけることができるからです。ビジネスパーソンとしての価値をより高めるのは、後者のポータブルスキルだといえるでしょう。環境変化をいちはやく見抜く洞察力や、迅速かつ的確に意思決定を下す判断力、目標の達成に向けて部下や同僚を巻き込んで鼓舞するリーダーシップなどが、どんな仕事や職場でも通用する普遍的なスキルとして重要視される傾向にあります。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「ポータブルスキル」に関する記事

「ポータブルスキル」に関する人事のQ&A

問題社員の業務の引継ぎについて

経理担当の職員の扱いについて大変苦労しています。当該社員は経理業務に精通し、人一倍働く半面独善的で部下への業務引継ぎも行わず、業務を自分一人で抱え込む傾向が強く、上司の指示も聞かないという状況にありま...

no_nameさん
東京都/ その他業種(従業員数 101~300人)
2021/06/07 10:33 ID:QA-0104204 人事管理 回答終了回答数 4 件

「ポータブルスキル」に関する書式・テンプレート

テーマ別研修の目的・テーマ例・留意事項

事業展開と課題から必要な研修テーマを決定します。テーマには「グローバル研修/コンプライアンス研修/リーダシップ研修/ダイバーシティ研修」などがあります。
ここでは、研修テーマの設定、テーマ研修例の解説、研修の運営上の留意事項などを盛り込み整理しました。

ダウンロード