企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シュウショクヒョウガキ 就職氷河期

バブル経済崩壊後の長期不況の影響を受けて、就職難が社会問題化した時期を指す表現。雑誌「就職ジャーナル」から生まれた造語で、1994年の第11回「新語・流行語大賞」の審査員特選造語賞を受賞しています。金融不安やITバブルの崩壊が重なり、雇用環境がさらに冷え込んだ90年代後半から2000年頃をとくに「超氷河期」と呼ぶことも。
(2010/3/15掲載)

就職氷河期のケーススタディ

現下の就職環境は氷河期ほど悪くない
決まらない原因は企業と学生のミスマッチ

かつて約170万人もの若年フリーター層を生み出したとされる「就職氷河期」の再来が懸念されています。厚生労働省と文部科学省の共同調査によると、2010年春卒業予定の大学生の就職内定率は、前年12月時点で73.1%と過去最も厳しかった03年の調査結果を下回りました。就職先が決まらないまま今春卒業してしまう学生は、09年に比べて5割増の12万人超となる見通しです。

しかしリクルートワークス研究所の大久保幸夫所長は、今般の新卒者を巡る就職環境は求人状況から見ると「以前ほどは厳しくない」と指摘します。現に今春卒業予定者の求人倍率は1.62倍(リクルートワークス研究所調べ)で、氷河期だった1996年春卒業の1.08倍や2000年春卒業の0.99倍ほど極端には落ち込んでいません。また、同研究所が4,400社の民間企業を対象に、11年春新卒者の採用見通しに関する調査を行ったところ、「増える」と答えた企業は5.5%で「減る」の9.3%を下回りましたが、半数近くの企業は「変わらない」と答えています。

企業が採用活動を凍結した氷河期とは違い、採用枠は限られても、各社の採用意思そのものは失われていません。背景には、新卒採用を止めたために社員の人員構成がいびつになり、人材不足やマネジメントの劣化など組織に深刻な弊害を招いた“氷河期の反省”があるといわれます。依然、景気の先行きは不透明ですが、企業としてはむしろ厳しい状況だからこそ、より優秀な学生を“厳選”して確保したいのが本音でしょう。

当然、求められるのはこの難局を乗り切るための“即戦力”。しかし長引く景気低迷のなかで、日本の若者の多くは安定志向を強めているといわれます。日本生産性本部が実施した09年度新入社員に対する意識調査では、「年齢・経験を重視して給与が上がるシステム」や「年齢や経験によって、平均的に昇格していく職場」を希望する回答がそれぞれ48.1%、39.7%で、1991年に調査を開始して以来、過去最高を記録しました。各種就職人気ランキングでも、好不況の影響を受けにくいイメージのある医薬品・生活必需品関連業界や社会・生活インフラを支える企業に、「安定しているから」「大手だから」などの理由で学生の支持が集まっています。

氷河期を下回る就職内定率73.1%という数字は、こうした企業と学生の、埋めがたい志向の“ミスマッチ”を浮き彫りにしているのではないでしょうか。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

逆求人
企業が求人募集をかけて学生を集める従来の新卒採用活動の流れとは逆に、学生側がイベントやインターネットなどを活用して自らをアピールし、興味をもってくれた企業からのアプローチを待つしくみのことを「逆求人」と言います。知名度は低いけれど採用意欲の高い中堅・中小企業と、人気企業にこだわらずより広い選択肢か...
就職内定率
就職希望者に対する就職内定者の割合(%)のことです。高等学校や大学などの卒業予定者を対象に、文部科学省や厚生労働省が年に数回行っている「就職内定状況に関する調査」の中で公表しています。
未就職卒業者
「未就職卒業者」とは、大学を卒業した時点で、就職も進学もしていない人を指します。就職できずにいったん卒業すると、大学の就職支援を受けにくく、フリーターなど不安定な雇用形態に固定化される原因になるといわれます。日本では、少子化で大学・短大への入学者数が減少しているにもかかわらず、この未就職卒業者の数は...

関連する記事

ダレのための解禁日なのか?
毎年学生と企業を悩ます新卒採用の「解禁日」。解禁日を厳守している企業は年々減少し、形骸化が進む今、「解禁日」は本当に必要なのでしょうか。「解禁日」に関する調査結果から、企業と学生の本音に迫ります。
2018/04/09掲載新卒・パート/アルバイト調査
松本真作さん いま日本企業が求める「新規大卒者」の人材像
いま企業はどのような新規大卒者を採用したいと考えているのか。その採用基準を企業や学生はどのように考えればよいのか。労働政策研究・研修機構(JILPT)で、大卒採用に関する調査を担当してきた松本真作・主任研究員/大学校助教授に聞きます。
2006/10/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
前職確認の方法について
中途採用で、前職確認を行なっている企業がおられましたら、その内容と方法について教えて下さい。また、逆に問い合わせがあった際に対処されておられる企業の方がおられましたら、どこまで回答されているかについてお教え下さい。
来年度の新卒採用計画について
今、来年度の採用計画を立てようとしています。 その際に、来年度に卒業する学生の総数や就職希望者などのデータを使用するんですが、そのデータはどこにあるかご存知ですか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...