無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】エンコサイヨウ 縁故採用

企業が求職者を雇用する場合、求職者本人にその企業との何らかの縁故(コネ)があることを採用の条件とすることを「縁故採用」あるいは「コネ採用」といいます。縁故には、企業・業界に影響力のある人物の紹介、現職社員やOB、取引先との縁戚関係などがあります。機会の平等に反する不公正な慣習というイメージが強いものの、現状では法律上の明確な規制などはありません。
(2012/8/10掲載)

縁故採用のケーススタディ

紹介状を手に入れること自体が選考の一環
“フェアなコネ採用”で志望度の高い人材を

2012年1月、出版大手の岩波書店が13年度定期採用の募集要項を、自社のウェブサイトに公開しました。その際、応募資格の要件として「岩波書店社員の紹介あるいは岩波書店著者の紹介状があること」を告知したため、事実上の「コネ採用宣言」と報道されて物議を醸し、厚生労働省も調査に乗り出すなど波紋が広がりました。岩波書店側は「あくまでも応募の際の条件であり、採用の判断基準ではない」と主張し、「縁故採用」という報じられ方に不快感を示しました。事実関係を確認した厚労省も「現時点では問題ない」との判断を下しています。

では、なぜ岩波書店はそうした応募資格を定め、公にしたのでしょうか。岩波側は「当社への志望度が高く、熱意のある学生をじっくり選考する」のがねらいと説明しています。大学生ならゼミの先生に紹介してもらうなど、自分で考えて行動を起こせば、何とかして同社の社員や著者にたどりつく方法は見つかるでしょう。本当に入社したい志望者には、「紹介状を手に入れること」自体が1次選考だと考えて、本気度をアピールして欲しいというわけです。

実は同社が“紹介者必須”の採用を導入する前は、わずか数人の枠に1,000人以上が殺到し、「岩波の本を一冊も読んだことがない」という応募者も目立ったといいます。前述のようなハードルを設ければ、興味本位の応募者が減り、本当に意欲的な質の高い応募者に絞られるので、選考がスムーズに進められるのは確かでしょう。さらに同社は、努力が実らず、社員や著者にたどりつけない学生には採用担当者に相談して欲しいと呼び掛けており、実際に担当者の電話番号をウェブサイトに公開しています。

こうしてみると、岩波書店の採用手法は単なるコネ採用と同列視できないのではないでしょうか。“紹介者必須”というハードルは高くても、それを打開しようとする応募者本人の努力が最大限認められているからです。現に雇用・労働分野の識者からは、同社を支持する声が少なくありません。

かつては縁故採用、コネ採用というと、地元の政治家や取引先の有力者の子女を、採用基準に満たないにもかかわらず入社させるといったイメージでした。しかし現在は、アンフェアな縁故採用は減少し、紹介後に選考を課すケースが増えていると言われます。採用する側のメリットとしては、信頼のおける紹介者を通じて質の高い応募者を集められること、人数が絞られて採用コストを抑えられること、紹介者への配慮から離職しにくく社内で問題を起こすことも少ないことなどが挙げられます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート

関連するキーワード