企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ナイセイカ 内製化

企業が外部の専門家に委託していた業務を、自社内で行うことを「内製化」と呼びます。収益環境の悪化に伴ない、コスト部門の予算削減が進むなか、2009年前後からとくに教育研修をはじめとする人材育成を、外注に頼らずに、社内で内製化する動きが目立ってきています。
(2011/5/30掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内製化のケーススタディ

コストダウンだけがメリットではない
必要に応じて外注と使い分けるのが得策

定期刊行誌『企業と人材』(産労総合研究所発行)が、2010年10月に発表した「第34回 教育研修費用の実態調査」によると、企業の教育研修費総額と従業員一人当たりの教育費用はここ数年減少傾向にあり、2009年度の一人当たりの額(実績)は04年度以来、5年ぶりに40,000円台を割り込んだとのこと。社外の講師や教育機関などに支払われた09年度の“外注費”の総額は平均2,086万円で、前回に比べて45%もダウン。この傾向は、大企業でより顕著に表れています。

不況下の人材開発の取り組みでは、外注を抑えることによるコスト削減は避けて通れない課題。研修の内製化への関心が高まる背景にもこうした流れがあることは間違いありません。しかし内製化を検討・選択した理由として、コストダウン以外のポジティブな側面に注目している企業も少なくないのです。

● 自社の従業員のために最適化した教材やカリキュラムを開発することで高い学習効果を実現できる
● 社内人材を講師として育成することで、指導や教育のノウハウを組織に蓄積できる
● 専門性の高い人材を活用する可能性が広がり、一部の熟達者の暗黙知として個人の中に埋もれていたノウハウを組織の形式知として共有・継承できる

――自社のニーズにマッチした研修を開発し、必要な人材や体制を整備すれば、内製化によるメリットは上記のように豊かなものとなるでしょう。

内部人材による“自前”の教育を推進している企業の成功例といえば、国内ではトヨタの名前を挙げないわけにいきません。同社では有名な「トヨタウェイ」を教育理念に掲げ、「トヨタ・インスティテュート」と呼ばれる教育専門の組織を設立。伝統の継承によって社員の成長を促す、具体的かつ実践的な教育プログラムでプロ人材の輩出に成果を挙げています。しかし言うは易しで、そこまで研修の内製化を徹底し、メリットを実現することはきわめて難しいでしょう。専門の教育サービス事業者が有する高度な講師スキルやプログラム開発のノウハウが欠かせないはずの研修を、素人同然の自社社員が行おうとすれば、失敗するリスクは大きく、粗悪な研修を濫造することにもなりかねません。

組織開発コンサルティングのNGKの望月明人取締役は「コストダウンのことだけを考えて研修を内製化するのは危険だ」と警告します。内部講師をつけてみたり、eラーニングを導入してみたりするのではなく、内製化できるところとアウトソーシングすべきところはきちんと見極めるべきだというのが望月氏の提言です。09年から本格的に内製化をスタートさせているソフトバンクは、「社内講師認定制度」など独自の実践的な研修スタイルで注目を集めていますが、すべての研修を自前で行っているわけではありません(09年度は社員向けの集合研修で64%、eラーニングで67%、ショップスタッフ向け研修で84%を内製化)。幅広い視野と知見の獲得を目指す管理職など上位階層向けのメニューについては基本的に外部ベンダーを利用するなど、必要に応じて内製と外注を使い分けることにより、研修の効果の最大化を図っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
シェア研修
「シェア研修」とは、複数の企業のコラボレーションにより、新入社員研修などを合同で企画・実施する研修スタイルのことです。研修プログラムや講師、会議場など各社の育成リソースを共有し、所属の異なる参加者が企業の枠を超えて同じ研修を受けるのが特徴。自社内に閉じていた従来の新人研修と違い、“社外同期”ともいう...
インストラクショナルデザイン
「インストラクショナルデザイン」(Instructional Design、以下ID)とは、それぞれの環境において、最も効果的かつ効率的な教育を設計・開発するための方法論です。元来は米軍の新兵教育手法の研究成果として発表されたものですが、その後、経営学や教育工学、システム工学など学際的分野で研究が...

関連する記事

もう外部に頼るだけじゃない!「研修内製化」の秘訣とは(前編)
近年、社外の教育ベンダーやコンサルタントに委託していた研修を、自社で内製化しようとする企業が増えている。自社内で研修のプログラムを企画し、社員が講師を務める、「研修内製化」という新たな潮流だ。なぜ、研修を内製化する企業が増えているのか。また、具体的にどのように...
2018/04/13掲載人事マネジメント解体新書
新入社員教育(研修)の実務:内製化、外注化
新入社員教育の内製化・外注化、それぞれのメリットとデメリットを整理し、導入時のポイントをまとめた。
2016/03/30掲載よくわかる講座
研修会社の選び方
自社だけで、全ての研修を実施するのは難しい。社内に人材育成や研修実務に長けた人材が数多くいるわけではないからだ。また、研修計画を立案するための時間をなかなか捻出するできないケースも多い。そこで、外部の研修会社を利用していくことになる。以下、研修会社を選ぶ際のポ...
2012/10/12掲載よくわかる講座

関連するQ&A

新入社員研修の内製化について
採用人数の縮小に伴い、教育予算も縮小があり、来年4月新卒入社の社員に対しての初期教育は内製化を予定しています。そうはいってもノウハウが無いので困っています。新入社員教育を考える上での視点、ベーシックな内容のヒントがあればご教示いただきたい。
研修について
階層別研修等、ビデオ研修を用いたいのですが経費的に貸しビデオを利用したいと思います。質量とも揃っている施設をお教えください
教育研修会社について
当社で若手社員を対象に研修を実施しようと考えております。 チームワークを強化する為の研修を考えておりますが、教育研修に強い会社をご存知の方がいればご紹介下さい。 又導入した事のある担当者の方がいらっしゃれば導入経緯や結果等教えて頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

「日本は雇用の流動性が低い」とよく言われます。「流動性が低いことは問題...


短期留学で新たな価値観や習慣と触れる<br />
~“変革的”リーダー育成術

短期留学で新たな価値観や習慣と触れる
~“変革的”リーダー育成術

グローバル化に伴う競争激化、さらにはリーマンショック後の世界同時不況な...