企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キャリアパス キャリアパス

ある職位や職務に就任するために必要な一連の業務経験とその順序、配置異動のルートを「キャリアパス」といいます。どんな仕事をどれくらいの期間担当し、どの程度の習熟レベルに達すれば、どういうポストに就けるのか――キャリアアップの道筋や基準・条件を明確化した人材育成制度です。
(2009/10/26掲載)

キャリアパスのケーススタディ

意欲ある人材を惹きつけるキャリアパス
「やり直しが利く」制度で採用力強化

人事戦略の一環として、キャリアパス制度の導入・充実を図る企業が増えてきました。各社ともホームページのリクルートサイトなどを通じて、その制度のしくみやメリットを詳しく公開しています。

キャリアパスが明確であるほど、就職希望者は、その企業に入社すればどのようなチャンスが得られ、それを活かすことでどういうキャリアに就けるのか、夢を描きやすくなります。在職中の社員にとっても、キャリアパス制度が充実していれば目的意識を刺激され、より意欲的に働けます。多くの企業がキャリアパスによる人材育成に力を入れているのはこのためです。

具体的なキャリアパスのしくみは、当然、業種や職種によって異なりますが、たとえばIT企業にシステムエンジニア(SE)として入社した人がいるとしましょう。この新人SEが作業に習熟して次に目指すのは、SEをまとめるプロジェクトリーダーです。リーダーの次は管理職でプロジェクトマネジャー。部下のマネジメントを含め、業務全般を統括・管理するポストです。さらにプロジェクトマネジャーを束ねるプログラムマネジャーとなり、経営的な観点から組織内の複数のプロジェクトを指揮する立場に就くのが一般的とされています。

終身雇用が一般的だった時代は去り、いまではキャリアアップのための転職は当たり前。仕事に意欲的な人ほど、キャリアを積んで自分を成長させたいという志向が強く、企業もまたそういう人材を求めています。だからこそ、キャリアパスが労使双方から注目されているのです。

最近は新卒採用において、優秀な人材であれば、数年間別の会社で勤務した後でも入社を認めるという「やり直しが利くキャリアパス」を交付する企業が現れています。大企業でもミスマッチから、大卒の3割が3年で退社してしまう時代。逆にいえば、中小企業がこうしたキャリアパスを導入すれば、数年後に大企業でスキルアップした人材が“還ってくる”可能性もあるわけです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ダイレクトリクルーティング
「ダイレクトリクルーティング」とは、採用において、企業が自ら能動的に活動し、採用する手法のことです。人材の募集活動を求人広告媒体や人材紹介会社など第三者にアウトソーシングして、求職者の応募をただ「待つ」のではなく、企業側が人材データベースやSNSなどさまざまなツールを活用して、求める人材を自ら探し、...
ステップバック
「ステップバック」とは、後退の意味。自己の成長や目標の実現に近づくために、当面の地位や収入が下がっても、あえて一時的な後退を選ぶキャリア形成のあり方を指します。予定調和的なキャリアパスから降りて横道にそれたり、遠回りに見える進路を選択したりすることが、結果として豊かなキャリアにつながるというステッ...
退職金前払い制度
退職金を月例賃金や賞与に上乗せして前払いする制度。従業員から見れば退職金を在職中に受け取る制度です。企業にとっては人材引き止め効果は減少するものの、将来の退職給付債務を圧縮できるメリットがあります。

関連する記事

「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発...
2016/04/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材紹介会社のフォロー範囲
人生の大きな決断である転職。転職先で企業文化の違いに驚いた、場合によってはカルチャーショックさえ受けた、という話は珍しくない。早期退職を防ぐため、入社後も転職者をフォローする人材紹介会社は多いが、人事は採用した社員に人材紹介会社とつながりを持ってほしくない、と...
2017/12/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人事制度とは -意義・基本-
経営資源と言えば「ヒト・モノ・カネ」が挙げられるが、中でも重要なカギを握っているのはヒト、すなわち「人材」である。経営課題をつきつめていくと、最終的には「企業は人なり」という結論に到達する。「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させ...
2013/04/26掲載よくわかる講座

関連するQ&A

入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
内定式と入社式の同時実施について
人事の方にご相談です。 本年度より入社の時期(10月・4月)を2回分けるようにしようと思いまして、そうなると10月に入社式と内定式が重なるようになります。 いまだかつて、内定式と入社式を同時に進められた企業は ありますでしょうか。 どちらとも、祝いの席ではあるのでおかしくはないかなぁとは思うので...
入社一時金制度について
入社一時金制度について相談させていただきます。 入社一時金には2種類あり、入社準備金の意味合いで入社当月に支給するものと、入社半年後に入社祝い金の意味合いで支給するものがあります。 社会保険上の手続きで、さる専門家に「入社当月支給するものは給与扱い」、「半年後支給するものは賞与扱い→賞与支払届提...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ キャリア開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


従業員フォローと組織改善の両方に“活用できる”<br />
ストレスチェックの条件

従業員フォローと組織改善の両方に“活用できる”
ストレスチェックの条件

従業員50人以上の事業所で、年に一度の実施が義務化されたストレスチェッ...


多数の店舗・拠点を持つ流通・小売・サービス業の 人事部門が抱える課題とは?

多数の店舗・拠点を持つ流通・小売・サービス業の 人事部門が抱える課題とは?

流通・小売・サービス関連企業が抱える、数多くの問題点に焦点をあてる。今...