無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ナゼナゼブンセキ なぜなぜ分析

「なぜなぜ分析」とは、「なぜ?」という問いを論理的に積み重ねることによって問題やトラブルが発生した原因を掘り下げ、有効な対策を導き出す分析スキルのことです。もともとTQM(総合的品質管理)の一環として自動車産業などの生産現場で実践されていましたが、近年は顧客の声からニーズを探るカスタマーセンターや業務改革を手がけるシステム関連など、製造部門以外の分野や業種にも急速に浸透しています。
(2011/4/18掲載)

なぜなぜ分析のケーススタディ

改善・改革活動から顧客の苦情対応まで
「なぜ」を論理的に重ねて問題を深堀り

製品の不良や故障、クレームなどのトラブルに対して、「なぜそれが発生したのか」「なぜミスに気がつかなかったのか」といった問いを繰り返すことで、問題の真の原因を個人の能力や行動に帰すのではなく、システムの中に探し求め、作業プロセスや作業環境の改善につなげるのが、なぜなぜ分析の特徴です。トヨタグループの生産現場では以前から「なぜなぜ5回」と呼んで、ほぼ同様の手法に取り組んでいました。「なぜ?を5回繰り返して問題を掘り下げれば、根本原因に突き当たる」というもので、製造業では広く知られた考え方です。

菓子メーカーのカルビーはこのトヨタ流改善活動にヒントを得て、お客様相談室の電話対応の質を高めることに成功しました。VOC(顧客の声)に潜む要望や改良のヒントを引き出すために、顧客がどんな動機や理由で問い合わせの電話をかけてくるのかを、なぜなぜ分析で掘り下げていったのです。たとえばアレルギー物質の有無を問い合わせてくるのはなぜか。「商品を食べてしまったから」「食べていないが、不安を感じたから」などの理由が考えられます。後者だとすると、なぜ食べていないのに不安を感じたのか。これには「パッケージのアレルギー物質の記載に気づかなかったから」「気づいてはいたが、内容を理解できなかったから」といった事情が想定されます。

同社の相談室では、こうして問題を掘り下げ、原因を特定するための質問文例も作成して、電話対応に活かしました。その結果、問い合わせの多くは、ある地域限定販売のスナック菓子の個別包装品を旅行のお土産として手渡された人たちからで、「個別包装にアレルギー物質の情報が記載されていなかった」という重要な事実が明らかになったのです。

新日鉱ホールディングスの事業会社である日鉱金属の生産現場も、なぜなぜ分析による問題掘り下げの強化に取り組んでいます。茨城県日立市の白銀工場では、2005年から従業員に対してなぜなぜ分析の“通信教育”を実施。職場全体で改善のスピードが上がるなど、着実に成果が出始めています。

しかし、なぜなぜ分析で正しく問題を掘り下げる作業は、簡単ではありません。ある程度の経験やトレーニングが必要で、時間もかかります。カルビーや日鉱金属でなぜなぜ分析を指導したコンサルタントの小倉仁志氏によると、初心者がいきなり「なぜ」を繰り返そうとしても、なかなか的確な「なぜ」を出せず、論理の飛躍や筋の通らない掘り下げ方になってしまう人がほとんどだといいます。

たとえば「花びんが割れた」理由を、「窓が開いていたから」とするのは論理の飛躍。文章の前後を逆にすると、「窓が開いていたから花びんが割れた」となり、筋が通っていないのがわかると小倉氏は指摘します。「テーブルから花びんが落ちたから」と掘り下げられるようになればOK。こうして論理に注意しながら「なぜ」を積み重ねていくのがなぜなぜ分析であり、ただ思いつくままに「なぜ」を挙げればいいというものではありません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード