企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ノマドワーカー ノマドワーカー

「ノマド」(nomad)とは、英語で“遊牧民”を指す言葉。定住地を持たない遊牧民のように、オフィスに縛られることなく、喫茶店やファストフード店などを活用して、働く場所を自由に選択しながら仕事をする働き方を「ノマドワーキング」といいます。このような働き方を選択する人々は「ノマドワーカー」と呼ばれ、近年注目が集まっています。クラウド・コンピューティングの出現やモバイル端末の高性能化、ネットワーク環境の高速・大容量化など、テクノロジーの進化によって実現・普及が有望視されている新しいワークスタイルです。
(2011/4/11掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノマドワーカーのケーススタディ

生産性向上とワーク・ライフ・バランスの改善を実現する
オフィスに縛られない新しい働き方

ノマドワーキングに代表される“場所や時間の制約に縛られない”柔軟な勤務形態に、注目が集まっています。労働力人口の減少やグローバル競争の激化など、日本企業を取り巻く経営環境が厳しさを増すなか、企業の競争力を維持するために、社員一人ひとりの生産性や効率を引き上げるワークスタイルが求められるようになりました。いつでも、どこでも、オフィスと同じ環境で作業ができる――テクノロジーの進化が、そうした仕事術をノマドワーキングという形に具現化しつつあるのです。また先の東日本大震災の教訓に学ぶとすれば、非常事態によって出社困難な社員が出てきた場合の対応策としても、こうした柔軟なワークスタイルの導入が検討されるべきではないでしょうか。

もちろん個々のビジネスパーソンにとっても、うまく機能すればワーク・ライフ・バランスの改善につながる、豊かな働き方であることは間違いありません。日常的に実践している「ノマドワーカー」はまだわずかですが、現に彼らの多くは外出先でのすき間時間を効率よく活用し、通勤ラッシュや無用の残業から解放されるなど、そのメリットを享受し始めています。

ノートPCやスマートフォン、クラウドサービスなどを駆使することで、「サードプレイス」と呼ばれる、自宅でもオフィスでもない、いわば“第三の自分の居場所”で仕事を進めることを可能にしたのがノマドワーキングのスタイル。カフェや公園、乗り物の中、クライアントのオフィスなどが、このサードプレイスとして活用されています。周囲の騒音や人目が気になって、一見作業に集中しにくい環境のようにも思われますが、「普段から仕事の九割はオフィスの外」というコンサルタントの中谷健一氏は、ノマドワーキングの実践法を説いた著書『「どこでもオフィス」仕事術』において、「集中力は場所を変えることによってコントロールできる」「仕事の内容や身体のサイクルに応じて働く場所を意図的に変えることができれば、より快適に、より効率的に仕事ができる」と指摘し、「ノマドワーキングにもっとも向いているのはルーティンワークではなく、知的創造型の仕事」だと強調しています。

もっとも、会社の管理が行き届きにくいオフィスの外での作業には、当然、セキュリティの面でリスクも伴います。個人が、オフィスにいるのと同じように自社の情報を大量かつ自由自在に取り扱えるとなると、情報流出やPC・携帯端末の盗難、紛失といった事態に直面した場合、その被害はきわめて深刻なものになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ABW
「ABW」とは、「Activity Based Working」の略で、仕事内容に合わせて、時間や場所を自由に選択できる働き方のことをいいます。オランダの保険会社から生まれたこの考え方は、グーグルやアクセンチュアなどをはじめとする多くの企業で取り入れられ、広く知られるようになりました。近年では、AB...
フリーアドレス
「フリーアドレス」とは、職場で社員一人ひとりに固定した席を割り当てず、在社している社員が仕事の状況に応じて空いている席やオープンスペースを自由に使うオフィス形態、あるいはそうした制度を活用して柔軟かつ効率的に業務を進めるワークスタイルをいいます。「フリーアドレス」は和製英語で、米国では同様のコンセ...
ワークライフマネジメント
「ワークライフマネジメント」とは、社員一人ひとりがより付加価値の高いアウトプットを出し続けるために、仕事(ワーク)と生活(ライフ)の時間配分だけを意識するのではなく、ライフステージに応じて、双方の充実を自ら積極的にマネジメントし、相乗効果を発揮することを言います。“仕事と生活の調和”を意味する、従来...

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第75回 「働きやすいオフィス」の条件 ~生産性とコミュニケーションを向上させるオフィスとは?(前編)
仕事の生産性・効率性を向上させていく上で、「働きやすいオフィス」であることは大変重要である。一方で経営の観点からすれば、業務がいかにスムーズに遂行されるかが重要となる。つまり、この両方がバランスよく機能展開されていることが、理想的なオフィスと言えるのではないだ...
2014/10/20掲載人事マネジメント解体新書
人材紹介会社の実情は──? 本当の「キャリアチェンジ紹介」は可能か
本格的な少子高齢化社会の到来、環境を重視するエコ経済への転換…。働く人々を取り巻く社会や経済の状況は急速に変化している。当然、新しい時代に見合った仕事や勤務環境を求めて転職しよう、という人も増えていくだろう。そんな転職希望者の期待に人材紹介会社も応えていかなく...
2009/11/30掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
ビジネスパーソン800人調査「仕事力」があると思う企業、有名人は――?
ビジネスパーソンが「仕事力がある」と思う企業のトップはトヨタ自動車。次いで2位ユニクロ、3位パナソニック、4位ソニー、5位ソフトバンクという結果となりました。
2010/12/13掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

請負で仕事をしてもらっている一人親方を短期雇用する
一人親方で、普段当社の仕事を、請負で仕事をしてもらったり 1日¥25000で仕事をしてもらったりしています、 この人は,他社のからも請け負って仕事をしています。 この人と、週2日、20時間の労務契約を結んで、社会保険に入れることはできるでしょうか、又その時に請負で仕事を頼めるでしょうか、よろしくお願...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


新たな福利厚生施策 ~社員の満足度を高める「会員制リゾートホテル」活用法とは?

新たな福利厚生施策 ~社員の満足度を高める「会員制リゾートホテル」活用法とは?

現在、福利厚生施策の中で、社員同士や家族連れで自由かつ気楽に利用できる...


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...