企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ピボット ピボット

「ピボット」(pivot)とは、本来「回転軸」を意味する英語で、転じて近年は企業経営における「方向転換」や「路線変更」を表す用語としてもよく使われます。とりわけスタートアップ企業が当初の事業戦略に行き詰まって、大きな軌道修正を余儀なくされたり、まったく別のアイデアに取り組んだりすること、またそうした経営判断そのものを「ピボット」と呼んでいます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピボットのケーススタディ

市場との“擦り合わせ”を図るプロセス
方向転換をしないほうがリスクは大きい

ピボット」は、シリコンバレーをはじめとするアメリカのベンチャービジネスの現場で使われ、流行している言葉です。ベンチャー企業のスタートアップというと、アイデアはあるけれど資金などのリソースが乏しいというイメージが一般的ですが、だからといって十分な資金を得れば必ず、温めていたプランがそのまま事業として実を結ぶわけではありません。起業を志す人なら誰でも自分のアイデアに絶対の自信を持っているでしょうし、そもそもそうした確たる思いがなければ新しいビジネスの成功はおぼつかないはずです。

しかし実際には、ベンチャーから上場するような規模に成長した企業の場合、起業家が当初想定した通りに事業化が進んだケースはほとんどないといわれます。最初から市場のニーズに完璧にマッチした製品やサービスを提供できるほうがまれなのです。現在、欧米で成功している先進企業の多くも、起業当初のビジネスプランが暗礁に乗り上げて、事業の路線変更=ピボットを余儀なくされた歴史を持っているといわれます。

例えば、携帯電話端末で世界有数のシェアを誇るフィンランドのノキアは、1990年代に携帯電話市場に本格参入するまでは、ゴム長靴や家電、パソコンなどさまざまなものを製造していましたが、ピボットを繰り返して、通信機器事業にリソースを集中させています。

ピボットとはいいかえれば、戦略やアイデアと市場のニーズとの“擦り合わせ”のプロセスです。実際に動いてみなければ、また、自らのアイデアを製品やサービスとして世に問うてみなければ、市場とのズレの大小に気づくこともできません。その意味で失敗は決してムダではなく、むしろ動かないこと、方向を転換して可能性を探ってみないことのほうがリスクとしては大きいといえます。近年、ピボットをどれだけすばやく、数多くできるかがスタートアップ成功の秘訣といわれるのもこのためです。

しかし方向転換は容易ではありません。自分のアイデアへの過信や、失敗に対する恐怖感、さらにはこれまで費やした努力や投資を惜しむ気持ちが決断を妨げるからです。変わらなければいけないのに変わろうとしない、変わりたくても変われない――こうしたコンフリクトは、起業のプロセスに限って生じるのではなく、個人の仕事の進め方やキャリア設計についてもあてはまります。壁にぶつかったとき、あえて転機を求めて自分と組織のニーズ、市場のニーズ、社会のニーズとの擦り合わせを図る、そうしたピボットの発想も必要ではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

リーン・スタートアップ
「リーン・スタートアップ」(lean startup)とは、アメリカの起業家エリック・リース氏が2008年に提唱した、起業や新規事業などの立ち上げ(スタートアップ)のためのマネジメント手法のことです。リーンとは日本語で「ムダがなく効率的」という意味で、「かんばん方式」で知られるトヨタ生産方式を他分...
オズボーンのチェックリスト
「オズボーンのチェックリスト」とは、アイデア発想のためのヒント集です。ブレインストーミングという手法の考案者でもあるアレックス・F・オズボーン氏によって発明されました。アイデアが出ないときに、このフレームワークに沿って考えれば、自身の思考の癖から抜け出して発想を抽出できるため、思いも寄らないアイデア...
ブレインストーミング
「ブレインストーミング」は、アイデア創出のための会議手法です。特定のテーマに対して会議の参加者が自由に意見を交わすことで、一人では思いつかなかいアイデアを生み出していきます。提唱したのは、「オズボーンのチェックリスト」でも知られる、アレックス・F・オズボーン氏。「ブレイン(頭脳)」と「ストーム(嵐)...

関連する記事

起業経験を強みにできない人材、できる人材
グローバルな企業間競争を勝ち抜いていかなくてはならない現代。安定志向の強い社員はいらない、自分で起業するぐらいの経営者感覚を持った人材が欲しい、という企業は多いものの、「起業経験者は、チャンスがあればまた起業したいと思っているのではないか」という懸念も…。今回...
2011/11/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
「新卒で起業」経験者の転職
日本と海外とでは、同じ大学生でも大きく異なる特徴があるという。「日本の優秀な学生は大手企業や官僚志向が強いが、海外の優秀な学生は自ら起業する」というものだ。確かにマイクロソフトやフェイスブックなど、時代を変えてきた海外の企業には、学生が創業したところが多い。最...
2015/04/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
コンプライアンスとは
近年、あらゆる企業にコンプライアンスへの適正な対応が求められている。企業倫理のあり方が注目されるようになった背景とは?
2017/01/31掲載よくわかる講座

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
登記の事業目的について
事業目的ですが、今後の事業拡張のために現在の事業内容だけでなく、見込まれるものも入れておきたいのですが、どのような文言がよいのでしょうか?文例のようなものがあれば教えてください。(できるだけ多くの事業内容を盛り込みたい)
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット ジョブ・カード制度 総合サイト

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...