【ヨミ】チガクチシュウ 地学地就

「地学地就」とは、地域で学んだ若者が地元の中堅・中小企業などに就職し、地域の経済や地場産業の発展に寄与することを言います。都心偏重・大企業偏重の就職活動の現状に一石を投じる新しい就職のあり方として注目されており、地方の大学と経済界が連携してインターンシップを実施するなど、学生の地元定着を支援する取り組みも広がりはじめています。
(2012/9/10掲載)

地学地就のケーススタディ

産学連携で学生の地元での就職を促進
商工会議所や金融機関の支援仲介も不可欠

都市部への人材流出を防ぎ、地域経済の活性化に資する若者を育成するために、「地学地就」を促す試みが各地で始まっています。地元で学ぶ若者に地域のビジネスの現場を知ってもらおうと、大学が企業経営者との議論の機会を設けたり、学生が社長の“かばん持ち”として同行するユニークなインターンシップを行ったりするなど、産学の連携による取り組みがその大きな特徴です。

リクルートワークス研究所の調査によると、2013年春卒業予定の大卒求人倍率は、従業員300人未満の企業で3.27倍に上り、従業員の少ない企業ほど求人難の傾向が顕著になっています。特に地方の中堅・中小企業は採用面の不利が大きく、人手不足が慢性化。予算を割いて、都心で開催される大規模な合同説明会などに出展しても、学生が集まらないといったケースが少なくありません。産学連携による地学地就の促進に注目が集まる背景には、地元の人材を確保することで求人難解消の糸口としたい企業側の切実な思いがあり、それが、就職率を高めることで少子化時代に生き残りをかける地方大学との利害の一致をもたらしているのです。

企業と大学とのパイプづくりが成否のカギになるといわれていますが、中小企業の場合、単独で大学との連携を図るのは容易ではありません。そこで地元の商工会議所や金融機関などが仲介して、インターンシップなどを実施する事例も増えています。

福島県郡山市の郡山市商工会議所は全国にさきがけて、加盟企業と学生とのインターンシップの仲立ちをはじめました。1998年度に6社3校の9人だったマッチング実績は着実に拡大し、2011年度には東日本大震災の影響があったにもかかわらず、23社に20校の93人をインターンシップとして仲介しました。日本商工会議所によると、各地の商工会議所がインターンシップ支援などを行った例は2011年度に全国で184件に上り、3年前(08年度は、153件)より約2割増えています。

また、しずおか信用金庫(静岡市)や静清信用金庫(同)など静岡県中部の4信金も、今年から地元の静岡大学との連携でインターンシップを実施。4信金が今秋に開く予定の大規模商談会に参加する中堅・中小企業約10社に、同大から学部・大学院の学生が派遣されることになっています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード