無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】キャリアダンイセイド キャリア段位制度

「キャリア段位制度」とは、個人の実践的な職業能力を職種ごとに、全国統一基準にもとづいた“段位”によって評価・認定するしくみのことです。政府の「新成長戦略」(2010年6月決定)における「実践キャリア・アップ戦略」の施策として実施される新制度で、12年中にも介護、温暖化対策、農漁業高度化の3分野を対象に段位の導入が始まる予定です。イギリスの職業能力評価制度(NVQ:National Vocational Qualification)をモデルとしているために「日本版NVQ」とも呼ばれます。
(2012/11/26掲載)

キャリア段位制度のケーススタディ

人材育成へ共通の物差しを国が設定
知識と実践の両面で能力を見える化

キャリア段位制度」は、上述のとおり新成長戦略の一環として構想されたものの、2012年6月に行われた省庁版事業仕分けにおいて、「費用対効果が見えにくい」という理由から、いったんは廃止・抜本的再検討の判定を受け、計画が宙に浮いた経緯があります。その後、一転して事業は継続となり、同年秋から実施に向けた作業が再開されました。

キャリア段位制度は、企業や事業所の枠を超えて個人の働く力を測る“共通の物差し”を国が定めることで、企業の人材育成および労働者個人の自律的なキャリア開発に対する意欲を高めるとともに、円滑な労働移転を促し、成長性・将来性の高い分野の成長拡大に資するのがねらいです。同制度がモデルとするイギリスのNVQはおよそ700の職種を網羅する評価・認定制度ですが、“日本版NVQ”では当面、介護、温暖化対策、農漁業高度化の3分野を対象に先行整備し、以下の3職種について能力階層を示すレベルと職業能力の評価基準を認定します。

【介護】 「介護プロフェッショナル」
特別養護老人ホームや老健施設、認知症グループホーム、ホームヘルパーの事業所などで主に高齢者の介護を担当する

【温暖化対策】 「カーボンマネジャー」
企業の環境対策を担い、省エネや温室効果ガス削減・吸収などの取り組みに関する診断、アドバイス、実践を行う

【農漁業高度化】 「食の6次産業化プロデューサー」
生産(1次産業)、加工(2次産業)、流通・販売・サービス(3次産業)の一体化や連携により、農林水産物を活用した加工品の開発、直接販売、レストラン展開など新たなビジネスを創出し、地域の農漁業の経営力を高める

入門クラスの「レベル1」から当該分野を代表する人材であることを示す「レベル7」まで、キャリア段位には七つの段位が設けられます。既存の資格制度と大きく違うのは、労働者の職業能力レベルを「見える化」するために、試験によって知識や技能を認定するのではなく、実際に現場でどの程度の職務が遂行できるのかをみて、「わかる」(知識)と「できる」(職場での実践的スキル)の両面を評価するしくみになっていることです。例えば介護分野には介護福祉士という国家資格がありますが、本制度の対象職種である「介護プロフェッショナル」の段位を認定するにあたっては、入浴介助など介護士が習得しているべき介護技術だけでなく、高齢者や家族との対話能力や職場での指導力、事故の際の対応能力なども評価対象になります。

政府は、本制度を活用した事業者に補助を行うなどしてキャリア段位の浸透をはかり、2020年度までに3分野で22万人への授与を目指す方針です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード