企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ミシュウショクソツギョウシャ 未就職卒業者

「未就職卒業者」とは、大学を卒業した時点で、就職も進学もしていない人を指します。就職できずにいったん卒業すると、大学の就職支援を受けにくく、フリーターなど不安定な雇用形態に固定化される原因になるといわれます。日本では、少子化で大学・短大への入学者数が減少しているにもかかわらず、この未就職卒業者の数は増加傾向にあります。
(2012/2/13掲載)

未就職卒業者のケーススタディ

第2のロストジェネレーション発生の懸念
“ネット就活”への依存が支援を困難に

社会の入り口でつまずく若者が増えています。文部科学省「学校基本調査」によると、2011年3月卒業の未就職卒業者の数は10万7000人で、リーマン・ショックが発生する直前の08年3月に卒業した7万1000人を4万人近く上回っています。大学への入学者数そのものが減少傾向にあることを考えれば、そこから企業に採用されて実社会へ送り出される人材の“歩留まり”の悪化はきわめて憂慮すべき事態であり、学生自身の「就業力」のレベルアップおよび就職支援体制の強化が急がれます。

就職できない学生が増加している背景としては、第一に依然として根強い学生の大手・有名企業指向があります。リクルートワークス研究所の調査によると、12年3月卒業の大学生を対象とした大企業の求人倍率が0.65倍と狭き門なのに対し、中小企業の求人倍率は3.35倍。学生の視野の狭さや偏りに起因する雇用のミスマッチが、就職難に拍車をかけているのは明らかです。さらに近年は、インターネットを活用した“ネット就活”への依存も問題視されています。就職に関する情報収集や企業への応募にかかわる手間が著しく軽減された反面、ネットだけに頼って大学やハローワークなどのサポートを受けないため、ますます視野が狭くなり、何度不採用になっても問題点の客観的な分析や改善が進まない――そういうケースも目立つようです。

未就職卒業者が増加している現状がこのまま放置された場合、フリーターなど非正規労働者層が拡大し、“第2のロストジェネレーション”の発生に至るおそれがあります。そこで国や自治体も支援に動き出しています。厚生労働省は12年度から、現役大学生の就職支援を強化する方針を打ち出しました。若者向けハローワークの就職相談員(ジョブサポーター)を300人増員して全国の大学に派遣、卒業年次前の大学3年生から就職についてマンツーマンで徹底指導を行うほか、卒業間近になっても就職先が決まらなければ、学生本人にハローワークへの登録を促し、卒業後も就職先が決まるまで相談員がフォローし続けるとしています。新設大学などでは専門の職員が足りず、大学による手厚い就職支援を受けられない学生も増えています。厚労省では相談員の増員と大学への派遣、早い段階からの就職支援の徹底によって、大卒者2万人の就職拡大につながると想定しています。

また同省は、未就職卒業者が“第2のロスジェネ”として固定化するのを防ぐために、企業に対しても雇用機会の確保に向けた取り組みを要請しています。10年11月に雇用対策法に基づく「青少年雇用機会確保指針」を改正。「卒業後3年間は新卒枠で応募可能にすることを企業の努力義務とする」と発表し、あわせて3年以内既卒者を採用する企業を支援する目的で、「3年以内既卒者採用拡大奨励金」「3年以内既卒者トライアル雇用奨励金」などの助成金も創設しました。“既卒3年=新卒扱い”という新卒の定義見直しを受けて、企業側にも新卒採用枠を既卒者にまで拡大する動きが広がっており、今後の動向が注目されます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

就職内定率
就職希望者に対する就職内定者の割合(%)のことです。高等学校や大学などの卒業予定者を対象に、文部科学省や厚生労働省が年に数回行っている「就職内定状況に関する調査」の中で公表しています。
希望留年制度
卒業時までに企業から内定をもらえなかった学生に対して、翌年度も就職に有利な“新卒”として就職活動ができるよう、本人が希望すれば留年を認め、在学させる制度です。「卒業延期制度」とも呼ばれ、就職戦線の激化を背景に導入する大学が増えています。
逆求人
企業が求人募集をかけて学生を集める従来の新卒採用活動の流れとは逆に、学生側がイベントやインターネットなどを活用して自らをアピールし、興味をもってくれた企業からのアプローチを待つしくみのことを「逆求人」と言います。知名度は低いけれど採用意欲の高い中堅・中小企業と、人気企業にこだわらずより広い選択肢か...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
ダレのための解禁日なのか?
毎年学生と企業を悩ます新卒採用の「解禁日」。解禁日を厳守している企業は年々減少し、形骸化が進む今、「解禁日」は本当に必要なのでしょうか。「解禁日」に関する調査結果から、企業と学生の本音に迫ります。
2018/04/09掲載新卒・パート/アルバイト調査
「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方

関連するQ&A

障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
定年再雇用の勤務時間について
対象者から週5日9:00~16:00の時間帯での勤務希望が出て来たのですが、週5日9:00~17:30の時間帯であれば再雇用は出来るが、そうでなければ再雇用出来ないと言う事は可能ですか?宜しくお願い致します。
再雇用後の退職金水準について
統計データがあるかどうか分かりませんが、再雇用後の退職金水準をどの程度にすべきか知りたいと考えています。一旦、退職金は、一旦再雇用時に支給するとして、55歳~64歳迄再雇用の場合、60歳~65歳迄再雇用の場合の2パターンが分かりますと幸いです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! メンタル対応可能な産業医を紹介します 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...