企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ポジティブシンリガク ポジティブ心理学

「ポジティブ心理学」とは、1998年、当時の米国心理学会会長だったペンシルベニア大学心理学部教授のマーティン・E・P・セリグマン博士によって創設された新しい学問で、個人の人生や個人の属する組織、社会のあり方が、本来あるべき正しい方向に向かう状態に注目し、そうした“ポジティブ”な状態を構成する諸要素について科学的に検証・実証を試みる心理学の一領域であると定義されます。
(2011/9/26掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポジティブ心理学のケーススタディ

欧米を中心に企業現場への導入急増
ポジティブ感情が豊かだと年収UP!?

従来の心理学は、どちらかというと人間の心の病理、障害、弱さといったネガティブで暗い部分を研究対象としていました。一方、セリグマン博士によると、ポジティブ心理学が取り組むべき課題は「既存の競争主義や成果主義を否定することなく、個人と制度両面への有機的アプローチを図りながら“ウェル・ビーイング”(Well-Being:いわゆる幸福や生きがいの意味)を育んでいく」ことにあるといいます。平たくいうと、たとえば個人レベルではいかに人生をいきいきとより良く生きるか、組織や職場レベルではいかに個人とチームの生産性を高め、同時に仕事への満足感や働きがいを究めるか、といった内容が主眼となります。

はたして「自分の人生は良い人生だ」と実感できるときの心理状態とは、どういうものなのでしょうか。ポジティブ心理学の権威のひとりである米ノースカロライナ大学のバーバラ・L・フレデリクソン博士は「ポジティブ感情」という感情の役割に注目しました。楽しさに伴う高揚感や喜び、満足感や充実感から来る心の静けさ、興味や関心、好奇心もポジティブな感情に含まれます。愛情や感謝も同様です。フレデリクソン博士の研究は、多種多様なポジティブ感情には個人の注意力や認識力、行動力の幅を拡げ、寿命に代表される身体的資源や年収などの社会的資源を増大させる効果があることを見出しました。これを「拡張-形成理論」と呼びます。

「拡張-形成理論」の正しさを証明する調査データもあります。ある大学の卒業生を対象に、大学入学時の性格のポジティブ度(ポジティブ感情を示す度合いを測定したもの)と、卒業して19年後の収入との関係を調べたところ、最もポジティブ度の高かった卒業生たちとそうでなかった卒業生たちとの間には、平均年収にして1万5000ドルの差がついたことが明らかになりました。ポジティブ度の高かった卒業生のほうが高収入だったのはいうまでもありません。

米国では、マイクロソフト社やグーグル社などの大手企業をはじめ、コンサルティングファームやベンチャー企業、法律事務所などでも、人材開発にポジティブ心理学の導入が進められています。また米国トヨタの社内教育機関であるトヨタ・ユニバーシティでは、ポジティブ心理学を応用した社員教育カリキュラムが好評を博しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

レジリエンス
「レジリエンス」(resilience)は、一般的に「復元力、回復力、弾力」などと訳される言葉で、近年は特に「困難な状況にもかかわらず、しなやかに適応して生き延びる力」という心理学的な意味で使われるケースが増えています。さらにレジリエンスの概念は、個人から企業や行政などの組織・システムにいたるまで...
AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)
「AI」とは、アプリシエイティブ・インクワイアリー(Appreciative Inquiry)の略で、Appreciativeは「真価がわかる」「価値を認める」、Inquiryは「探求」「質問」などの意味を表します。AIは、米国で開発された人材開発や組織活性化のアプローチの一つ。ポジティブな問いや探...
EQ(Emotional Quotient)
EQ(Emotional Quotient)とは、アメリカのピーター・サロベイ、ジョン・メイヤー両博士によって提唱された理論で、「心の知能指数」、「感情知能」と訳されます。学術的にはEIと呼ばれるケースが多いですが、ダニエル・ゴールドマン氏が著書『こころの知能指数』のなかで、IQ(知能指数)に対比さ...

関連する記事

定着と労働条件の微妙な関係
パート・アルバイトとして働く1,600人への最新の調査によると、約4割が転職意向を持っているということがわかりました。空前の採用難時代。従業員の勤続意向を高め定着を進めるために、企業はどのような対策をするべきなのでしょうか。
2018/11/12掲載新卒・パート/アルバイト調査
島津明人さん~「ワーク・エンゲイジメント」―組織を元気にする“攻め”のメンヘル対策
“限られた人材で最大の成果を上げなければならない職場”にこそ、組織を活性化する“攻め”のメンタルヘルス対策が必要と指摘する島津准教授。メンタルヘルスの新概念――「ワーク・エンゲイジメント」について詳しくうかがいます。
2011/03/28掲載キーパーソンが語る“人と組織”
中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(後編)
組織開発をどのように進めていけばいいのか、また、その際に人事部はどう関わっていけばいいのかなどについて、組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに具体的な話をうかがっていきます。
2015/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...