企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】カイセイコウネンレイシャコヨウアンテイホウ 改正高年齢者雇用安定法

65歳まで働き続ける環境整備を企業に義務づける法律。高年齢者の安定的な雇用確保のため、65歳までの雇用確保措置の導入が事業主の義務となった(2006年4月施行)ほか、雇用者の再雇用促進などを図る措置(2004年12月施行)も盛り込まれています。
(2004/12/27掲載)

改正高年齢者雇用安定法のケーススタディ

65歳までの継続雇用を企業に義務づけ
年金支給までの「空白期間」をなくす

会社員の定年は、高齢者雇用安定法の前回の改正で、1998年から「60歳以上」とされ、希望者は65歳まで雇用することは「努力義務」としていました。今回の改正では、雇用を延長する年齢を2006年度から段階的に引き上げて、最終的に2013年度以降は65歳までとすることが義務づけられました。

このため、定年が60歳未満の企業は、(1)定年を65歳まで引き上げる(2)65歳までの継続雇用制度の導入(3)定年制の廃止、のいずれかを選択しなければならなくなりました。(2)については60歳以上の希望者全員を雇用するのが原則ですが、労使協定で選別の基準を規定すれば、希望者全員を雇用しない制度も採用できます。また、労使協定が結べない場合、従業員300人以上の大企業は3年間、300人未満の中小企業は5年間、就業規則の変更により選別の基準を定めることも認められています。

法律改正の背景には急速に進んでいる少子高齢化があります。生産年齢人口(15〜64歳)が、2002年の8570万人から2015年には840万人も減ると推計されており、不足する労働力を雇用延長でカバーしたいというのが厚生労働省の本音のようです。また、厚生年金も2001年度から支給開始年齢の延長が始まっており、原則として定額部分が2013年度に、比例報酬部分も2025年度に65歳に引き上げられます。定年が現状の60歳のままでは、年金支給までの間、給与収入もない「空白期間」が生じるため、これを避けるために産業界も雇用延長の義務化を受け入れました。

東京商工会議所が2004年4〜5月に行った調査によると、「定年を65歳まで引き上げる」企業は5%にとどまり、継続雇用で対応する企業が7割以上を占めました。その一方で、定年延長を決めた企業もあります。川崎重工業は2005年度から幹部職を除いた定年を現行の60歳から段階的に引き上げ、2009年度には63歳とし、65歳までは再雇用で対応する方針です。富士電機ホールディングスは2009年度から本人が希望すれば65歳定年を適用します。

企業にとっては、60歳で定年を迎えた従業員を再び雇う継続雇用制度の導入が、最も選びやすい方策と言えそうですが、雇用延長の結果、新規採用が抑制されて人事が停滞したり、賃金水準が下がり組織が活力を失ったりという懸念も指摘されています。若年層や高齢者のやる気を損なわない賃金・雇用制度をうまく構築できるかどうか、企業の手腕が問われます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

65歳定年制
「65歳定年制」とは、企業が定年年齢を65歳と定め、当該年齢に達したことを理由に従業員との雇用関係を自動的に終了させる制度のことです。2013年4月に施行される改正高年齢者雇用安定法により、雇用主には、2025年度までに希望する従業員全員の雇用を65歳まで確保するよう「定年退職制度の廃止」「定年年齢...
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
メンバーシップ型雇用
メンバーシップ型雇用とは、先に人材を確保し、後から仕事を割り当てる雇用のあり方を指します。終身雇用を前提とする日本の企業の多くは、メンバーシップ型雇用といえます。年功序列や終身雇用に見られるメンバーシップ型雇用は、これまで多くの日本の企業が取り入れてきた雇用形態です。これと対比されるのが、職務に応じ...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
障がい者雇用率2.5%以上の企業は16.4% 今後の雇用には前向き
障がい者雇用率について聞きました。多かったのは、「0.5%未満」(23.3%)と「2%以上2.5%未満」(22.8%)の二つです。以下、「1.5%以上2%未満」(11.6%)、「2.5%以上3%未満」(9.5%)、「3%以上」(6.9%)、「1%以上1.5%未...
2020/11/24掲載人事白書 調査レポート
高年齢者雇用の最新実態--改正高齢法への対応と継続雇用制度の実態を調査
団塊世代の大量退職が始まる2007年を目前にして、「改正高年齢者雇用安定法」が2006年4月から施行されました。改正法は、定年後65歳までの安定した雇用確保を企業に義務付けています。2006年5月から6月にかけて『労政時報』が行った「改正高齢法への対応と高年齢...
2007/04/16掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
定年再雇用の勤務時間について
対象者から週5日9:00~16:00の時間帯での勤務希望が出て来たのですが、週5日9:00~17:30の時間帯であれば再雇用は出来るが、そうでなければ再雇用出来ないと言う事は可能ですか?宜しくお願い致します。
再雇用後の退職金水準について
統計データがあるかどうか分かりませんが、再雇用後の退職金水準をどの程度にすべきか知りたいと考えています。一旦、退職金は、一旦再雇用時に支給するとして、55歳~64歳迄再雇用の場合、60歳~65歳迄再雇用の場合の2パターンが分かりますと幸いです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


世界の有力ビジネススクールも大注目!<br />
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

世界の有力ビジネススクールも大注目!
「内省と対話」でミドルマネジャー再生のモデルケースを創る

会社の休み時間に、同じような経験や悩みを持つマネジャーが自主的に集まり...


仕事の悩みを抱える社員は90%以上<br />
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

仕事の悩みを抱える社員は90%以上
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

日本社会の少子高齢化、経済のグローバル化の背景の中、M&Aやリストラク...