企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】アセスメントセンター アセスメントセンター

アセスメントセンター(assessment center)とは、実際の職務場面において個人の資質や能力がどのように発揮されるかを多面的・客観的に測定し、把握する人事アセスメント手法の一種です。アセスメントセンター方式とも呼ばれ、測定結果は採用、昇進・昇格、配置異動、能力開発などさまざまな人事処遇に活用されます。
(2009/7/17掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アセスメントセンターのケーススタディ

職務場面を想定した演習で能力を測定
人材要件の変化にどう対応するか

1950年代、米国AT&T社で行われたダグラス・W・ブレイ博士らによる管理者成長研究(MPS:マネジメント・プログレス・スタディ)がアセスメントセンターの起源といわれます。日本には70年代に伝わり、人事考課を補完する評価システムとして、現在まで大手企業を中心に幅広く採用されてきました。

一般的なプログラムでは、評価や能力開発の対象となる人材を集合研修に参加させて、職務状況を想定した演習を実施、その過程で参加者の言動や態度などを「アセッサー」と呼ばれる専門の評価者が評価します。たとえば昇進・昇格などの審査に活用する場合は、そのポストに就けば当然遭遇するはずの職務場面を演習課題に設定することで、候補者が発揮する将来の成果を予測的に把握できるわけです。

したがってアセスメントセンターの精度を高めるためには、どのような役割を果たす人材が求められているのか――ターゲットとなる職務の内容とその職務を果たすために必要な能力を明確にしておくことが重要です。求められる能力要件が言動として表出するようなシミュレーションを演習課題として適切に設計することで、測定結果の納得性や妥当性が向上します。

国内ではじめてこの手法を紹介した株式会社マネジメントサービスセンターのエグゼクティブコンサルタント、竹村千里さんによると、 20年ほど前なら会社や業種が違っても管理職に求められる人材像や役割行動に大きな差異はなく、たとえば「イニシアティブ」「影響力」「説得力」「判断力」「実行計画力」などの能力要件が、多くのアセスメントセンターコースで汎用的に使われていました。ところが近年は、クライアント企業ごとに能力要件が異なり、しかも以前にはなかった要件――管理職クラスで「ビジョンリーダーシップ」「啓発・支援」「変革指向」など――を設定するケースが増えているといいます。

今日では、管理職が接する部下も正社員とは限りません。そのため、アルバイトや派遣社員と対面するシミュレーションが演習課題として設定されることも多くなっています。ビジネス環境の変化にともない、高度成長期や90年代とは明らかに異なる人材観が反映されるようになってきたといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

人事考課
従業員の能力や仕事ぶり、成果などについて、自社の価値観や方針、基準を基に、従業員の評価を行うこと。
多面評価制度
人事評価の制度をより高めるために、上司だけでなく部下や同僚、顧客など複数の方位から評価を行う制度です。上司から部下への一方的な視点に立つのではなく、あらゆる方向からの評価であるため「360度評価」とも言われます。すでに一般の企業の1割以上で導入されており、今後もさらに広がりそうです。
水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...

関連する記事

評価制度の実際
人事制度の方針を決定する上で重要な役割を持つ「評価制度」。その意義・目的と運用のポイントについて紹介する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
「部下が上司を評価する仕組みがある」企業は14.4% 「評価が会社の業績向上につながっている」企業は35.5%
「最終的な評価結果が、被評価者にフィードバックされる」に「当てはまる」「どちらかといえば当てはまる」と答えた人は、71.3%。また、評価対象、評価項目、評価基準が社内で公開されている」は69.9%だった。一方、評価結果への納得や配置転換への活用、業績向上につな...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
従業員の評価の結果を「人材開発・育成」に活用している企業は31.0%、「キャリア開発」に活用している企業は17.0%にとどまる
従業員に対する評価結果を何に活用しているのかを複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのが「昇進・昇格」(84.0%)で、2番目は、「基本給」(80.4%)、3番目は「賞与」(78.4%)だった。一方、「人材開発・育成」(31.0%)、「キャリア開発」(17....
2017/07/07掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

絶対評価と相対評価の活用例
人事評価には絶対評価と相対評価の二種類があると言われますが、それぞれの活用先(賞与評価、昇給評価、昇格評価)とその理由につきまして、一般論で結構ですので、ご指導願います。
執行役員の人物・能力要件について
執行役員が新しく導入されることになり、 評価基準を作成することになりました。 経営を担う人物の育成・トレーニングという視点で評価基準を設定する場合、 求められる人物要件と能力要件を教えていただけませんでしょうか
中途採用者の人事考課について
お世話になります。 中途採用者の人事考課についてご相談いたします。 当社はMBOを採用しております(業績目標は賞与へ、能力評価 を昇級に反映させています。4月-3月の通期評価)。 中途採用者にも人事考課を適用すべきと考えておりますが、入社 時期や能力を発揮するまでの期間(試用期間6ヵ月)につい...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバルビジネスの“インフラ”を守る!<br />
 米国ビザ取得をアウトソーシングするメリットとは?

グローバルビジネスの“インフラ”を守る!
米国ビザ取得をアウトソーシングするメリットとは?

取得に多大な労力を要すると言われる米国ビザ。
なぜ取得が難しいのでしょ...