無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】ワークエンゲイジメント ワーク・エンゲイジメント

「ワーク・エンゲイジメント」とは、従業員の心の健康度を示す概念のひとつで、仕事に対して「熱意」(仕事に誇りややりがいを感じている)、「没頭」(仕事に夢中になり集中して取り組んでいる)、「活力」(仕事に積極的に取り組んでいる)の三つが揃って充実している心理状態を指します。ワーク・エンゲイジメントの実現は、組織におけるメンタルヘルス対策が目指すべき新しいテーマとして注目されています。
(2010/10/18掲載)

ワーク・エンゲイジメントのケーススタディ

人も組織も健康に――メンタルヘルスの新指標
活力ある生産性の高い職場づくりを目指して

企業のメンタルヘルス対策は事業者の社会的責任であり、活力ある職場づくりの第一歩です。すべての組織において、全従業員を対象に、心の健康が確保されなければなりません。一方で少子高齢化に伴い、労働者人口の減少が進むなか、企業にはより多様な労働力の活用と、労働力の“質”の向上も求められています。企業のメンタルヘルス対策は、不調者を対象とした医療や福祉、福利厚生という視点だけでなく、従業員の健康度の増進による生産性の高い職場づくりを目指す視点も求められるようになってきているのです。メンタルヘルスを含めた従業員の“こころ”の問題への対応は、いまや企業の命運を左右する重要な経営課題のひとつといえます。こうしたなか、“人も組織も健康にする”メンタルヘルスの新しいコンセプトとして注目されているのが、「ワーク・エンゲイジメント」です。

ワーク・エンゲイジメントは、オランダ・ユトレヒト大学のショーフェリ(Wilmar B.Schaufeli)教授によって、「バーンアウト」(燃え尽き症候群)の対概念として提唱されました。バーンアウトすると、疲弊し、仕事への熱意が枯渇するのに対して、ワーク・エンゲイジメントの高い従業員は、意欲と活力にあふれ、仕事に積極的に取り組むという特徴を示します。一見、「ワーカホリック」の状態と似ているようですが、両者には仕事に対する考え方や動機の点で大きな違いがあります。ワーク・エンゲイジメントの高い人が仕事に前向きなのは、その仕事が「好きだから」「楽しいから」。一方、ワーカホリックの人は「忙しく働いていないと不安だから」、仕事にのめり込まざるを得ないのです。

これまでの研究で、従業員のワーク・エンゲイジメントが一人ひとりのパフォーマンスを高め、組織の活性化や生産性向上に大きく寄与することが明らかになりました。飲食チェーン店やホテル、レストランなどにおいては、従業員のワーク・エンゲイジメントが高い店舗、施設ほど売上げが伸び、顧客の満足度や再利用の意向も高まるという調査結果が得られています。このようにワーク・エンゲイジメントは、単にメンタルヘルスが良好というだけでなく、仕事への活力や積極性、満足感などを反映する尺度ですから、それを向上させるためには産業保健と人事労務が協調してあたらなければなりません。

ワーク・エンゲイジメントの測定には、前出のショーフェリ(Wilmar B.Schaufeli)教授らが考案した「ユトレヒト ワーク・エンゲイジメント尺度」が用いられます。活力・熱意・没頭の三つの要因に関する17項目の質問から成る調査票で、日本語版も東京大学大学院医学系研究科・医学部 精神保健学分野の島津明人准教授らによって開発されています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「ワーク・エンゲイジメント」に関する記事

「ワーク・エンゲイジメント」に関する書式・テンプレート

従業員満足度調査の質問項目例

従業員満足度調査の質問項目例です。選択形式となっています。
あくまでテンプレートですので、編集して5件法にする、項目を差し替えるなど自社の状況に合わせてご利用ください。

ダウンロード