無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ノマドワーカー ノマドワーカー

「ノマド」(nomad)とは、英語で“遊牧民”を指す言葉。定住地を持たない遊牧民のように、オフィスに縛られることなく、喫茶店やファストフード店などを活用して、働く場所を自由に選択しながら仕事をする働き方を「ノマドワーキング」といいます。このような働き方を選択する人々は「ノマドワーカー」と呼ばれ、近年注目が集まっています。クラウド・コンピューティングの出現やモバイル端末の高性能化、ネットワーク環境の高速・大容量化など、テクノロジーの進化によって実現・普及が有望視されている新しいワークスタイルです。
(2011/4/11掲載)

ノマドワーカーのケーススタディ

生産性向上とワーク・ライフ・バランスの改善を実現する
オフィスに縛られない新しい働き方

ノマドワーキングに代表される“場所や時間の制約に縛られない”柔軟な勤務形態に、注目が集まっています。労働力人口の減少やグローバル競争の激化など、日本企業を取り巻く経営環境が厳しさを増すなか、企業の競争力を維持するために、社員一人ひとりの生産性や効率を引き上げるワークスタイルが求められるようになりました。いつでも、どこでも、オフィスと同じ環境で作業ができる――テクノロジーの進化が、そうした仕事術をノマドワーキングという形に具現化しつつあるのです。また先の東日本大震災の教訓に学ぶとすれば、非常事態によって出社困難な社員が出てきた場合の対応策としても、こうした柔軟なワークスタイルの導入が検討されるべきではないでしょうか。

もちろん個々のビジネスパーソンにとっても、うまく機能すればワーク・ライフ・バランスの改善につながる、豊かな働き方であることは間違いありません。日常的に実践している「ノマドワーカー」はまだわずかですが、現に彼らの多くは外出先でのすき間時間を効率よく活用し、通勤ラッシュや無用の残業から解放されるなど、そのメリットを享受し始めています。

ノートPCやスマートフォン、クラウドサービスなどを駆使することで、「サードプレイス」と呼ばれる、自宅でもオフィスでもない、いわば“第三の自分の居場所”で仕事を進めることを可能にしたのがノマドワーキングのスタイル。カフェや公園、乗り物の中、クライアントのオフィスなどが、このサードプレイスとして活用されています。周囲の騒音や人目が気になって、一見作業に集中しにくい環境のようにも思われますが、「普段から仕事の九割はオフィスの外」というコンサルタントの中谷健一氏は、ノマドワーキングの実践法を説いた著書『「どこでもオフィス」仕事術』において、「集中力は場所を変えることによってコントロールできる」「仕事の内容や身体のサイクルに応じて働く場所を意図的に変えることができれば、より快適に、より効率的に仕事ができる」と指摘し、「ノマドワーキングにもっとも向いているのはルーティンワークではなく、知的創造型の仕事」だと強調しています。

もっとも、会社の管理が行き届きにくいオフィスの外での作業には、当然、セキュリティの面でリスクも伴います。個人が、オフィスにいるのと同じように自社の情報を大量かつ自由自在に取り扱えるとなると、情報流出やPC・携帯端末の盗難、紛失といった事態に直面した場合、その被害はきわめて深刻なものになるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード