企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ポテンシャルサイヨウ ポテンシャル採用

ポテンシャル採用とは、潜在能力を重視した選考により、今後、大きな成長が期待できる人材を採用することです。不況時に新卒採用枠を狭めていた企業では、20代の人材不足は深刻な問題になっています。社員の年齢構成の歪みを解消するため、現在、このポテンシャル採用を導入し、20代の人材を積極採用を実施する企業が増えています。
(2007/4/16掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポテンシャル採用のケーススタディ

「潜在能力重視」の選考による採用
キャリアの軌道修正も見込める20代若手が中心

企業の中途採用は、「即戦力キャリア採用」と「ポテンシャル採用」の2つに分かれます。キャリア採用は、これまでの経験・実績から、即戦力になれるかという点で判断します。一方のポテンシャル採用では、ポテンシャルつまり、潜在的な力という、今後の成長の可能性が判断基準です。一般的に30歳を超えてからの転職は、テクニカルスキル重視のキャリア採用が大半ですが、キャリアの軌道修正も見込めるポテンシャル採用では、20代の若手が中心です。

現在、景気回復や2007年の団塊世代の大量退職に伴い、企業の採用意欲が高まっています。特に景気停滞時、新卒採用に消極的だった企業は、現在深刻な若手の人材不足に悩まされていて、いびつになった社員の年齢構成を解消するため、20代の採用に力を入れ始めています。求人全体に占める20代の募集案件は、7割にも及ぶといわれています。

ポテンシャル採用のメリットは、新卒と異なり、社会人としての言葉遣いやマナー、コミュニケーション・スキルが備わっている人材を確保できる点です。また、固有の企業カラーに染まっていない場合が多く、新卒採用と近いイメージで、会社の方向性を理解しながら会社と共に成長し得る、将来の幹部候補を採用することができます。一方で、キャリア採用のように経験や実績といった明確な判断基準がないため、潜在能力や可能性といった、抽象的で目に見えないものによって採用の可否を決定しなければならないという面もあります。

ポテンシャルの評価では、学生時代の経験を含め、これまで培った知識や経験のうち、他の業種や職種にも転用出来るスキルがあるかどうかがポイントとなります。例えば、コミュニケーション能力や問題解決能力、情報収集力などの、社会人としての基礎力があるか。また、自分自身がどういった価値基準を持って物事を判断し、行動しているか、仕事に対する自分の価値観をしっかりと持ち、自己理解しているかという点が挙げられます。

ポテンシャル採用を成功させるには、採用候補者の長所や今後の成長の可能性を理解し、メリットをより具体化する必要があります。また、売り手市場である現在、候補者に対して、自社の魅力をアピールすることや、給与条件や福利厚生などの処遇を整えることも大切ですが、それ以上に、候補者のキャリアビジョンを実現出来る環境があるかを示すことが重要でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

通年採用
「通年採用」とは、企業が年間を通し、そのときの必要性に応じて自由に採用活動を行うことをいいます。欧米企業では当り前のことですが、日本の多くの企業の多くは、長年にわたって毎年春に新規学卒一括採用を行ってきました。変化が現れたのは、1990年代なかば頃。一部の企業が海外の大学を卒業した者や帰国子女の秋採...
ダイレクトリクルーティング
「ダイレクトリクルーティング」とは、採用において、企業が自ら能動的に活動し、採用する手法のことです。人材の募集活動を求人広告媒体や人材紹介会社など第三者にアウトソーシングして、求職者の応募をただ「待つ」のではなく、企業側が人材データベースやSNSなどさまざまなツールを活用して、求める人材を自ら探し、...
中途採用
変化を続けるビジネス環境への対応が求められる現在、中途採用でいかに優秀な人材を獲得できるかが、企業の成長の鍵となっています。単なる人員補充という意味合いを超えて、人材獲得に乗り出す企業が増えている理由とは何でしょうか。ここでは、中途採用が注目される背景やメリット、さらに採用選考の流れと留意点について...

関連する記事

「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方
厳選採用時代の中途採用に必要な「企業の意識」 ~厳選採用のもう一つの顔
企業が「厳選」されることもある。一部の優秀人材に企業の内定が集中!?
2011/02/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
6割以上の採用担当者が、学生に直にアプローチできる採用手法を検討 ~「2016年卒採用」における、スケジュール後ろ倒しの影響とは?~
2016年卒から新卒採用の時期を繰り下げる「採用選考の指針」が日本経済団体連合会(経団連)によって発表されました。これにより、「広報開始」が2015年の3月以降、「選考開始」が8月以降と後ろ倒しになります。スケジュールの変更に伴い、採用計画の見直しを迫られる企...
2014/11/26掲載編集部注目レポート

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

成果を出せる社員育成のために『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む
new

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入
new

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...