企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ロウドウリョクジンコウ 労働力人口

労働力人口とは、労働に適する15歳以上の人口のうち、労働力調査期間である毎月末の一週間に、収入を伴う仕事に多少でも従事した「就業者」(休業者を含む)と、求職中であった「完全失業者」の合計を指します。一国における働く意思と能力を持つ人の総数であり、国の経済力を示す指標の一つとされます。
(2010/4/5掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

労働力人口のケーススタディ

主要国中、日本だけが減少傾向
高齢化・雇用悪化で6割を切る

日本の労働力人口が2009年に戦後初めて15歳以上人口の6割を下回ったことが、総務省の調査で明らかになりました。09年の労働力人口は平均で6,617万人と前年に比べて0.5%の減少。15歳以上の人口に占める労働力人口比率も59.9%と、ともに2年連続で減少しました。比較可能な統計がある1953年以降で、この比率が6割を切るのは初めてのことです。

国際労働機関(ILO)によると、09年の主要国の労働力人口比率は、フランスやドイツなど西欧諸国で59.1%。若年層の比率が高いアメリカで65.0%、中国では73.7%でした。目を引くのは、日本だけが労働力人口を減らし続けているという現実です。西欧諸国は0.1%、アメリカは0.4%、中国は1.0%と、それぞれ増加しています。

働く人、働こうとする人の数が少なくなると、国内で生産・供給されるモノやサービスが減少し、企業の業績や家計の収入にも影響します。すると、投資や消費は落ち込み、景気の後退に歯止めがかからなくなります。労働力人口の減少は、日本経済の潜在成長力の低下に直結する恐れがあるのです。

労働力人口の対義語は「非労働力人口」です。非労働力人口とは何か――実はこの言葉の定義を見つめ直すことで、日本が現在直面している課題の本質が浮かび上がります。職場からリタイアした高齢者、職探しをあきらめた人、働きに出ない、あるいは出られない専業主婦や学生などが非労働力人口に区分されます。学生の中には、氷河期の再来ともいわれる厳しい雇用情勢を前にやむなく就職を見送り、進学を選択したという人も少なくないでしょう。

女性、高齢者、そして若者――非労働力人口に含まれるこうした幅広い人材を活用するために、いかにして就業機会を創出し、労働市場への参加あるいは復帰を促していくか。多様で柔軟な雇用ルールやワークスタイルへの転換なしに、労働力人口の反転増加は望めません。現状のままでは、2020年に日本の労働力人口比率は56.3%まで低下する――ILOはそう予測しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

未活用労働指標
「未活用労働指標」とは、労働力人口と潜在労働力人口のうち、未活用を示す失業者、追加就労希望就業者、潜在労働力人口の割合を示す数値です。総務省は2018年1~3月期から新たに、労働力調査において「未活用労働指標」の公表を始めました。これまで労働市場を表す一つの指標として示されていた「完全失業率」に加え...
生産年齢人口
「生産年齢人口」とは、年齢別人口のうち、生産活動の中核をなす年齢の人口層を指し、日本では15歳以上65歳未満の人口がこれに該当します。国内の生産年齢人口は1990年代をピークに減少傾向が続いています。なお、生産年齢人口のうち、労働の意思と能力をもっている人口を「労働力人口」といい、生産年齢人口に含ま...
人口オーナス期
「人口オーナス期」とは、少子高齢化が進み、人口構成上、生産年齢人口(15歳以上65歳未満)に対するそれ以外の従属人口(年少人口と老年人口の合計)の割合が高まる時期のことをいいます。オーナス(onus)とは、英語で「重荷、負担」の意味。この時期は、生産年齢人口の急減と高齢人口の急増が同時に進行し、人口...

関連する記事

「人口減少」と「団塊の世代の大量定年」は、企業の人事戦略にどのような影響を与えるか?
国立社会保障・人口問題研究所の2002年1月の推計では、日本の総人口は「2006年をピークに減少していく」と見込まれています。しかし昨年8月に発表された厚生労働省の「人口動態推計」(2005年上半期)では、統計開始以来、初めて減少を示し、もうすでに日本の人口が...
2006/03/13掲載人事・労務実態調査
実は不安の裏返し? 採用条件に細かい外国人求職者
日本で働く外国人が増えているが、それに伴って、国内で転職するケースも増えてきている。転職に際しては、外国人は人材紹介会社をよく利用する。その割合は、日本人よりも高いかもしれない。もともと海外では、日本に比べて人材紹介の普及率が高く、外国人が利用することに慣れて...
2010/02/22掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
門倉貴史さん 日本企業は「中国」よりも「インド」へ進出せよ
先進各国の間で、有望な投資先国として「BRICs」(=ブラジル・ロシア・インド・中国)への関心が高まっています。中でも、中国とインドは将来の2大大国と言われ、その急成長している巨大市場を目当てに多くの先進国企業が進出していますが、では、日本企業はどちらの国と経...
2006/05/15掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ 高尾の森わくわくビレッジ
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...